プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【開幕直前】記者会見の感想と新たなる優勝者予想【BEST OF THE SUPER Jr.26】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ついに間近に迫った『BEST OF THE SUPER Jr.26』の開幕。

毎年恒例となっている出場レスラー全員が集まっての公開記者会見も行われ、ファンの期待も最高潮というタイミングであるが、ご存知の通り俺なんかは非常に複雑な心境である。

それはもちろん、嬉々として立てた渾身の優勝予想が、開幕前に夢と化してしまったからだ。

 

今年のBOSJはエル・デスペラード来るで!

 

来る! きっと来る!

っていう平成を代表するホラー映画の主題歌があったこと、みんな覚えてる?
令和元年だからこそ歌いたい平成の名曲ベスト100000にもランクインした名曲。

奇しくも今年、そんな『リング』の最新作が公開されるのも運命的だよね。

「やってくるのは貞子なんかじゃない! エル・デスペラードなんだ!」などと、「事件は会議室で起きてるんじゃない!」的なテンションで叫んではみた(心の中で)ものの、肝心のデスペさんは、先日行われた『タカタイチマニア2』の葛西戦にてアゴを負傷しBOSJ欠場を余儀なくされたのであった。
(※クソつまらない平成映画ネタを散りばめる行為に俺の混乱ぶりが見て取れるであろう)

 

デスペがいない。

このやり場のない困惑感、勢いよく走り出したはいいけどゴールを見失ってしまったかのような不安感、濃霧に閉じ込められて周囲には怪物もウヨウヨいるし、もうこうなったら自らの手で愛する息子を殺して自分も死のうと間違った決断をする『ミスト』の主人公さながらに絶望してしまったわけだが、一筋の希望の光が・・・

 

DOUKI。

タイチに認められ、ヒロムに「技の伊勢丹」と言わしめ、デスペを兄貴と慕うあの男が、ついに新日本プロレスのリングに登場するというではないか。

 

 

 

よし。賭けてみよう。あの男に。

新たなる俺の優勝予想はこの男!

 

【決勝戦予想】
金丸義信 VS エル・ファンタズモ

 

【優勝予想】

金丸義信

 

 



今年は波乱の無い普通の記者会見でした

 

開幕前日に行われた公開記者会見の舞台は、仙台駅前ビルの屋上特設ステージで、一般客も入場無料で観覧できる。

つまり、いつものホテルの会議室みたいなとこでマスコミ交えてやるやつじゃないからか、出場選手たちはみんなおとなしかった印象である。

昨年の髙橋ヒロムみたいに、小劇団みたいなひとりコントが展開したりしたら、何かと他のオーディエンスにマズイ印象を与えかねないという配慮であろうか。

 

こういったプロレスファン以外の観客の目にも留まる公の場でのイベントなんかを見ると、俺はいつもプロレスを知らない部外者目線で見ることを心掛けているのだが、ほんと個性豊かなレスラーがいっぱいだなと改めて感じた。

マスクマンいるし、外国人いるし、イケメンいるし、怖そうなヒールいるし、ふざけたこと言いたがりの人いるし(監督)、ヤル気の無い人いるし(監督)、服装がTシャツ1枚の人いるし(監督)。

 

さらに記者会見でのコメントは、試合以外で個性を戦わせる絶好のタイミングである。

その選手の会見への姿勢で、大会にかける意気込みやコンディション、試合の注目点なんかも見えてきがちなので、すでに大会はここから始まっていると言っても過言ではないのだ。

 

 

それぞれの選手についての感想

Aブロック

 

ドラゴン・リー
スターのオーラで会場が華やかに。

 

タイガーマスク
まるで休日のお父さん(コメントもお父さん感すごい)

 

SHO
相変わらずのマイク下手だが、内に秘めた闘志は伝わった。

 

ジョナサン・グレシャム
謙虚な男といったイメージ。この人の試合が楽しみ。

 

ティタン
めっちゃキラキラ、あと性格の良さがにじみ出ている。

 

TAKAさん
田舎のヤンキー感 しかもコメント冴えてる。

 

 

鷹木の落ち着きっぷりwww

 

 

マーティ・スカル
大会優勝の他にも、“ヴィラン・エンタープライゼス”のニューメンバー探しという目的を明かした。これはヨシハシ心中穏やかじゃないぞ。

 

石森太二
俺があのジャイアン(鷹木)を黙らせる! じゃあお前はダレだ? のび太か? スネ夫か? まさかのしずかちゃんか? いや、ジャイ子の可能性が大である。

 

金丸義信
ストレートで端的明解なコメント最高! 優勝で!

