プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【11.3大阪その①】おかえりTIME BOMB! 復活のヒロム【POWER STRUGGLE】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

11.3『POWER STRUGGLE』で、長期欠場中の髙橋ヒロムが復活する。

 

プロレスファンならば誰もが予想していたサプライズである。

いや、誰でも容易く予想できた時点で、それはもうサプライズでもなんでもないじゃないか。

 

しかしだ。

 

セミファイナルのIWGPジュニア王座戦の終了後、ベルトを手にしたオスプレイがリングを出ようとした瞬間の会場の暗転。

思わず息を飲むプロレスファンのみなさん。

もう一度言う。

これは予想していた状況である。

それなのに、ステージの大スクリーンに映し出される「TIME BOMB」の文字を見て、鳥肌が立たなかった人がいるのだろうか?

悲鳴にも似た大きな歓声が会場から上がり、思わず「マジかよ…」とつぶやいた俺は食べようとしていた骨付き燻製肉を箸から落とす。

 

誰もが待ち望んだ、あの派手で奇抜でカラフルでポップな男、自己アピール能力世界一、キャラクター創作能力世界一、ユーモアセンス宇宙一の髙橋ヒロムが約1年4ヵ月ぶりに姿を現す。

 

しつこいけど、もう一度言わせてくれ。

俺はこの展開を予想していたんだ!

どうせオスプレイが王座を防衛して、そのタイミングで髙橋ヒロムが盛大にやって来るんでしょ。

みんな予想してたよね? BUSHIさんが唐突に挑戦表明しだした時点で、「あーヒロム来るなこれ」ってなったよね!

なのに、実際にその予想が的中してみたら、マジで信じられないのなんで?

死ぬほど興奮して死ぬほど悶絶しちゃうのなんで?

 

つまり、来るとは思ってたけど、本当に来るとは思ってなかった!

 

 

ヒロム「世界中の、世界中のヒロムちゃんファンなら、11月の大阪大会に出てくるって、簡単にわかった。簡単にわかってるはずですよ。ね、簡単だったでしょ?」

 

なぜか泣き出す情緒不安定なミラノさん

 



おかえりなさい、髙橋ヒロム!

オスプレイ「これで全員倒した。今年のスーパージュニア出場者すべて、そして新日本のジュニアはすべて倒した。もう残る挑戦者はいない。もっと刺激を与えてくれ、もっと俺の脅威になってくれ」

 

10月の両国大会でエル・ファンタズモを退け、2度目の防衛に成功したオスプレイが放ったコメントである。

BOSJ優勝、ジュニア王座奪取、G1クライマックス出場と、もはやジュニア階級では敵なし状態のオスプレイ。

「ほかに挑戦者はいないのか?」

いかにも、髙橋ヒロムに届けられているであろうことが明白なセリフである。

オスプレイはヒロムの好敵手だった。

2人の試合はことごとく面白く、見応えがあり、息が合っていて、お互いが尊敬しあっている関係性。つまりライバルである。

だからこそ、今のオスプレイを止められるのはヒロムしかいないと言えるだろう。

 

ヒロム「みんな心配してるんでしょ? 「高橋ヒロム、できんの? ホント?」とかさ「欠場明けなのに調子こいてんじゃねえよ、どうせオマエ、スタイル変えて帰ってくるつもりだろ?」とかさあ。誰が! オレ以外に! この最強の男に挑戦するんだぁ! オレしかいねえだろー!」

 

欠場明けにも関わらず「オスプレイは俺だけにしか倒せない」と言い切る自信。

もはやケガは完璧に完治し、体調も万全で闘いの準備万端。パワー&スピード&スタミナも全盛期に戻っている状態であり、俺たちが心配する必要はないということだろう。

ある程度回復したから見切り発車で復活するのではなく、十分な療養とリハビリの期間を経て復活してくれたヒロムと、そんな時間を用意してくれた新日本プロレスに感謝である。

実際にどんな試合を魅せてくれるかはまだお楽しみだが、これはもう期待しかないのだ(特に調印式とかマジで期待)

 

 

BUSHIさん、見事にヒロムを引き立てる

IWGPジュニア王座戦
ウィル・オスプレイ VS BUSHI

 

突然の挑戦表明と、ジュニアタッグリーグ公式戦への乱入ブチ壊し事件。

いきなりベルトを欲しがるBUSHIさんのわがまま行為に強い野心と向上心を見たので、個人的にはぜひ勝って欲しかった。

ヒロムの復活が期待される中での挑戦なので、多少の期待と大きな哀愁が漂うこのカード。

大会の試合順がセミファイナルになった時点で、ヒロム復活の予感はますます大きくなってしまったわけだが、それでも確率0.00001%のBUSHIさんの勝利を信じて観戦した。

