プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【6.25仙台その②】ヨシハシ以外のこと【KIZUNA ROAD 2019】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

6.25『KIZUNA ROAD 2019』仙台大会は、正直な話メインイベント以外の試合にはまったく興味が持てなかった。

メインを飾った今世紀最大級の注目カード、ザック・セイバーJr. VS YOSHI-HASHI のブリティッシュヘビー級王座戦。

シリーズ中に異様な盛り上がりを見せたこのカードは、明かな実力差がある2人による勝敗の決まりきった闘いであったはずが、前代未聞のG1出場権獲得マッチという付加価値が加わり見逃せない一戦となった。

ヨシハシの爆弾発言が生んだ奇跡。

「王座戦でG1出場権も懸けて戦え!」というヨシハシの提案には賛否両論(というか批判)が巻き起こったが、良くも悪くもファンの目をしっかりとこの試合に向けさせ、シリーズの話題を独占してしまった。

ファンの中には「ヨシハシが勝ったらもう新日本を見ない!」などと言い出す者まで現れたらしく、この展開がいかにファンにとって反社会的かつ非常識だったのかが伺える。

まさに神をも恐れぬヨシハシの発想力&行動力。

これこそがヨシハシをヨシハシたらしめる重要な要素であり、大きな魅力でもあるのだ。

無垢な天然レスラーの皮を被った無邪気な破壊神。

キズナロードは見事にヨシハシのシリーズとなった。

 

よくやったヨシハシ。ありがとうヨシハシ。

 

要は何が言いたいのかというと、つまりこのシリーズにおけるヨシハシ絡み以外の闘いについては、俺に語るべきことは何もないと言いたいのだ。

ヨシハシ以外になんかあったっけ?

 

ないのである。

 

実はこの大会について、ヨシハシ以外の対戦カードなど事前に確認すらしていなかったし、ライブ中継でそれらの試合を見ていてもメインまでの緊張感が増すばかりで心ここに在らずと言った心境。

すべてがメインイベントの前座に過ぎない。

そんな気持ちで観戦しているので、もはやどの試合も良くも悪くもなかったという感想しか出てこないので困ったものである。

 



もうひとつの大いなる闘い

 

メインイベントについては前回の記事で感想を書いたので、今回はその他の出来事に関してムリヤリにでも書かねばならない(分けて書くと言ってしまった手前)。

しょうがないのでいつも以上に適当に書くが、ピーターさんのケツがエロかった。

 

プロレスの舞台でのエロは、不意打ちすぎてダメージが大きい。

それ以外にも、たとえばtwitterのタイムラインに唐突に流れてくるエロ画像、または真面目な映画を観ているときの場違いなヌードシーン、バラエティ番組に出演しているグラドルの露出度の高い衣裳、野外音楽フェスに出没するノーブラギャル、etc…

 

公共の場に突如現れるセクシーに対応できる術を俺は知らない。

 

「エロいけど勃起しちゃいけない」という状況がいちばん苦しいのだ。

エロいモノを見たら即座に勃起したいというのが我々男性の(というか俺の)自然な欲求であるゆえに、当然プロレスもその場としてそぐわない。

ピーターさんをはじめとした裕二郎ガールのみなさんは、セクシーを通り越してエロ、もしくはスケベ。

家族で楽しく観戦していた俺は、カミサンや息子の前だというのに思わず「うわあ!すげえケツ!」なんてことを口走ってしまいカミサンに白い目で見られるばかりか、息子も一緒になって「えっろ!」とか言い出すので、さらにカミサンが怒りだすといった状況である。

 

プロレスは真剣勝負。つまり肉体と魂を懸けた「闘い」であるわけで、そこにエロが入ってきてしまうと俺なんかは途端に混乱してしまうのだ。

俺が女子プロレスを一切見られないのはそれが原因である。

女子プロレスをまともに見られる人ってのは、女子プロレスを見ても勃起を我慢できる人であるわけで、俺にはそんなこと到底無理である。

 

俺が異常なのだろうか?

 

もしかして、俺のちんちんがニュータイプなのか?

 

些細なエロにも反応せざるを得ない俺のちんちん感の鋭さは、常に性的欲求不満にさらされることで身についた新たな感性なのであろうか。

俺のちんちんのサイコウェーブ(さすがに大人なので「チンコウェーブ」とは書かない)が、ピーターさんのエロを人並み以上に感知し、そこに的確に反応。

 

なんだこのプレッシャーはッッ!