 

 

 

Bブロック

 

田口監督
ここまでヤル気が見えないと、逆にマジで爆発あるのではないかとドキドキする。

 

ウィル・オスプレイ
酔ってんのかってくらいハイテンションだったが、案の定、昨日が誕生日会で二日酔いだとのこと。さすがだ。

 

YOH
秀逸な「言いなおし芸」で観客の心を掴むコメント技を身に付けた。

 

ロッキー・ロメロ
黙っていればカッコイイ。

 

成田蓮
すっげー緊張していた。

 

バンディード
不思議な魅力のある選手。

 

エル・ファンタズモ
とんでもなくスタイリッシュ。バレクラはイイ男を揃えすぎ。

 

ロビー・イーグルス
俳優並みのルックスで、エルファンタがいなければイケメンNo.1かもしれない。

 

BUSHI
コメントの際オーバーマスクを取ったが、水を吹かなくて良かったと心底ホッとした。

 

 

DOUKIが鉄パイプを持って登場! 後ろのオスプの顔w

 

 

総評

 

正面のマイクが始終グラグラしすぎ。

スタッフのお姉さん(巨乳)が何度か直そうとするが、一時的な処置でしかなく、一人がコメントを終える頃にはまたユルくなってマイクが下がってしまうのである。

マイクが下がると、低くかがんで喋るか、マイク本体を手持ちで話すか、あるいはそのまま喋って音が小さくなるか、というようにいろいろと選手たちに負担になる。

専門の音響スタッフがしっかりと対応すべきだが、改善せずに終えたのが非常に残念であった。

何の感想だよ。

 

 

髙橋ヒロムもBOSJと共に

 

髙橋ヒロムは自分の出ないBOSJでありながら、今年もしっかりと攻略本を作成していた。

さすがである。

リングの外からも自分の出来る限り盛り上げることを忘れない姿勢。

やはりヒロムは、新日ジュニアの太陽だ。

 

 

ひとりひとりの選手に対してリスペクトを込めたひとことを書き込んでいるが、YOHのところに「多趣味」って書いてあるのが絶妙にツボであった。



まとめ

 

溢れる個性と確かな実力を備えた問答無用の総勢20名。

ここから群雄割拠のジュニアバトルが始まるのだ。

もはや記者会見を見てしまっては心が躍らないほうが無理なハナシ。

強さはもちろん、コメント力でもズバ抜けている鷹木は優勝候補筆頭であろう。

しかし、そんな鷹木でさえも苦戦しなければジュニアの祭典とは言わない。

開幕戦でSHOが止めるか? はたまたジャイ子の石森が溢れる兄妹愛で仕留めるか? 金丸のウイスキーミストがさく裂するか? そのへん大きな見どころである。

さらに、我らがデスペの代役、DOUKIには注目せざるを得ないであろう。

とにかく両ブロック共に何が起こるか予測不能のパルプンテみたいなカードの乱れ打ち。

両国での優勝決定戦にはどんな結末が待っているのか?

予想は終わりだ。

 

さあ、楽しもうではないか!

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

なんもないよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. リック より:

    ヒロム攻略本に一瞬写るデスペラードが…

    デスペラードの欠場は残念ですが、果たして欠場は本当に想定外なのか?と考えてしまいます。

    デスペラードの復帰はタカタイチ3で葛西戦と言われていますが、その間にナマハゲが出場したりとか…行方不明の選手が見つかったり…おっと誰か来たようだ。

    そして、気になっていたDOUKIが観れるのは純粋に嬉しいです。
    タイチの隠し玉であり、ヒロムの練習パートナーと噂され、1番尊敬する人はヨシハシだという凄まじい経歴の持ち主。今日は1試合目から目が離せませんね!

    BOSJまであと5分!みんなで楽しもうぜー!

    • devonyamaoka より:

      どうも! ヒロムのあの攻略本のラストにデスペがちらりといたんですね。俺、ぜんぜん気付かなくて言われてはじめて気づきましたw
      あまりにも用意周到な感じだったので欠場への疑念も生まれがちですが、タカタイチのあのケガはホンモノだったのでまあトラブルとしましょうw
      葛西戦での復帰って既定路線なんですか? もしそうならかなり危険な復帰ですなw
      DOUKI、3日目ではまだまだ未知数でワクワクしかないです! 今年のBOSJは楽しいっすねーw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.