プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【9.18大阪】G1、いや裕二郎ついに始動!【G1 CLIMAX 31】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

『G1 CLIMAX 31』開幕戦のセミファイナルを見ながらコレを打ち込んでるんだけど、いやちゃんと観戦しろよって話だけど、もう辛抱タマランから早くもメモ帳に感想を書きなぐってしまっている。

モニターではザック・セイバーJr.と内藤哲也がとんでもねえスピード感での攻防を見せているので、いちいちキーボードを打つ指が止まっちゃう。

エグいヒールホールドで痛めつけたあとに、ヘラヘラと「ナイトウサン、ダイジョウブ?」などと語りかけるザックの小悪魔っぷりが最高。

いやマジでザックと内藤の試合って毎度のように神試合なんだけど、なんなんコレマジで。

しかも今回初披露の、キン肉マンの超人がやりそうな複雑怪奇なフィニッシュホールドで勝ち切るザックの奥の深さたるや。

G1の開幕戦って、メンバー全員コンディション最高の状態ってこともあって壮絶になりがちなのは毎年のことだけど、わかっていながらもやっぱ期待を越えてくるからびっくりする。

昨年同様の秋開催となった新日本プロレスの一大イベント『G1 CLIMAX』は、エディオンアリーナ大阪を舞台に、実力者、というかアタマのオカシイのが勢ぞろいした死のブロックこと「A」ブロックが開幕。

案の定「これ一回戦ですよ? 決勝戦じゃないんですよ!」という解説のライガーさんのお決まりの(5億回は聞いたことがある)セリフが飛び出すヤベー大会となったのである。

 



初戦の衝撃! 裕二郎、飯伏を破る

 

「セコンドの介入もなく、金的はありましたけど、正面から正々堂々と3カウント奪ってますからね!」

 

といったライガーさんの意味不明な解説を、アナウンサーもミラノさんもスルーせざるを得ないほどの衝撃。

いや、衝撃っちゃあ衝撃だけど、これは十分予想できた結果だとも言える。

ここで裕二郎が勝たなきゃマジでこのG1はファンの期待値を越えない大会となったはず。だって復帰して間もない、まだ本調子が戻っていない飯伏に負けるようじゃそれこそオワリじゃないか。なあ兄弟。

 

裕二郎「いいか、この俺がよ、東京ドームのメインイベント飛ばした、病み上がりに負けるわけがねえだろ。ああ? 今日の俺、カッコよかったかピーター?」

ピーターさん「最高にセクシー!」

引用:新日本プロレスワールド

 

いいなあ。

 

ピーターさんにそんなこと言われたら、そりゃあ強くなるよ。モチベーション上がるよね。

俺にも言ってくれ。ブログ毎日更新するから。嘘だけど。

とにかく、俺たちは裕二郎の大金星をずっと待ってたんだ。

昨年のKOPW2020トーナメントとかNJCとかで、いきなりオカダ・カズチカと絡みだして結局なにも起きなかったあのへんから、裕二郎にそこはかとない哀愁みたいなのが漂ってて、マジで俺は応援しなくちゃ!って心から思った。これマジ。

昨年G1でのジェイ・ホワイト戦なんかも涙なしでは見られなかったしさ。わざと負けろって雰囲気で、それでも意地を見せて返し続けるその姿に、なんかものすごいプライドを感じたよね。

つーわけで、今年のG1の裕二郎には本気で期待してた。勝ち点提供係なんかさせておくにはもったいないほど、ド派手でパワフルな技を持ってて、リング上での立ち回りが巧くて、パフォーマンス能力も高い、すげー選手なんだから。

開幕戦のしょっぱなの公式戦。まさにG1クライマックスの開始をつかさどる超重要な一戦にて、裕二郎はディフェンディングチャンピオン様からの価値ある一勝を決める。

痛快だ。

痛快すぎて、思わずテレビの前で、手を挙げて叫んだ。

会場にいたお客さんたちも、もしこんな状況じゃなければ、大声をあげて歓喜し、周囲の見ず知らずのファンたちともハグをし合い、こっそり持ってきた缶ビールを振ってそこらじゅうにまき散らして、麦わらの海賊団の宴よろしく祝賀パーティが始まったに違いない。

コロナのばかっ! もう知らないっ!

