プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【8.11武道館】タイチ、石井さんを破りライガーさんを感動させる【G1 CLIMAX 29】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

俺が「鈴木軍」が好きな理由は、目の前の敵をぶっ飛ばすことに容赦しないアウトロー精神なわけで、勝つための手段としての反則や仲間の介入、場外での蹂躙、痛めつけ方に様式美を感じてしまうところ。

理不尽な暴力、鮮やかで多彩なインサイドワーク、相手を挑発する気の利いた悪態。

鈴木軍の品のあるヒール感が大好き。

さらに、その“軍団”としての魅力の根底にあるのが、所属する個々の選手たちの実力とセンスの高さである。

鈴木みのるは単純明快に強い。

それに尽きる。

ヒールとしての言動や行動の前に、まず圧倒的に「強い」のである。

プロレスの強さとはまた違った、生物としての強さ、存在としての威圧感、いくつもの死地を乗り越えた熟練の戦士のような揺るぎない精神力。

反則や介入など必要ないくらいに「強い」。

そしてそれは、同じ軍団の選手たちもまた同様である。

ザック・セイバーJr.、ランス・アーチャー、金丸義信、誰もかれもが恐ろしく「強い」。

ザックとランスの2人は今年のG1において勝ち点が振るわなかったが、そんな結果などはまったくの無意味であることは誰でもわかる。

 

そして、タイチもまた、ヘラヘラとチンピラ然とした小賢しい立ち振る舞いをしつつも「鈴木軍」として相応しい実力を秘めている。

いや、秘めているというか、もうガンガン実力を見せつけている。

内藤と後藤を反則がらみの卑劣な戦い方で葬った所までは予測ができたが、石井さんから真っ向勝負のぶつかりあいで勝利するとは誰が想像しただろう。

こんなこと、鈴木軍の実力を崇拝する俺にもまったく予測不能であった。

 

8.11『G1 CLIMAX 29』日本武道館大会2日目。

混戦状態の決勝進出者たちの勝敗に注目が集まるこの日の公式戦の中で、もっとも感動的で刺激的な試合が、タイチと石井さんという決勝の道が断たれた2人による試合だった。

いや、勝ち点のことをまったく考えずに行われたからこそ、ここまで白熱した闘いを見せられたのかもしれない。

 



タイチが石井さんに勝利した日

G1 CLIMAX 29 Bブロック公式戦
タイチ VS 石井智宏

 

タイチ「(マイクスタンドを指し)こんなものを? いつまで持ってんだって? ゴチャゴチャゴチャゴチャ否定しやがって。いいだろう、じゃあ明日、オメェの言う土俵に上がってやるよ。おれは関取だからな。オマエの土俵に上がってやるよ。オマエの言ってる言葉、全部鵜呑みにして。その方が面白ぇだろ。その上で俺が勝ったら、もっと面白ぇだろ」

 

試合前日のバックステージコメントだが、これはブラフであるという見方がもっとも現実的である。

これまでのタイチの行動を考えると、このコメントを信じる理由など無いに等しい。

いつものパターンで、タイチはまた何らかの小細工を企てており、序盤は正々堂々とやるように見せかけて土壇場の金丸ウイスキー投入、その後ご指摘のあったマイクスタンドで殴打、といった流れで勝利をぶん取るという流れがセオリーだ。

 

しかしタイチは、試合開始から頑なにクリーンなプロレスを繰り出し、しかもそれで主導権を握っているではないか。

タイチの実力はプロレスファンであればもはや誰もが知るところ。

石井さん相手に互角以上の闘いを見せることに関しては納得できるし、打撃の重さや技の破壊力、石井さんの攻撃を受けるタフネスさにも説得力があるので見応えがある。

しかし、心のどこかでセコンドの金丸の動向を気にしてしまう俺がいる。

そろそろ終盤のタイミングで石井さんのターンになると、俺なんかはとんでもなく冷静に「ふむ。そろそろ金丸が裏で動く頃だな」などと思ってしまうので本当に困る。

タイチを信じていないわけではなく、それもまたタイチの、いや鈴木軍の魅力的な攻撃スタイルだからだ。

試合直前、タイチはこれ見よがしに飯塚さんが封印されたアイアンフィンガーのサコッシュを放り投げたが、そんなものは金丸が普通に取って来れるので、再登場のフラグにも受け取れる。

とにかく、石井さんとの純粋な攻防が続けば続くほど、何らかのトラップが作動するのではないか? という緊張感と、本当に正々堂々と勝つ気なのか? という緊張感、2つの相反する緊張感で心がぞわぞわしてくるのだ。