 

ピーター「今日のセクシー衣裳、見くびってもらっては困る!」

 

「ピーターさん、あなたはッ! 男の戦場にエロを振りまく源だ! 生かしてはおけない!」

 

ピーター「ニュータイプかッ! 恥を知れ! 俗物!」

 

俺は即座にサイコミュシステム(というかちんちん)にアクセス。

会場のピーターさんとお茶の間の俺とでの、時空を超えた熾烈な精神的バトルが展開する。

当然のように、ピーターさんとの攻防に夢中でその後のプロレスの試合などまったくアタマに入って来ないのであった。

 

ちなみに実況席のミラノさんも、ファンネル(スマホ)を起動。

 

ミラノ「底辺×高さ÷2で面積を測りたいですね」

 

俺同様に彼も何かと闘っていたようだ。

 

はい次。

 

 

復活の殿

 

行方不明だった後藤洋央紀が突如登場して、CHAOSファンのカミサンが鼻息を荒くして興奮していた。

後藤さんと言えば、5.4福岡大会でジェイ・ホワイトに破れた後に「探さないでください」というメモを冷蔵庫のマグネットに貼りつけたまま音信不通となっていた人だ(たしか)

その行き先や消えた理由、一体どのタイミングにどんな姿で、どんなキャラ的変貌を遂げてで戻ってくるのか? という予想は、ファンの間でもウワサされていた。

中でも、完全なるヒールターンを期待する声や強力な新ユニットの誕生を望む声は大きかった気がする。

プロレスは、この先の展開を想像しているときがもっとも楽しい時間。

ときに想像しすぎてしまって、現実の展開を物足りなく感じてしまうことも多いが「後藤さん、鈴木軍入りまったなし!」なんてアホなことを言っているときがいちばん楽しいのだ。

ともあれ実際の後藤さんは、ヒールターンどころか、今まで以上にベビーで正統派な柴田勝頼サイドのヒーロー然として帰還したのでズッコケた(ヨシハシばりに)

大会前日にしれっと動画サイトで公開された『G1CLIMAX29 混沌の荒武者、復活へのリベンジロード』なるVTRでは、失意の後藤さんが柴田のいるLA道場の門を叩き、若手と一緒にトレーニングしながらジェイくんへの復讐を誓う姿が、ノーCG、ノースタント、ノーワイヤーで映像化されていた(マッハ!!!!!!!)。

 

 

ここ最近の新日本プロレスは、なにかと柴田頼りしているという印象がある。

KENTAといい、後藤さんといい、安心の柴田ブランドをここぞとばかりに利用する戦略なのか?

べつにそれを否定的に思っているわけでもないけど、なんか絶妙なズルさを感じるのは俺だけではないはずだ。

とにかく後藤さんは混沌さ皆無で復活。

CHAOSでのパッとしない立ち位置に不満を感じていたファンからすると、復活後に何か明確な、目に見えるカタチの“変化”がないところに不安を感じてしまいそうだが、コスチュームや入場曲、新必殺技など、実はなにか新しいモノを準備している可能性もあるのでそのへんを期待しようではないか。

 

 



まとめ

 

今シリーズは、その試合の構造自体が暴力的でショッキングであったザックとヨシハシのブリティッシュヘビー王座戦のインパクトがすべてだった。

ヨシハシとザックは試合内容関係なく、このシリーズを大きく盛り上げ、記憶に残る特別なシリーズにしてくれたので、その素晴らしい働きに感謝したい気持ちでいっぱいだ。

さらに、そんなシリーズの最終戦で、ヨシハシに対抗しうる破壊力を魅せてくれたピーターさんのケツと、この日いちばんの盛り上げに貢献した後藤さんの復活シーンにも大きな拍手を贈りたい。

 

次はついにG1クライマックスがはじまる。

さすがに俺もちゃんと真面目に試合を観て、更新頻度高めで感想を書きますのでよろしくお願いします。

以上!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. デルピッポ より:

    デヴォンさんの文章のおかげでピーターさんにハマーンはすごく似合うと思いました。
    しかし、デヴォンさん…というかデヴォンさんのおちん○んがカミーユならデヴォンさんのおちん○んが精神崩壊してしまうことに…

    みんなとりあえず柴田の名前出しとけばいいみたいな空気ありますよね。柴田が便利屋扱いになってますよ。
    G1後に後藤とKENTAの殿KENタッグでも組むフラグですかね。
    ここまでやってるからジェイにはリベンジできるんでしょうか。動画ではチェンジオブペースとか言ってましたから一瞬のスピード変化でブレードランナーに対抗する技でも開発してきたのか…昇天改をフィニッシャーに戻せばいいだけな気もしますが。

    • devonyamaoka より:

      どうも! ハマーン様だとわかっていただき嬉しいですw このネタ、マジでピンポイントにしか伝わらないので出すかどうか悩むんですが、たまにしっかりつっこんでくださる人がいるからやめられませんw
      柴田さんの万能感ヤバいですよね。G1開幕戦も、KENTA選手の試合中にちらっと柴田映っただけで大盛り上がりしてましたし。
      後藤さんは公式戦でなにか変化を見せるんでしょうか? 期待しましょうw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.