勝利のポイントとなるのは「毒霧」になるであろうことは明白だったが、ここまで「毒霧」で楽しませてくれる闘いになるとは。

BUSHIが口に仕込んだ毒霧を、オスプレイは何を思ったか口移しで奪い、逆毒霧を浴びせるのである。

口腔内には約700種類もの細菌が生息し、よく歯磨きをする人でも1000億以上がウヨウヨしていると言われているが、そんなのがオッサンの口から口へと(BUSHIさんの1000憶+オスプレイの1000憶=2000憶の細菌)移動し、さらにそれを顔に浴びるなんてのはホント地獄。

もちろんこれは2人がちゃんと細やかな歯磨きをしているという想定の細菌数なので、ぜんぜん歯磨きしない不潔な奴、ならびにプラークコントロールがしっかりされていない奴であれば、細菌の数も増加し、身体への影響を及ぼすことになる。

とにかく、そんな毒霧(文字通りマジの毒)を浴びせ合う「おっさんずラブ」もびっくりな攻防の末、BUSHIさんの巧妙なインサイドワークによって海野レフェリーが死亡し、セカンドロープからのMXがオスプレイに炸裂。

BUSHIさんの勝利を願ってはいたが、この瞬間「本当に勝っちゃったらどうしよう!」と、急に怖気づいてしまう俺。

願望が本当に実現しそうになると人は臆病になるものだ。

昨年の神戸で、花道をダッシュしていたヨシハシもそんな気持ちだったのかもしれない。

物事を変えたい、でも本当に変わっちゃったらどうしよう。。。

そんな俺たちの弱い心を見通しているのか、神様は「心配ないよ」とばかりにオスプレイに勝利を与える。

BUSHIさんの玉砕。

しかし、その闘いはエンターテインメント精神に満ちた刺激的な内容であった。

そして、髙橋ヒロム復活への見事な布石にもなった。ありがとうBUSHIさん。

 



まとめ

 

登場と共に広がる世界観。

切り替わる空気とワクワクの予感。

髙橋ヒロムは新日ジュニアの太陽だ。

1年4ヵ月ぶりの陽の光。

本当に、本当に、本当に。

 

おかえりなさい!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. デルピッポ より:

    予想したことではありますが、いざ本物を見ると興奮しますね。めっちゃ走って鉄柵にタックルしたりしたのを見ると大丈夫そうで安心しました。そしてマイクの上手さもさすがです。早く試合するヒロムが見たい。
    BUSHIですが、意地を見せてくれたんじゃないでしょうか。BUSHIのシングルにおけるベストバウトと言っていいのでは?もちろんオスプレイの介護力あってこそとはいえ、正直ヒロム登場のかませ犬だと思ってて申し訳なかったと思いました。
    BUSHIも過去に首を大怪我して1年以上欠場したことがありますから、この試合はヒロムへの最高のバトンパスのつもりで奮起したんでしょうね。ユニット仲間としてもそうですが、同じく首やった俺がここまでやったんだぞという…
    ただ、オスカッター受けに関してはBUSHIより海野レフェリーのほうが上手ですねw

    • devonyamaoka より:

      どうも! そうなんです。予想してたのに、本物が来たらやっぱりハンパなかった。想像を超えてスターだったと。
      ブリッジなんかもしてたんで、もう完璧なんでしょう。あの世界観を一気に変えてしまう魔力、さすがヒロムだなと。
      BUSHIは本当に面白いものを魅せてくれました。オスプレイの力を大きいですが、それでもBUSHIのポテンシャルの高さがしっかりと出せたという意味でこの日のベストバウトですね。たしかに海野レフェリー、豪快に受けすぎてマジで気絶したのかと思いましたw

  2. リック より:

    予想通りなのに鳥肌が止まらない!
    ヒロムが「これだー!」と叫んでいましたが、観ていた我々も全く同じ感情だったと思います。
    そうだ!これだ!これこそ求めていた!高橋ヒロムだ!

    BUSHIの健闘も確かですが、凄まじいのはオスプレイ。
    間違いなくジュニア版ベストバウトマシーン。
    もはや全てにおいて格が違う選手ですが、それを凌駕する可能性があるのがヒロム。
    期待値で言えばドームの中でもトップクラスの試合、いよいよジュニアがヘビーを超える時が来るのかもしれません。

    • devonyamaoka より:

      どうも! ヒロムの「これだ!これだ!」は、もの凄く気持ちがわかりましたよね。あのヒロムの姿こそが俺たちが求めていたヒロムの姿ですから。
      オスプレイのおかげで、ジュニアの試合のクオリティがぐんと上がってますよね。記者会見でヒロムとオスプレイがジュニアのさらなる飛躍を誓っておりましたが、本当に実現させて欲しい。ドームでのジュニア王座戦のメインは、文句を言うファンなんていない気がします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.