プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【6.9大阪その①】本日の試合はすべて終了いたしました【DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「ただ今の試合をもちまして、本日の試合はすべて終了いたしました」

 

大阪城ホールに響く無情のアナウンスに客席からあふれ出すブーイング。

おそらく、ここで放たれたブーイングは、IWGP王座を防衛したオカダ・カズチカが、敗北したクリス・ジェリコの好き放題に蹂躙されるというバッドエンドに向けられたものではない。

「余韻」という概念も無く、選手が退場した瞬間に間髪入れずに、まるでナニゴトもなかったかのように「さ、帰った帰った」といった淡々さでアナウンスを始めた阿部誠リングアナの冷血ぶりに向けられたのはないかと推測。

新日本プロレスの上半期最大のビッグマッチ『DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』のメインイベントは、会場全体がそんな殺伐とした雰囲気となり、ペインメーカー・ジェリコの世界観阿部リングアナのハートレスが融合した猟奇的なフィナーレとなった。

まさか世界のジェリコと小太りリングアナをコラボさせるとは、新日本も粋なことをするものである。

 



暴れるジェリコを止める者、皆無

IWGPヘビー級王座戦
オカダ・カズチカ VS クリス・ジェリコ

 

ジェリコを前にしても貫禄十分なオカダのオーラにクラクラする。

完全に“世界のオカダ”と化した完全体のIWGP王者の前では、ジェリコですら1人の挑戦者でしかないのだ。

そんなプロレス界の至宝とも言える男を相手に、ジェリコはいつものダーティファイトで自身の土俵へといざなう。

大物外国人レスラーとは、リング下にパイプ椅子と長テーブルを仕込んでおかないと死ぬ病気なのだろうか。

出してセッティングしたはいいが、最後まで使われることのなかった長テーブルが虚しさを際立てていた。

とにかく、オカダはリング上でも場外でもジェリコにやられまくってはいたが、やはり妙な安心感があり、ここぞという場面で強さ・タフさを見せてくれる。

だからこそ、最後は凄まじい攻防の末に、必殺のレインメーカーがさく裂するのだろうと誰もが思っていたはずだ。

しかし、今回はいつもの王座戦の結末とは違っていた。

ジェリコの隙をついての押さえ込みであっさりと3カウントが入ってしまったではないか。

拍子は抜けたが、これもまた刺激的だし、昨年ケニーとの3本勝負で勝利したときの再現だとのことなので、そこに伏線があったのかと思うとなかなかアツい。

 

で、案の定、試合後にジェリコが大暴れしてオカダをボコるわけだが、ここで誰も止めにいかないことに大きな違和感を持った人も多いはず。

いつもは恐る恐る入ってくるヤングライオンも姿を消し、実況席の前の放置された長テーブルにオカダを連れ出すジェリコ。

 

まさか実況席の棚橋さんが助けに飛び出すんじゃねーだろうな・・・・。

 

という悪い予感。あるいは虫の知らせ、胸騒ぎ、不安感がよぎる。

そんな、まるでファイナルデスティネーションのような不穏な予感は見事的中し、棚橋さんが正義の味方よろしく実況席から飛び出しジェリコに突っかかっていく。

そして、今まで姿を消していたはずのヤングライオンたちがここぞとばかりにどっと押し寄せ、荒ぶる棚橋さんを抑えるのであった。

 

 

 

ジェリコで終われば万事OK

 

ジェリコ「ヘイ! タナ! バカ橋!

 

棚橋さんへのマイクで、この日いちばんの大爆笑を誘うジェリコ。

さすがである。

 

ジェリコ「オカダ、じゃあまたな。せいぜいハッピーチャンピオンでいればいいんじゃないか、このビッチ!」

 

ここで盛大に銀テープが発射され、ジェリコの入場曲が流れれば大団円に終わったのではないだろうか。

ラストを締めるマイクがジェリコのエレガントな暴言であれば、観客も納得したであろう。

しかし実際は、静寂の中で選手たちが去っていき(しかも棚橋さんはタイチ並の仕事放棄)、ラストが阿部リングアナの場違いに軽々しい終了のアナウンスというところがバッドエンドに拍車をかけたのだろう。

 

 

 

ジェリコは天才である。

オカダの蹂躙の仕方はもちろん、棚橋さんへの暴言も、観客を怒らせる挑発も、花道でレインメーカードル札を股間に入れたりするパフォーマンスなど、普段ぼんやり生きている俺たちには到底思いつかない侮辱行為で、ほんと見習いたいよね。

 

ジェリコ「タナハシは確かにビッグヒーローだ。ただあいつは、胸に“S”のマークをつけたスーパーマンのつもりでいるのか? タナハシがスーパーマンだったら、俺はクリプトナイト・ジェリコになってやろうか?」

 

こういうセンス抜群なコメントがスラっと出てくるからジェリコは凄いと思う。

以前もジェリコは、新日本における自身のイメージを『時計じかけのオレンジ』のアレックス風だとか言っていたし、アーティストとしての視点の成せる技であろう。

 

 

しかし棚橋さんは大丈夫なの?

 

ジェリコはいいとして、問題は棚橋さんである。

復帰戦でジェイくんに敗北してしまい、しょっぱなからIWGPベルト圏内から撤退せざるを得なくなった棚橋さんが、ここでまたもドサクサまぎれにトップ戦線に絡んできた。

巧くジェリコに目を付けられたと言ってもいいだろう。

このへんの嗅覚はさすがである。

がしかし、この日の棚橋さんの試合も、タッグマッチでありながらなかなか動きがぎこちなかったように見えたのは俺だけであろうか。

フィニッシュの新技も大いに説得力が欠けていた感じがして心配である。

これからコンディションをどう戻していくのかが非常に気になるところだ。

 

 



まとめ

 

ジェリコはG1クライマックスに参戦するのであろうか?

