プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【東京ドーム2DAYSその①】オカダと対峙する内藤というヴィジュアルの豪華さに悶絶【WRESTLE KINGDOM 14】

2020/01/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ドチャクソ強くて、鬼のようにタフで、神々しいオーラがあって、かわいすぎる声優とよろしくやってる(みもりん)最強王者、オカダ・カズチカこそが至高の存在。

オカダが背負ったIWGP王座の重みとその価値の高さをまざまざと見せつけられた1.4『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』のメインイベントを見て俺は思った。

 

2冠戦など無駄で無意味な愚行なのではないか?

 

「ベルトが2つ欲しいな」

2つのタイトルを持つことで得られる栄光と権威。

2冠への野望と前人未踏の到達に挑む崇高なるモチベーションは理解できる。

しかしだ。

現在、オカダが絶対王者として保持しているIWGP王座の価値は、誰がどう見ても圧倒的に最高峰ではないか。

このタイミングでIC王座と組み合わせるのはモッタイナイ気がするのは俺だけなのであろうか。

1.4における飯伏幸太との命を懸けた王座戦を見て、これこそ頂点の闘いだと感動し興奮に打ち震えた。

オカダの強さと説得力、王者の貫禄とみなぎる責任感。

その存在そのものが、プロレスの大いなる象徴であるかのようなオカダの雄姿に、俺は確信した。

2冠などいらない。

オカダ・カズチカのIWGPが頂点であるべきだ! と。

 

リミッターの外れた最強の飯伏を、さらなる強さでねじ伏せての防衛成功。

揺れる東京ドームの中心で勝ち名乗りを受けるオカダ。

そこに現れたのは、セミファイナルで苦戦の末にジェイ・ホワイトを下してIC王座となった内藤哲也である。

東京ドーム2DAYS、二日目の1.5大会のメインを飾る2冠戦のカードがここに決定した。

 

オカダ・カズチカ VS 内藤哲也

 

ちょっと待て。

この2人が対峙したこのヴィジュアル、めちゃくちゃエモいじゃねーか!

オカダは絶対王者であるべき存在だ。

しかし、内藤もまたそんなオカダの対角線上に立つべき絶対的な存在なのだ。

明らかに現在の新日本プロレスにおける最高のライバル関係であるこの2人が、東京ドームのメインでぶつかることの幸福と興奮。

しかも2冠王座戦という、確実に歴史が変わるシチュエーションであることに身もだえしてしまう。

いや、もちろんこの4人が頂点を賭けて戦う展開になった当初、そう、いわゆる東京ドーム大会の対戦カードが決まった瞬間にファンであれば誰もがこの最終決戦を予測しただろう。

「どうせオカダと内藤の2冠戦になるんでしょ」

しかし、実際にこの今世紀最高のカードが実現してしまうと、はやり感動を隠すことはできないのだ。

しかもあれほどまでに壮絶な、それぞれのタイトルマッチを見せられてのこの結果。

新日本プロレスのトップ争い、やっぱ凄いな。

 

そして、惜しくもこの頂点の舞台に上がることができなかった2人の敗者にも、また違うドラマが待っている。

飯伏幸太とジェイ・ホワイトという、プロレスの天才の光と影が交わる。

敗者同士の闘いだというのに、ありえないほど“スペシャル”ではないか。

この対決は、もしかしたら今後の新日本プロレスの方向性を占う上で最も重要かもしれない。

2冠戦同様に超注目な一戦であることは間違いないであろう。

 

つづく

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2020 All Rights Reserved.