プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【11.3大阪その③】パワー・ストラグル事件簿【POWER STRUGGLE】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

俺の記憶が確かならば『POWER STRUGGLE』シリーズの大きな目玉は、ジュニアタッグの祭典『SUPER Jr. TAG LEAGUE』であったはず。

シリーズ通してリーグ公式戦が行われ、ビッグマッチである大阪大会の優勝決定戦でナンバーワンが決まる。

G1クライマックスの決勝戦であれば、最終日で武道館のメインを飾る特大カードだが、ジュニアタッグリーグの決勝戦はなんとまさかの第6試合

大会中盤の “軽く盛り上げる用カード” みたいな立ち位置となっており、つーか今さら試合順に文句言う気も失せているのでどーでもいいんだけど、「どうせロッポンギ3Kが優勝するんでしょ」という予感がますます大きくなったのは言うまでもない。

もちろん個人的な理想は鈴木軍(金丸&デスペ)の優勝だが、これまでの展開を考えるとどう考えてもロッポンギ3Kの優勝しかないのだ。

 

大会3連覇の快挙

 

とんでもない偉業なのにも関わらず、この虚しさはなんだろう。

 

一体ロッポンギ3Kの何が悪いのか?

強さとか凄さとか以前に、観客の心を掴みきれてないことが問題なのかもしれない。

SHO&YOHはシングルではあれほど優秀なのに、タッグになると途端に説得力がなくなってしまうのは致命的である。

しかも、会社がそれに気付いていないのか、あえてムリヤリ推し続けることで成長を促しているのかわからないが、とにかく3Kを中心にジュニアタッグを盛り上げようと必死。

そのへんの違和感が観客の反応に出てしまうし、このビッグマッチでの試合順にも無意識に反映されてしまっているのかもしれない。

最後、優勝の名乗りを上げた直後にバレクラに襲撃され、最低な行為なのに誰もが救われてしまうという皮肉めいた結末が「人間社会」って感じで良かった。

 



鈴木軍もバレクラも3Kの引き立て役に

SUPER Jr. TAG LEAGUE優勝決定戦
SHO&YOH VS 金丸義信&エル・デスペラード

 

前哨戦を含めて鈴木軍に連敗しているロッポンギ3Kが見事雪辱を果たして優勝。

鈴木軍のダーティファイトを耐え抜いての起死回生の逆転劇・・・などという常套句を書いてお茶を濁すのがブロガーとしての精一杯である。

SHOは痛めた腰(というかデスペがこの日のために長年攻撃しつづけた)を執拗に狙われつつもピンチを切り抜けて根性を見せたのは認める(YOHは何をしてたのかわからない)

しかし、やはり試合を作っていたのは鈴木軍であり、3Kはうまくコントロールされていた感が拭えない。

鈴木軍チームが巧すぎるゆえに、ダメな3K活躍のお膳立てという役割に回されてしまうのは非常にもったいないことである。

よって、前人未踏の3連覇をしたのに「やっぱり3Kだったか」という感想しか出てこない哀しみ。

試合後、チャンピオンチームであるバレクラの2人が乱入し優勝トロフィーを強奪したが、驚くべきことにまーったく腹が立たないから困ったものである。

 

心底嬉しそうな石森くん&ELPくん

 

タイトルマッチは1.5東京ドームに決定したので、もしかしたら3Kが戴冠しちゃいそうであるが、きっと今度は鈴木軍が襲撃してベルトとトロフィーを奪ってくれるだろう。

 

 

KENTAのコメントはヨシハシへのエールだった?

