プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【3.23長岡大会】CHAOS、強き男たちの絆【ニュージャパンカップ2019】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

『NEW JAPAN CUP 2019』準決勝の舞台は、俺のいちばん好きな長岡(行ったことない)

セミファイナルはオカダ・カズチカ VS 石井智宏という、まさにCHAOS最強決定戦とも呼べるヤバすぎるカードであった。

 

観ているこっちが胃潰瘍になりそうな、一進一退の壮絶すぎる闘いを終えた2人。

勝ち名乗りを受けたオカダは、倒れている石井さんのもとへ駆け寄り、一礼し抱き起す。

石井さんに握手を求めるオカダ。

オカダの勝利を称える石井さん。

いつもは勝とうが敗けようが、相手に一瞥もくれずに無言でリングを後にする寡黙な石井さんが、オカダに対して払う最高峰の敬意

これが、CHAOSの絆の深さであり、石井さんのオカダへの評価の高さの現れなのだ。

強い仲間意識とチームワーク、メンバー同士のお互いへのリスペクト、もはやCHAOSに混沌さなど見当たらない。

いや、約1名だけ「混沌」とした存在感を放っている選手がいないでもないが。。。

 

今年に入ってからのCHAOSは、本隊との共闘によりユニットとしての存在感が薄れかけていたが、今回のニュージャパンカップでその強さ・所属選手の有能さを見せつけた。

 

オカダは言う。

「CHAOSは強い者の集まり」

 

ふむ。約1名だけ「強さ」をさほど感じない選手がいるような気もするが。。。

 

 



神に愛されし2人の戦士

NJC2019準々決勝
オカダ・カズチカ VS 石井智宏

 

パワー、スピード、技術、破壊力、すべてが揃った石井さんの怒涛の攻撃に、さすがオカダもノックダウン寸前。

しかしオカダは、起死回生のドロップキックでそれまでのダメージをすべてチャラにしてしまう。

この試合で、オカダのドロップキックが何度も炸裂したことを考えると、石井さんとの闘いはオカダにとって相当過酷であったことが伺える。

石井さんが必殺レインメーカーを切り返して一本背負い、そこからまさかの腕十字という流れは芸術的なまでに鮮やかで、一瞬死を覚悟したほどだ。

さまざまな引き出しを開けてくる石井さんは、間違いなく本気で勝ちにきている石井さんであり、そんな最強の石井さんをも凌駕して勝つのがオカダなのだ。

 

石井さんは闘いの神に愛されている。

しかしオカダは、勝利の神に愛されている。

 

激闘の末、石井さんは力尽きるが、そこには同門対決だからこその清々しさがあった。

と同時に、石井さんがこの先、オカダを超えてトップに君臨する日は来ないのかもしれないという寂しさも感じてしまった。

名勝負製造機と呼ばれ、NJCでもすべての試合でベストバウトを演出してくれた石井さん。

どんな相手だろうが、どんなシチュエーションだろうが、石井さんの試合には期待以上のものを魅せてくれる信頼感がある。

ヨシハシ相手にもあれほどの試合をしてくれたんだからそれは間違いない。

しかし、だからこそ、名勝負製造機としての職人的役割に特価した都合の良い存在になってしまうのではないか? という懸念もあるのだ。

 

アメリカMSGのメインの舞台で、ジェイくんの前に立つ石井さんの姿が見たかった。

ジェイくんの姑息な罠なんかすべて正面突破でブチ壊して、圧倒的な強さでIWGP王座を奪取する石井さん(試合時間6分)

その後、ベルトも受け取らず、無言で早々にリングを立ち去る石井さん。

アメリカの新日本プロレスファンを呆然とさせるような、衝撃のストロングスタイルを妄想してひとり興奮している俺なのであった。

 

 

 

SANADAの甘い長岡LOVE宣言炸裂

NJC2019準々決勝
SANADA VS 棚橋弘至

 