もし実現するとしたら、棚橋さんとの闘いは遺恨マッチとなり、オカダとの闘いはリベンジマッチの様相を見せるはず。

リベンジするのが、今回勝ったオカダのほうというよくわからない図式になるが。。。

つづく

 

 


人気ブログランキング

 

 

メインの試合後、オカダがジェリコにひどい目にあわされている場面で、本当にオカダを助けに入るべきだったのは、もちろんヨシハシである。

モニターで同じユニットの仲間であるオカダの危機を見て、いてもたってもいられなくなったヨシハシは、過去のトラウマを振り切って花道をダッシュ。

無事にリングサイドにたどり着いたヨシハシはジェリコの前に飛び出し、かち上げ式ラリアットでぶっ飛ばした末にマイクでこうアピールする。

 

ヨシハシ「ヘイ、ジェリコ、俺の足はもつれたか?」

 

ジェリコ「・・・・・(知らんがな)」

 

しかし、俺たちの願いも虚しく、ヨシハシの姿はどこにも現れなかった。

結局、いちばん近くにいた棚橋さんが止めに入ったわけだが、そのとき解説の山崎さんがこんなコメントをしていたことにショックを受けた。

 

山崎さん「目の前でオカダがやられているところを見ていたら、ここに座っているわけにはいかないですよ」

 

意味が分かるとゾッとするコメントである。

 

みなさんは覚えているだろうか?

今年の2.2札幌大会『THE NEW BEGINNING in SAPPORO ~雪の札幌2連戦~』のメインイベント。

棚橋&オカダ組 VS ジェイくん&ファレのスペシャルタッグマッチが行われ、なんとヨシハシは解説として実況席に座っていたのである。

外道さんの策略により、ジェイくんとファレが勝利し、しかもその後も好きなように蹂躙されまくるエースとオカダといった状況で、まーったく席を動かない解説者ヨシハ氏。

 

ここでもう一度、先日の山崎さんのコメント

 

目の前でオカダがやられているところを見ていたら、ここに座っているわけにはいかないですよ

 

 

そこにじっと座ってる奴いたぞ!

真壁さんでも矢野の救出に向かったのに、同じユニットの仲間を見殺しにした奴がいたぞ!泣

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. tanahana より:

    昨日は2列目で観戦、オカダが場外で返り討ちに合った場面でしっかり映っておりました。
    試合後、オカダがジェリコにやられている時に、棚橋さんが解説席にいる意味が分かり、分かったけれども花道から誰かが転げ落ちるように走ってくるんじゃないかと首を左右に振るのが忙しかったです。
    『デヴォンさんブログでなんて書くかな』とデヴォンさんに思いを馳せながら。
    だいぶ脳内侵されてます。期待通りのブログです。

    タイチ石井戦、リーオスプレイ戦、どれも良かったけど、結局終わってみると、
    「やっぱジェリコってすごいな」という強烈な印象だけが残りました。

    締まりの悪さは阿部リングアナのせいだったのか。そうか。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 生観戦されてたんですね! 非常に羨ましい。今年のドミニオンはサプライズと刺激的な試合ばかりで見ごたえ抜群でしたね!
      あの状況で「ヨシハシ来るかな?」って思ってしまう人はもう病気ですw 
      阿部リングアナを無意味に悪者にしちゃいましたが、あの人の淡々さが好きでもありますw
      他の試合の感想も引き続き書きますので、また見に来てやってくださいませー。

  2. リック より:

    終わり良ければ全て良し、では悪ければ?

    長いストーリーで見るとこういう終わり方も大事なんでしょうけど、観客からしたら1日の終わりですからねぇ。
    昨年の札幌で鈴木みのるが「いつでも思い通りにいくと思うなよ」と締めたことがありましたが、やはりバッドエンドでもバッドエンドなりに締めるということは大事かなと思います。

    それと全体の流れとして尻すぼみ感も否めなかったように感じます。それまでがサプライズや名試合に満ちていただけに期待値が高まっていたというのもあるでしょうけど、食傷気味のIC→締まりの悪いメインという流れも拍車をかけてしまったのかもしれません。

    棚橋さんの新技はスリングブレイドを2段階にしたような技ですね。世間からは厳しい意見もありますが、今のトレンドに合わせつつ自分の技を昇華させたというのは素晴らしいと思います。あれが完成形かわからないのが不安ですが…

    ちょっとネガティブなことばかり書いてしまいましたが、もう出し切りましたので笑
    続きの記事楽しみにしてます!

    • devonyamaoka より:

      どうも! あのラストはいくらでも締めるタイミングがあったと思うんですよね。観客が「終わった」と感じるかどうかが重要で、まだあるかも?という気持ちのときに阿部リングアナのアナウンスが入ったのが失敗だったんだろうなと。
      ICは思ったよりも緊張感があって面白かったし、ジュニア王座戦も想像以上に素晴らしかったので、メインのハードルが上がっちゃったのはありますね。オカダのことだから凄い試合やってくれるに違いないという安心感もあったと思うし。
      棚橋さんのやつは技の構造がいまいちわからなかったので、完璧バージョンをちゃんと見たいですw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.