NEVER無差別級選手権試合
KENTA VS TOMO

 

今シリーズのバックステージを盛り上げたKENTA。

ボケ倒しながらも石井をおちょくっていた姿が評価され、ファンの好感度も急上昇していた印象だ。

さらに、試合は壮絶な打撃戦となり、迫力満点でバチバチなNEVERらしい闘いを見せてくれた。

KENTAの闘い方はヒールにふさわしいエグさと小賢しさがあって魅力的。

特にTOMOのような無骨で一直線に闘志をむき出しにしてくる相手には、非常に効果的な戦い方である。

この大会でもっとも結果の読めない試合で、TOMOの王座返り咲きも十分あり得ると踏んでいたが、KENTAが文句なしの強さで防衛。

仲間の介入が無かったのも上出来だ。

 

KENTA「とにかくこのシリーズ通して何を言いたかったかって言うと、まあ1回の失敗ぐらいまた立ち上がればいいってこと。違う! 違う! 違う! 違う! もう1個あった! YOSHI-HASHIはブスってこと! ブスはブス!」

 

いつもTOMOを挑発するついでにヨシハシもディスっているかのように見えたKENTAのコメントであるが、最終日のバクステはいつもと様子が違う。

しっかりと「ブス」で締めてはいるが、その前に「1回の失敗はまた立ち上がればいい」と非常にまともな発言をしているのだ。

一見、新日本を舞台に頑張っている自分自身についてのコメントに見えるが、実は失敗ばかりのヨシハシに対してのメッセージだった可能性も微レ存である。

神戸でズッコケて失敗し、ザックとのG1をかけた戦いで失敗し、タッグ王座戦で失敗。NEVERでも失敗。あげく前哨戦でのマイクアピールの際はマイクがオフになっていて失敗。

1回の失敗どころか毎回冗談のような失敗ばかりのヨシハシ。

KENTAは「それでも何度でも何度でも立ち上がれ」とヨシハシにエールを送っているのだ。

 

1万回ダメでヘトヘトになっても

1万1回目は何か変わるかもしれない

 

いや1万回もチャンスねえだろ普通。

 

社会人で1万回も失敗してたら会社クビどころじゃないし、すげえ損害になるよマジで。

というドリカムの楽曲への強烈なアンチテーゼでもあったのだ。さすがKENTAである。

 

 

まとめ①

 

KENTAの次のターゲットは誰になるのであろうか?

ヨシハシ、石井とCHAOS勢を相手に防衛。そして、今回は後藤とジェイくんとの試合に介入した。

ということはだ。

必然的に次のNEVER王座戦に絡むのは後藤と考えるのが自然だ。

そして、後藤は柴田勝頼の盟友でもあるからして、柴田の存在を中心としたまさに因縁の闘いが幕を開けることになる。

ドーム大会でのNEVER王座戦で、後藤のセコンドに付く柴田が見られるかもしれない。

 



まとめ②

 

そういえば棚橋さんの試合のあとにクリス・ジェリコのVTRが流れた。

これもまた想定の範囲内ではあったが、前哨戦であんなに棚橋さんに絡んでおきながらヨシハシがあっさり負けて、何のドラマも起きぬままジェリコに取って代わられたのは悲しかった。

 

今世紀最高にカッコ良かった前哨戦のヨシハシ

 

ジェリコが間違ってヨシハシに挑戦表明してくれたら面白かったのになあ。

 

ペインメーカーVSミスターナンバーワンコンテンダー

 

想像しただけでも身震いしそうである(寒すぎて)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. リック より:

    3Kは3連覇してしまったことで逆に辛い立場になったんじゃないでしょうか。いっそのこと、もうタッグでやること無いから解散します!くらいのノリでも誰も止めないかと。
    あれだけ言っていたWTL参戦が認められなかったあたり会社からの認識もそのくらいなんでしょうね…

    KENTAの発言はWTLで石井がまた裏切られるフラグ(確信
    でもヨシハシは本当にどこかでイメージ払拭して欲しいです。
    急にどうしたと言われそうですが、某ΩさんがヨシハシをDDT会見で馬鹿にしていたそうで。いやいや、新日観てない層からしたら新日本のイメージごと悪くなるじゃねーかと。
    だからヨシハシは本気で気合入れて欲しいんです。

    たぶん無理ですが

  2. デルピッポ より:

    3連覇って快挙のはずなんですがね…快挙感が一切ないですよね。恐らく配慮してもらってる感がすごいからでしょう
    試合後石森ELPに襲撃してもらってよかったですよ。あんなどっちらけな空気のまま風がどうのこうのとか下手なマイクされたら堪ったもんじゃなかった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.