プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【3.11高松大会】スミスがあっさり負ける姿を何度見せられるのか【ニュージャパンカップ2019】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

おい、俺の記憶が間違っているなら誰か指摘してくれ。

まだ3月だというのに、今年に入ってもうすでに何度となくデイビー・ボーイ・スミスJr.が矢野に一本取られまくっているような気がするのだが。

それどころか、昨年のNJCの一回戦でも、似たような試合で似たような結果になり似たような気持ちになった記憶が。。。

恋はデジャブ。

スミス、矢野に何かヤバイ秘密でも握られているのだろうか?

エロ本を万引きしたとか、トレーニング中にウンコもらしたとか、メイ社長の一人娘と密かに恋仲であるとか、なんか知らねえけど、絶対に公にできないネタを矢野に知られてしまい、それ以来、矢野との試合となると萎縮してしまい思わず毎度おなじみの罠にハマってしまう。

 

そんなバカバカしい想像をしなければマジでやってられない。

 

スミスが勝たなかったらもう俺はハロルド・メイ社長宛てに不幸の手紙を5000通送る

 

以前の結果予想記事で俺はこんな一文を書いた。

本気だった。

不幸の手紙を送る話ではなく、本気でスミスの勝利を確信していたのだ。

 

実力も人気も申し分なし、新日本プロレスにも大きく貢献しているプロフェッショナル・レスラーが、この期に及んで何度も負けるはずがない。

 

しかし、結果的に俺はメイ社長に不幸の手紙を5000通も送らなければいけないことになってしまった。

ハガキ代とか郵送代は矢野に請求すればいいのであろうか。

あるいは新日本プロレスの経理担当者に「経費で落ちますか?」などと確認しなければいけないのがマジで面倒だ。

 

ふざけんなコノヤロウ。

 

矢野の試合が楽しいのは認めるし、殺気あふれる鈴木みのるやパワフルな外国人選手の足元をすくう戦い方は痛快さがあることも認める。

しかしそれは試合内容がともなってこそではないだろうか。

 

というわけで、今年も例によって、これまでの3日間で行われたNJCの激闘のアツさが一気に冷めてしまったのである。

もちろんそれは俺の個人的な感想であり、多くの矢野ファンにとっては当然の結果なのかもしれないけど。

ガッカリしすぎてその後の試合がぜんぜん身に入らなかったので困った。

 

 

 

釈然としなさ具合がギネス級

NJC2019第一回戦
矢野通 VS デイビー・ボーイ・スミスJr.

 

このシリーズが来るたびに何度となく夢見るスミスの大躍進

最強タッグのKESがシングルとしての強さを堪能できる最高の舞台で、その堂々たる体躯と圧倒的なパワー&巧みなテクニックを存分に見せつけての活躍が見たい。

 

そんな純粋なる期待を、たった5分足らずの試合で打ち砕かれる哀しみ。

スミスは矢野の金的攻撃を必要以上に警戒するあまり、思わずシンプルな丸め込みを許してしまったのかもしれないが、3カウントを聞いた瞬間の俺は、一瞬目の前が真っ白になった。

 

「は?」

 

勝ち名乗りを受ける矢野、悔しがるどころか悲しそうな表情を見せるスミス。

 

んなアホな。

 

矢野の完成されたキャラクターは、芸術的なまでの世界観でファンを楽しませてくれるが、近頃はその設定に甘えすぎてはいないだろうか。

誰もが「矢野だったらしょうがないか」と納得するかと言えばそんなわけはない。

NJPでのスミス戦、G1でのエルガン戦と、強引すぎるYTR劇場に釈然としない気持ちを抱いている者も多いはずだ。

 

いや、100歩ゆずってだよ、オカダと対戦したエルガンのように、化け物じみた“強さ”を見せつけての無念の敗北であればまだ納得できなくもなかったが。

 

さて、ありったけの罵詈雑言をつづった不幸の手紙を書かねば。

 

 

 



 

3.11と言う日に勝利を勝ち取ること

NJC2019第一回戦
鈴木みのる VS 小島聡

 

鈴木「今日、何の日か知ってるか? オイ、小島、なんも感じないなら、オイ、今すぐ現役引退しろ。テメエは人の前に立っちゃいけねえ。なにか、テメエのなかであるなら、さっさと絞り出せ」

 

8年前のこの日、東日本大震災が東北地方を襲い、鈴木みのるも巡業先の仙台で被災した。

大切な人を失ったり、住む家が流されたり、地震と津波によって人生が変わってしまった東北の人々にとって忘れられないこの日、鈴木もまたその悲劇を間近で見たことで大きく運命を変えた者の一人であった。

 

 

鈴木は、必至に生きる被災者たちに力を与え、また鈴木自身も力をもらった。

小島を圧倒し、ゴッチ式で沈めた鈴木は言う。

 

