プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【石井VSデスペラード】いのちの糧は、戦場にある。【NEW JAPAN CUP 2020】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ジュニアとかヘビーとかごちゃごちゃうるせーな。

 

デスペとの闘いで、大きな充実感を得たかのような石井さんは試合後にそんなコメントをした。

この日、新日本プロレスの興行再開の一発目のヤバすぎるシリーズ『NEW JAPAN CUP 2020』がついに始まり、その初日のメインイベントを飾ったのは、お互い違う “階級” と “プロレスの美学” を持つ2人の対決だった。



石井智宏 VS エル・デスペラード

すげー緊張感と期待感の中、石井さんのストレートな殺気を受けても飄々と振る舞うジェントルなデスペ。

なんだ、熱い男代表とクールな男代表によるただのセクシー対決なのかこれは。

猪突猛進の石井さんと、それを受けて立ちつつ挑発しながらスキを狙うデスペの冷静さが凄い。

確かに石井さんの言う通り、ヘビーやジュニアといった階級の違いというものはここには無い。

テクニックとかパワーとかスピードとか、そんな目に見えるモノではなく、もっと人間の奥深くのさ、なんつーの?  “タマシイ” とか “生き様” とか、もはやそんな安直な言葉で表現するのがもう嫌なんだけど。

石井さんのプロレスはもの凄くシンプルで、誰と闘ってもそのスタイルがブレることはないし唯一無二だと思う。

でもデスペのプロレスも、実はとんでもなく真っ直ぐで、石井さんに負けないくらい感情的で直球勝負なのだ。

プロレスの魅力は、勝敗を越えた闘いを魅せること。

そういう意味で、石井さんとデスペとのトーナメント一回戦は、まさに新日本プロレスの神髄。

 

「凄い試合だった」

 

それ以外の感想は無くてだね。

 

 

ジュニア戦士であるデスペは、逆に「ジュニア」というカテゴリにいる者としてヘビー級選手を倒すことの意味の大きさを訴える。

そもそも「ヘビーはジュニアよりも格上だ」という概念を刷り込んでいるのは会社そのものである。

石井さんの言う「ジュニアもヘビーもない」という言葉と、デスペの「ジュニアとしてヘビーを食うのは楽しい」という言葉は、相反するようでいて実は同じ意味なのだ。

“強さ” に明確な「差」などない。

あるとしたら、それは「勝つためにどれだけベストを尽くせるか?」だけである。

容赦ない膝攻めで歩けないほどのダメージを負いつつも文句なしのフィニッシュを決めた石井さん、百戦錬磨の無差別の鬼をギリギリまで追い詰め、土壇場の鮮やかな丸め込みで逆転に賭けたデスペ。

もしかしたらこの2人は “執念” で闘っていたのかもしれない。

2人の執念がぶつかった問答無用のベストバウト。

NJCが始まったばかりの第一日目で、早くもこんなドラマチックな試合が生まれてしまうファン泣かせの新日本。

まったく、なんて壮絶なんだ。

 

 

本間もまた一流のプロレスラーだったね

高橋ヒロム VS 本間朋晃

場外でリングの周りをぐるっと一周走ってのドロップキックとか、とにかく元気が有り余っている夏休み初日の小学生みたいなヒロムに、最初はついていけない本間さんであったが、自身のパワーを利用した打撃と打たれ強さで必死にくらいついていく。

最初、俺はぶっちゃけ「本間さんなんて所詮ヒロムの “噛ませ犬” に過ぎない」などと思っていた。

ひどい話かもしれないが、それが俺の素直な心境だったので、隠すつもりはない。

しかし、ヒロムとの激しい試合を通して、まったく別の感情が湧き上がり、終盤は思わずモニターに向かってこんな声を上げていた。

「本間! ヒロムに勝ってしまえッ!」

大人気のヒロムを誰もが応援しているし、その後の対ヘビー級の闘いや、優勝後には内藤との対決というファンにとっての大きな「夢」を背負っているヒロムだが、このときの本間は、それを打ち砕いて許されるだけの迫力があった。

この試合もまた、ジュニアとかヘビーとかそんな階級を越えた、まるで己の歩いてきた人生全体で闘っているかのような攻防だったのだ。

プロレスの魅力は “人生の深さ” と直結するのだろうか?

もしそうなら、多目的トイレでFUCKすらしたことのない俺の人生なんか薄っぺらすぎて魅力ゼロ!

プロレスラーにならなくて本当良かったと胸を撫で下ろすしかない。

とにかく、人生賭けて立ち向かった本間さんの強さを、存分に引き出して勝利したヒロムの底なしの懐の深さに敬服せざるを得ない素晴らしい闘いであった。

 

 

あの矢野さんが疲れを見せた!