非情なる棚橋さんは、アウェーとなったこのアオーレ長岡で見事ヒールとしての役割をまっとうする。

容赦ないヒザ責めを繰り返し、SANADAの機動力を奪いながら盤石の闘いを見せる棚橋さん。

ハイフライフローを封印するというテーマのもと戦い続けた棚橋さんのNJCは、新たなスタイルを確立するきっかけになったかもしれないが、完成形にはまだ足りなかったようだが。

 

 

ロープ越しのドラゴンスクリューを決めてこの表情

 

対するSANADAはやはり天才だなと改めて感じるほどに華麗で巧みであった。

コーナーで一回転したり、丸め込みを切り返したりと、スカルエンドの多彩な入りがもはや目を見張るほど鮮やかで見ていて気持ちがいい。

 

あの棚橋さんを見事タップアウトさせての勝利。

しかも試合後は、観客のスマホを光らせ、会場の照明を落とさせてのいつもの決め台詞を甘く演出。

一瞬、アカペラで『ホワイトクリスマス』でも歌うのかと思ったが。

 

SANADA「ここだけの話をしてもいいですか? “でも”とか“やっぱり”とかっていう言葉がもの凄く嫌いなんですけど、でもやっぱり日本で一番ここ長岡が好きです! おい、長岡! See you tomorrow!」

 

この男、そのうち女性関係で問題を起こさないかマジで心配になってきた。

無表情で口数の少ないクールな男が、時折見せるロマンチックな瞬間。

そんなギャップにときめく女性は多いゆえに、この男のキャラ設定はすべて女性を惹き付けるためのあざとい計算ではないだろうか?

特に「“でも”とか“やっぱり”とかっていう言葉がもの凄く嫌いなんですけど」という前フリは完全に狙いすましていて、もうエロさすら漂っているじゃないか。

 

やるなSANADA。

そのセリフ、いつか女を口説くときに使わせてもらおう。

 



まとめ

 

白熱のNJCもついに決勝戦を残すのみ。

オカダ・カズチカ VS SANADA

 

開幕前に俺はこう言い放った。

オカダに勝つ者が優勝する。

そして、優勝予想は鈴木なので、誰かが鈴木に勝ったならば、そいつが決勝戦に行くと。

 

まさにこの決勝戦は、その言葉を証明するかのような展開となった。

優勝はSANADA。

これは願望であり、希望であり、新たなる新日本プロレスのチャレンジへの期待である。

聖地MSGのメインに立つSANADA、絶対に見たいよね。

 

決戦間近! 俺は仕事!

 

 


人気ブログランキング

 

ヨシハシの裏切りもあるはず!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. リック より:

    最後のスカルエンドはSANADAの天才さが発揮された場面でしたね、まさかあのタイミングで捕らえるとは。
    SANADAはLIJの枠を超える勢い、この勢いなら今年は間違いなくシングルの活躍があるでしょう。

    ケイオス名勝負製造機対決はやはり名勝負。
    ここまで圧倒的な強さを見せてきた石井をさらに上回るオカダはやはり天才だなと思いました。
    決勝は天才vs天才、どちらが勝つかまるで予想がつきません。
    個人的にはSANADAが勝ってトップ戦線入りを果たして欲しいです。

    ケイオスの仲間外れは何ハシなんだろうか…でも彼は運が「強い」し…わからない(すっとぼけ)

    • devonyamaoka より:

      どうも! スカルエンドの入り方のバリエーション、この先も半永久的にどんどん増やして「どこで飛び出すのか?」っていうスリルを楽しめるようにするのもありだと思います。SANADAのトップ戦線行きは確定ではないでしょうか。
      石井さんは名勝負を期待されて本当に名勝負してしまうのが凄いっすw で、オカダは石井さん以上に揺るぎない強さを持ってますね。最後の握手が最高に爽やかだったので、ケイオスはまだまだ終わらないんだなと確認できました。何ハシさんは運があるのか無いのか微妙w

  2. メタリカ より:

    ああ、やっぱりオカダのあの言葉に違和感を感じてしまったのは俺だけじゃなかったのか(白々しく)
    石井ちゃん戦は確かに悪くなかったから、なるべくケチはつけたくないんだけど、バレクラ相手だった昨日はちょっとトーンダウンしてるように見えちゃったんだよなぁ…まぁジェイにガン無視されるのは仕方無いとして、ジュースとチェーズのせめぎ合いにガシガシ割り込むくらいはやって欲しかった。「チェーズはジュースに勝ったけど、俺はそのチェーズに勝ってるんだぞー(お馴染みのあの口調で)」
    …あれ?この状況、うまくやればマジで3WAYいけたんじゃないの?いや、今日のUS戦の勝者に絡んでいけば、奇跡のMSGで挑戦も夢じゃないんじゃ…悪夢かも知れんが。少なくとも、前の年のG1で勝ってたからって理由で挑戦させてもらったケニー戦よりは、必然性がありますよね。
    今こそあの名ゼリフをもう一度解き放つときかも?ヨシハシ!(お馴染みのあの口調とあの無表情で)

    準決勝の4人は、もうここまでくれば、全員が凄い、素晴らしいと言うしかありません。極限の同門対決を見せつけたオカダと石井ちゃん、最高レベルの技術とサイコロジーの攻防を披露してくれたSANADAと棚橋、どちらも世界中に知らしめたいハイクオリティ。
    これを制した2人の天才、さらに決勝をも制してMSGへの道を開くのは…個人的にはSANADAであってもらいたいですが、果たして?
    しかし開幕前は新日本残留を決めた飯伏、2冠統一をぶちあげた内藤が最も注目を集めていた今年のNJCだったのに、その2人は早々に脱落してしまい、ベスト4に残ったのはいわゆるアスリートプロレスと異なるスタイルを得意とする面々(やろうと思えば出来る適性は持ってますが)だったというのは、何かを暗示しているような。ジェイだって、ムチャクチャしてるようで、相手や自分のダメージをコントロール出来ない技ってほとんど使いませんものね。いい傾向。

    • devonyamaoka より:

      どうも! わかります! ヨシハシ、盛大に無視されていて、チェーズに絡んで3WAY掴むっていう発想も無かったんだと思いますがw 石井さんに引き出された気迫は、どんどん萎んでいって、次にシリーズには元に戻っているのが定期なんだろうなあ。
      オカダVS石井、棚橋VSサナダ、はどれも別ベクトルでレベルの高い攻防を見せてくれました。ほんと、新日本プロレスの方向性がしっかりと見えた試合でした。

  3. えびお より:

    最高の試合で、オカダの凄さをあらためて実感。石井を受け切って石井を魅せて勝つ。王者の姿ですよねえ。ただ、デヴォンさんの言うように、石井の立ち位置という意味では、1つのはっきりした区切りになるのかもしれませんね。
    石井は諦めないけど、よけいな夢も見ない人なんだと思うんですよ。
    そこは170センチでヘビーにきたときから覚悟していたことだと思うんです。次を期待しないからこその、あの圧倒的熱量なんだろうなあと思うし。石井が悲しんでないことを悲しんじゃいけないとは思ってますが、まあ、難しいですよね、やっぱりそこは。

    唯一、残念なのは、3カウント前に実況が試合結果を叫びだしちゃったところ。最後の最後まで、そのレインメーカーですら返すんじゃないかって思って観てるのになあ…。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 石井さんをあれだけエキサイトさせて、最後は問答無用の勝利を掴む。これがオカダの強さなんだなあと感心しきりでした。石井さんは「余計な夢を見ない」、それ、なんかとても説得力ありますね。潔さもまた石井さんの魅力だし。でも、やっぱこのまま他人の格上げばかりやっていることにモヤモヤしてしまうファンもいると思うんですよね。ヨシハシが終わったら次はEVILか。。。とか、ちょっと都合よく扱われているように感じてしまいます。MSGに石井さんはエントリーされていなかったようですが、海外人気の高い石井さんと鈴木みのるがいないのはなんか違和感ありますねー。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.