いや、でもコロナ禍だからこその展開でもあるってとこが、これまた切ない話なんだけれども。

 

とにかくだ、ラストでピンプジュースが決まったとき、「うおおおお!」ってなったけど、一回飯伏が返すんだよね。

そこで一瞬絶望するわけ。

ああ、やっぱダメなのか、ダメなのか裕二郎・・・。

そんな俺たちファンの杞憂をものともせずに、裕二郎は奥の手を準備しているわけだよ。

これよ。

この向上心こそがG1に必要な努力なんだよね。まったく、やってくれるぜ。

 

裕二郎「今年は全試合、ピーターのスペシャルなダンスを見せてやるよ、これマジ!」

 

これは開幕前インタビューのサービス精神あふれるコメントである。まったく素晴らしい限り。

しかしだ。

当ブログにおいて、ピーターさんのことに触れるたびに、俺はGoogleから「アダルトコンテンツではないか?」といったあらぬ疑いをかけられ、そのたびに収益化が停止になるという憂き目にあっている。

なぜなら俺が、ピーターさんについて何かを表現しようとすると、決まって「エロ」とか「ケツ」とか「ボッキ」などといったワードを羅列してしまうからである。

つまり悪いのはどっちなのか? 俺か? ピーターさんか?

もちろんどちらでもない。悪いのはGoogleに他ならないからだ。

 

メインイベントの驚愕! 激烈のさらに上へ

 

会場がざわめきまくる殺気と迫力。

シンプルな殴り合いから伝わる、肉体の痛みとダメージ。

喰らっても根性で起き上がり、反撃を一切やめない鋼の精神力。

石井さんの試合はいつもそうだけど、今回もやっぱりそうだった。というか、いつにも増してヤバかった気がするんだけど、毎回 “凄み” を更新させてくる石井さんの底の無さに驚きを隠せない。

真っ向勝負でぶつかり合って、駆け引きも何も考えずにひたすら「やられたらやり返す」を繰り返すだけ。

口にしたらスゲー簡単なことだけど、実際にやるとなるとこんなにタフでハードなこと無いからね。

どんな相手に対しても、それを貫く石井さんのストイックさが、一周回って狂気に見える。

 

 

このひと、開幕前インタビューで「いつもどおり平常心でいく」って言ってるんだけどさ、平常心でやってんのかよ今回の鷹木戦。

しかもコレをノンストップで、一秒たりともダレずに27分もやってるからとんでもない。

ラストはヘッドバットの打ち合いからのフィニッシュという、もはやズタボロのなりふり構わないケンカみたいな壮絶さで、「これが “激烈” ってやつの神髄か・・・」とつぶやかざるを得ないのであった。

 



まとめ

 

などと、しれっと、ナニゴトも無かったかのように、オトナとは思えないほどのしらばっくれ感でブログを再開してしまった。

すべて裕二郎の勝利がもたらした衝動である。

正直、G1が始まろうが何があろうが、まったくブログを更新する気になどなれなかったし。だって鈴木みのる出ないんだもん。

でもモチベーション上がっちゃったからさ。裕二郎の勝利で。

これは書こうって思って。

書き続けるかはわからないけど、ここまで読んでくださりありがとうございます。

ぬわんと8か月ぶりの更新でした。

このブログ、もうちょっと続けますので、改めてよろしくお願い致します。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 掟ちゃん より:

    待っててよかった。

  2. 清少納言 より:

    更新されてなかったらブックマークから消そうと思って開いたら奇跡的に更新されていた!!記事楽しみにしています!

    • devonyamaoka より:

      何か月も消さずに残しておいてくださり本当にありがとうございます! なるべく頑張って更新していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2021 All Rights Reserved.