矢野通 VS 邪道

老人ホームのおじいちゃん然とした邪道のヨボヨボっぷりはどうにかならないのだろうか。

矢野さんが一生懸命動いてスピード感を出し、セコンドの裕二郎と外道さんが所々で介入してエキサイティング感を演出するという展開だったが、それがあっても邪道は余りあるスローさで畳みかけてくる。

あげく実況席までもが解説で邪道を全力サポートするといった状況、かつあの矢野さんが汗だくで息が切れるのが早かったように見えたので、これはもしかして邪道の策略なのではないだろうか?

わざとあり得ないほどスローに動くことで、周囲をイライラ焦らせて疲労感を与え、さらに気を使わせるという手なのだ。

恐ろしい男である。

矢野さんの見事な金的攻撃でセコンド共々華麗に負けたが。

 

辻くん、やっぱデカい

真壁刀義 VS 辻陽太

真壁のジャーマンスープレックスホールドがめちゃくちゃ美しくて笑ってしまった。

 

 

もう画面分割で4方向全部見せろ

棚橋さん&飯伏&永田&上村
VS
鈴木みのる&ザック&タイチ&金丸

上村のゴング前の奇襲は、いまのところ100%成功していると言ってもいいだろう。

しかも奇襲のプロ集団である鈴木軍相手にである。これはもはや才能だ。

物怖じせずに最短距離でターゲットを捉えて攻撃するハートの強さと技の正確性、なにがなんでも目的を遂行するストイックさ。

次のNJC一回戦で闘う金丸も確実に上村を意識しており、鈴木みのると上村との攻防時に必要以上に介入していたのが印象的だった。

予言する。金丸VS上村は間違いなくとんでもない試合になるだろう。

 

しかしアレだ。

鈴木みのると永田さんとのぶん殴り合いがもはやプロレスじゃなくてただの暴力になってるのがほんとウケる。

試合終了後も、鈴木が永田さんをリングに呼び込んでドカドカやってるわけだが、他の連中も散らばって小競り合いをしているので、カメラも鈴木ばかり映してられないってことでスイッチするわけ。

そうなると、飯伏とザックがリングサイドでおだやかに火花を散らしているバックで、鈴木と永田が殴り合っているというシュールなヴィジュアルになってるの、面白すぎる。

タイチは棚橋さんに聖帝十字陵かけてるしさ。もう全部見せろよ、ブライアン・デ・パルマの映画みたいなスプリットスクリーンで同時に映せ。

 



おまけ

 

鈴木軍の試合終了後、さんざん暴れた鈴木みのるが何を思ったか実況席へと向かっていくシーンで、解説の “ドスケベお天気お姉さん” こと元井美貴さんが戦慄するというサービスがあった。

元井さんいわく「檻から猛獣が出て来た恐怖」という表現をしていて素晴らしいなと思う。

元井さんが「あわわわ」と脅える声が、俺みたいなサディストの変態にはたまらない興奮材料となることを鈴木みのるは熟知しているのだろうか?

さすが。プロレス王はダテじゃない。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. hit2gu より:

    ランチのお供、ありがとうございました!今夜も楽しみな試合が続きますので、ブログの方もよろしくお願い致しますm(__)m
    昨日のラジオもおじゃましました!

    • devonyamaoka より:

      どうも! hit2guさんコメントありがとうございます! いつもラジオでもお世話になっておりますw NJCの盛り上がりと共にブログ更新へのモチベーションも高まってきておりますので、今後ともぜひぜひよろしくお願い致します!

  2. デルピッポ より:

    メインはとにかくすごかった。デスペの気合の入り方が半端なかったですね。デスペがあそこまで気持ちを見せるのはヒロム相手以外だとあまり見ませんしね。
    常時あれだけ出来るならIWGPジュニアはもちろんNEVER巻いたっていいと思いました。
    何よりあのデスペを引き出した石井がすごいということか…。試合後コメントも石井には珍しく饒舌だったあたり手応えがあったのでしょう。

    ヒロムvs本間が予想以上の試合だったのは間違いないですね。正直ヒロムが介護して終わるんだろうと思ってました。
    そりゃリーやデスペ、オスプレイとやる時に比べたらかなり気を使って戦ってる感はありましたが、真っ向から戦いをしかけたヒロムは素晴らしいし、本間もよく気迫が見えて良かった。本間は復帰以後でのベストバウトですね。

    それからデヴォンさん、Twitterのフォロー申請許可ありがとうございます。最近Twitter始めたのですが、基本的にプロレスラーとAV女優と裏垢女子のTwitterしかフォローしてないので、デヴォンさんは数少ないそれ以外のフォロー先です(笑)

    • devonyamaoka より:

      どうも! デスペはもはやベストバウトマシーンと化してますね。ヒロム戦もそうでしたが、ドラマを作り出す能力が凄いです。そろそろNEVER戦線でヘビーとジュニアがシノギを削る世界が見たいっす。石井さん、めったに見せない満足な表情してましたね!
      本間さんとヒロムの試合も、しっかりとドラマがあって感動しましたね。解説のミラノさんの熱のこもったコメントも相乗効果あって、すごく良い試合でした。
      こちらこそtwitterフォローありがとうございます! 俺も裏垢女子フォローしたいw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2020 All Rights Reserved.