鈴木「テメエは俺に勝てねえ。俺の体はな、この手もな、足もな、首もな、もうな、すべてプロレスの神様にやったんだ。俺の一生はな、俺の人生はリングの中。俺がすべてだ。テメエみたいな、夜中にお菓子むさぼり食って、『明日、試合だなあ』なんて言ってる甘ちゃん野郎とは違うんだよ」

 

3.11の鈴木は誰よりも強く、恐ろしいのである。

 

 

 

 

開催地を好きだと言うだけで大声援って凄い

NJC2019第一回戦
後藤洋央紀 VS SANADA

 

「日本で一番好きです」と言うだけでワーワー言ってもらえるような、完璧かつお手軽な締めゼリフを習得してしまったサナダはやはり容量が良い。

口数が少なく、マイクパフォーマンスもほとんどしないサナダだが、だからこそたまに口走るコメントに貴重なプレミア感が漂う。

 

「日本で一番ここ高松が好きです。 See you next time!」

 

なんという省エネマイクであろうか。

感情を表に出さないサナダの「大好き」アピールほど破壊力抜群なモノは無いであろう。

高松のみなさんも大喜びで羨ましい限り。

 

さて、肝心の試合だが、後藤とのスピーディな技の応酬はとんでもなく素晴らしかった。

牛殺しをめぐるやりとりだったり、GTRを切り返してスカルエンドに繋げる攻防だったり、荒々しいのに優雅にも見える頭脳戦がたまらない。

 

序盤には、サナダと後藤で声援の大きさを張り合うなどのユーモラスなシーンもあり、2人の器用さ、パフォーマンスの見事さ、トップレスラー同士の華やかさなんかもあって大満足の試合であった。

 

 

 

こっちの丸め込みは見事

NJC2019第一回戦
真壁刀義 VS コルト・カバナ

 

コルト・カバナはトボけた顔をして計算高いプロレスをする人だ。

始終、真壁が翻弄されていたのが印象的で、ラストのスーパーマン押さえ込みは見事としか言いようがない。

あんなオモロイ技が効果的に、かつ説得力抜群に決まるなんてファンタスティックである。

 

スミスの敗北で意気消沈した俺の心が、ほんの少しだけ潤った気がしたので感謝。

次は矢野戦ということで、カバナさんにはぜひともスミスのカタキを取ってもらいたい。丸め込みで。

 

 

 



 

まとめ

 

 

ミラノさん、ミーハーすぎる。

 

 

 

 


人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. デルピッポ より:

    矢野とスミスのはさすがにアレでしたね。直後のカバナvs真壁でのスーパーマンが最高過ぎただけに余計そう感じます。
    SANADAvs後藤はLIJ全滅かCHAOS唯一の1回戦敗退かという対決だったんですよね。特に後藤は旗揚げ記念日の最後にマットに上がってたオスプレイ含む5人のうち唯一の1回戦敗退でもあるという…
    SANADAと後藤はどちらもお笑いプロレスもできるし真面目なのもできるしで噛み合った面白い試合だったし、SANADAのスカルエンドに入るバリエーションを増やしたり素晴らしいから良かったのですが、やはり後藤を諦めたくないんですよね。今後浮上の機会は訪れるのか…
    内藤哲也選手使用済み&EVIL選手Kiss in the darkness済み鎌ペンライトはメルカリで15万ですかwマジで売ってくれませんかね。熱心なEVIL女子の皆さんは買うでしょう。

    • devonyamaoka より:

      どうも! スミスVS矢野戦は悪い予感が当たった感じでしたな。コルト・カバナ面白すぎで鈴木戦見たいですw 後藤さんは残念でした。サナダはどんどん強くなって魅力が増している気がするので、決勝進出もあるかもとか思ってますが、となると鈴木が負けちゃうことになるのでそれもしんどいw ミラノさんのミーハー鎌ペンライト販売、これはビジネスチャンスですねw

  2. リック より:

    矢野が鬼殺しとかで決めてくれるならまだ良かったんですがね…ていうか矢野カバナが観せたいなら1回戦で矢野カバナと真壁スミスとかにして欲しかったです。
    これでボスまで負けてたらガチでクレーム入れてたかもしれません笑

    コルトカバナは先日のROH興行で気になっていたので、今後も継続参戦してくれないかな…矢野より断然面白いし。

    ボスはSANADAと2回戦ですが、ここを抜ければ準決勝ほぼ確定でしょう。是非SANADAを倒してLIJの勢いを止めて欲しいところです。

    • devonyamaoka より:

      どうも! スミスをああいう使い方にするのも限界がありますよね。毎回だから本当に悔しいです。どういうつもりなんでしょうね。カバナの面白さは矢野さんとはまた違うので、対戦は凄く楽しみです。でもスミスのことがあるので断然カバナ応援w ボスの2回戦は正念場ですね。逆にボスが負けることがあればサナダ優勝もあり得ると思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.