プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【2.21後楽園】ゴールデン★エースの夜明けと災難【NEW JAPAN ROAD】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

人によっては凄い破壊力なんだろうなあ。

っていうのはビジュアルの話で、棚橋弘至と飯伏幸太という新日本プロレス2大セクシーイケメンによるタッグチームが、特定のプ女子たちのハートを鷲掴みにしているでろうことを想像して言ってる。

普通にアイドル級の華やかさだし、黄色い声援が飛び交ってもおかしくないほどのオーラがあるし。

その名も「ゴールデン★エース」なるキラキラネーム。

かつて飯伏とケニー・オメガとの18禁タッグチーム「ゴールデン★ラヴァーズ」というのがあったが、それのフレッシュ&ポップ版が棚橋さんとの「ゴールデン★エース」だと思って差支えがないだろう。

この2つのチーム、イメージがまるで正反対な気がするんだけど、俺の個人的な見解としては、たとえば「ゴールデン★ラヴァーズ」が「山下達郎」なら「ゴールデン★エース」は「西野カナ」。

「ラヴァーズ」が『地獄の黙示録』だとするなら「エース」は『プラトーン』、「ラヴァーズ」が「濃厚魚介豚骨ラーメン」だとするなら「エース」は「サーモンとイクラのジェノベーゼ」といった具合。

いわゆるディープか? ポップか? といったイメージなわけだけど反論はもちろん受け付けない。

 



キラやば! スタートゥインクルプリキュア

IWGPタッグ王者選手権
GOD(タマ・トンガ&タンガ・ロア) VS ゴールデン★エース(棚橋&飯伏)

 

2.21後楽園ホール大会『NEW JAPAN ROAD』メインイベントにて、もはやいつ何のタイミングでこの2人のタッグが生まれたのかはすっかり忘れてしまったが、棚橋さんと飯伏のタッグチームがついに王者に挑戦した。

相手のGODは、お髭で黒ずくめなヒールタッグで、見るからにゴールデンな棚橋&飯伏組とは対照的で分かりやす過ぎてウケる。

さらにセコンドには、“三度の飯より余計な手出し” でお馴染みの邪道のヤローがスタンバっているのである。

ヒーローモノの定石とも言える正義と悪の対立構造が、これほどまでにハッキリと、何かの冗談かと思えるほど明示されている試合ゆえに、俺たちも心置きなくゴールデン★エースを応援し世界平和を望むことが許されるのだ。

つーかさ、もうアレだよね。

棚橋さんと飯伏のタッグなんてのは、もはやそこに存在するだけで “ありがたみ” が溢れているわけで、新日本プロレスの象徴たる棚橋さんと、それを神様とあがめる飯伏がコーナーに陣取っている姿を見るのは、天皇・皇后両陛下のリムジンを眺める一般市民の気持ちというかさ。

新日本プロレスの人気が低迷していた時代を支えてくださり、ご自身の役割を立派に果たされ、また人間としても国民から敬愛された陛下は、今まで多くのご苦労を重ねられたことでしょう。 仲良しでいらっしゃるパートナーの飯伏とお2人、これからも健やかにお過ごしくださればと願います。

きらびやかなゴールデン★エースの大活躍。

GOD&邪道さんのブーイング必至なインサイドワークなどにも耐え、決死のハイフライフローでついにもぎ取ったタッグ王座のベルトは、新チャンピオンのお2人だからこその輝きを放っておりました。

 

【この日の実況アナのベストセリフ】

清野アナ「最低の下にまた最低があった!」

 

 

天国から地獄なフィナーレ再び

 

棚橋さんと飯伏という、最高に美しいマッチョ男子2人の戴冠。

華やかさと爽やかさ、そこにベルトの輝きという効果もプラスされ、もはや他の追随を許さないほどの黄金のオーラが満ちるリング上。

会場内をファンたちの感嘆と祝福の声が包み、歓びと優しさと、そのほか何とも言えないようないろんな感情が集まった多幸感でいっぱいになってみたりして、ああプロレスってこんな感情になったりするからやめられない。

実況席も、ミラノさんもライガーさんも、翌日の引退を控えた中西さんなんかもみんなホッコリと感動していて、そんな解説を聞いた俺たちも一緒にしみじみと感動に浸っていたわけですが。

そんな一体感というか、大団円をブチ壊す圧倒的災害。

棚橋さんの人類愛に満ちたマイク締めを襲う大型ハリケーン上陸。

 

聖帝タイチ&イギリス首相ザック・セイバーJr.組が乱入だ!

 

人の幸せを素直に喜べないような人間にはなりたくないけれど、喜んでいる人々が次の瞬間に悪夢に見舞われるみたいなハプニングを見るとなぜか笑みが漏れてしまう。

“人の不幸は蜜の味” とはよく言ったもの。

ハッピーエンドで終わるはずだったフィナーレが阿鼻叫喚の地獄絵図になっていく様子をみて、さっきまで自分もちゃんと感動していたくせに途端に悪いニヤニヤが止まらなくなる俺。

ザックドライバー&ザックメフィストで新王者組をKOし、ヘラヘラとタッグベルトを抱え上げるタイチ&ザック組のカッコ良さたるや。

 

滅びるがいい、愛と共に。

 

場内にブーイングが巻き起こり、大盛り上がりだった放送席も突如お通夜に。




【この日イチバンのいい顔】

 

タイチの凶行にブーたれるライガーさん

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. デルピッポ より:

    とんでもない光属性のタッグですね。二人が並び立つだけで最高の絵になりますよ。
    試合も面白かったですけど、ゴールデンエースはそれぞれシングルをやってる感じなのでしばらくタッグ戦線でやるならもうちょっと連携など深めてほしいですね。

    ハッピーエンドをぶち壊すタイチとザックの乱入ですが、すでにドームでやってそれで挑戦決めちゃった過去があるのでライガーがゴチャゴチャ言っても無駄ですよね(笑)
    最近はすっかりレッツゴータイチコールが板に付いてきたタイチに対して久々にタイチは帰れコールが聞けて良かったです。
    新日はタッグを軽視し過ぎたせいで対戦相手もマンネリしてGODが不憫なくらいだったので、ゴールデンエースにタイチ&ザックも加わるなら大歓迎ですよ。

    • devonyamaoka より:

      どうも! まさに光属性w ジャニーズ級のキラキライケメンチームなので、プ女子の心のオアシス、目の保養。この二人には、タッグならではの連携と合体技などもぜひとも用意して欲しいところですね。タイチ&ザック乱入で、観客がブーイングするのはわかるけど、ライガーがあんなに怒るのは逆に面白かったですw ヘビー級タッグは新しい血を入れて面白くしていって欲しいですね。

  2. リック より:

    オカダとのドリームタッグとはなんだったのか。

    最強ベビーフェイスタッグですが飯伏が棚橋に遠慮がちな印象、これが対等になってきたら飯伏の良さが発揮されて更に魅力的になりそうです。

    鈴木軍の乱入がドームからの悪習みたいに言われてましたが、ちょっと待てと言いたい。
    KENTAは、負けたくせに挑戦権あんのかよ?ということが重要だったはずです。
    対して鈴木軍はフィンジュースから勝ち星を取っており、次期挑戦権は持っていてもおかしくないはず。
    外見は同じでも中身は全く違うものなので、そこはちゃんと考えてコメントして欲しかったです。

devonyamaoka にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2020 All Rights Reserved.