タイチが何の小細工もなく、自身の実力で真っ向勝負を挑むことの意味、その行為の真意をどう受け止めればいいのか。

答えは意外とすぐに出たが。

 

タイチ「アイツのお望み通り、コレ(マイクスタンド)とコレ(アイアンフィンガー)使わないで、やってやったぞ。俺の恐ろしさが分かったか。コレを使わないってことは、まだ本気じゃないってことだ。オマエの土俵に上がったまでだ。作戦負けだな、オマエの」

 

そう、タイチは石井さんの土俵で闘っただけなのだ。

タイチ本来の闘い、タイチの本気は、やはり「鈴木軍」らしさが爆発したときにこそ発揮されるのである。

このコメントを聞いて俺は安心した。

石井さんが相手だったからこそ、今日のタイチは真っ向勝負を解禁できたんだなと。

石井さんを倒せるほどの実力、誰もが認めざるを得ない強さを見せたタイチが行う反則行為は、この先より一層の洗練さで俺たちを楽しませてくれるだろう。

 

 

 

解説席で怒りの獣神と化す

 

野上アナ「川田利明が乗り移る!」

 

ライガー「乗り移ってねえよ! これが力なんだよ本当に! (中略)彼がどれだけ練習してここに上がってきたか、それを考えろ!」

 

中略の部分は、あまりにもライガーさんが怒り過ぎて早口だったのと、タイチコールが鳴り響きすぎて聞き取れなかったが、とにかくライガーさんもタイチの爆発に感動しきりであった(ちょっと情緒が心配でもあったが)

 

ライガー「タイチの努力を認めてやれ!」

 

いや、みんな認めてるよ、ライガーさん。

タイチのルーツが川田であるゆえに、実況におけるこういった表現は許容範囲であれと思うが、まあライガーさんをここまでアツく感動させたのはタイチ本人であるわけだが。

 

 

ディーバも感涙したらしい

 

しかしあべみほ、北海道石狩市出身で16歳当時のニックネーム“石狩の女豹”ってお前、16歳で女豹とか呼ばれる女ヤバすぎるだろ。

 



まとめ

 

ジェイくん決勝進出おめでとう!

最高の試合&フィナーレの飯伏への反社会的行為に興奮した。

優勝はほぼ間違いないであろう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ふうさん より:

    タイチ!よくやった!
    鈴木軍、いちばーん!

    • devonyamaoka より:

      どうも! 最後の最後にタイチがとんでもないモノを見せてくれましたね! マジで鈴木軍、いちばーん!

  2. デルピッポ より:

    内藤vsジェイは思いのほか噛み合ってましたが、やっぱり昨日は石井vsタイチと後藤vs鷹木でしょう。
    タイチが介入も反則も無しで真っ向勝負で石井に勝利するとは…武道館でのレッツゴータイチコールは感動しましたね。本人も嬉しそうだし感慨深かったんじゃないでしょうか。
    ライガーさんの言うことも理解はできますが、野上アナだってあらかじめテーマを決めて実況してるでしょうしタイチ自身も意図して川田ムーブ使ってるところありますし、試合に集中できなくなるし個人的にはやりすぎだと思ってしまいました。
    鷹木はBOSJを決勝まで戦い抜いてその後G1のリーグ戦最後の試合でこのクオリティって本当にすごいですよね。後藤のパンピング受けもすごかったし、自分を下げず相手をあげる高級ジョバーぶりを発揮してくれました。
    そして鷹木はいよいよヘビー級転向宣言したみたいですね。まぁここまでやられたらジュニアの枠には置いておけませんが、SHOは勝ち逃げされてしまいましたね。せっかく鷹木と絡むことで急成長を遂げつつあったというのに…

    • devonyamaoka より:

      どうも! 内藤VSジェイも面白かったんですが、鷹木VS後藤は、個人的に点数のことが気になって「どうせ後藤が負けるんだろうな」という気持ちで見てしまって乗れませんでした。やっぱもっと純粋にのめりこめる状況でもう一回観たいシングルですね。そういう意味で、まったく点数を考えなくていいタイチの試合がいちばん燃えましたw
      ライガーさんの天然行動&言動には、やはり違和感を感じずにはいられません。いつだったか、試合終盤でエルボー合戦しだしたのを見て「大事な時になんでこんなことするんだ!」みたいなこと言って怒ってたときもあってw お前、それセオリーやろ!って皆がお茶の間でツッコミ入れましたよねw
      鷹木のヘビー宣言は今更感あってさすがにSHOが可愛そうでしたねw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.