プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【3.10尼崎大会】NJCの洗礼【ニュージャパンカップ2019】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

棚橋「ずっと俺も“翔太”だった。“いつかの俺”は“いまの翔太”だから」

 

3.10『NEW JAPAN CUP 2019』尼崎大会のバックステージで、新日本プロレスのエース棚橋さんはこうコメントした。

この日の海野翔太は、トップレスラーたちにとっての“いつかの俺”

棚橋さんだけではない。
オカダの、内藤の、鈴木の、そしてジェイくんの“いつかの俺”なのだ。

 

ヤングライオンから大抜擢の海野翔太は、尊敬する雲の上の存在、エースであり「神」である棚橋さんに持てるすべてをぶつけた。

いや、おそらく彼が持っている以上のチカラが試合の中で生み出され、この14分間の中で恐るべき成長を遂げたであろう。

 

棚橋戦における海野は、確実にNJC出場選手として大きな爪痕を残したと思う。

少なくとも、俺たちファンの心には海野翔太の魂がしっかりと刻まれたはずだ。

と同時に海野は、すべてのヤングライオンの、すべての若手プロレスラーの羨望の的となり、狙われる立場にもなったようだ。

 

 

「ニュージャパンカップに出てるヤングライオン。来年の1.4までに、お前を倒す!」

 

 

 

 

海野、エースの洗礼

NJC2019第一回戦
棚橋弘至 VS 海野翔太

 

デビューして2年の海野翔太、NJC初戦でのエースとのシングルマッチ。

誰だってナーバスになりうる超絶的大舞台で、海野は恐るべき気迫と殺気を全面にまとってリング上に立つ。

 

小細工は無し。

相手は大いなる新日本プロレスの象徴、棚橋弘至である。

何も考える必要はないのだ。

ただ全身全霊をかけてぶつかっていけばいい。

棚橋さんにはそのすべてに応える器があるんだから。

 

迷いのない海野のフルパワー攻撃を、もはやそれが自らの役割であるかのように受けきる棚橋さん。

それはまるで「お前のすべてを見せてみろ」と言っているかのようであり、また若手の成長を楽しみながら、自由な発想とそのセンスを堪能しているかのようでもあった。

 

海野が繰り出したテキサスクローバーホールドによって、会場内は大きく湧いたが、またそれが棚橋さんに火をつける。

ドラゴンスクリューで動きを止めてのモノホンのテキサスクローバーによって海野を殺害。

 

新日本プロレスのエースによるニュージャパンカップの洗礼を浴びた海野であるが、彼にとって大きな収穫になったことは間違いないであろう。

試合後、起き上がれない海野を見つめる棚橋さんの父親のようなまなざしがとても印象的であった(本当の父親は横でレフェリングしていたが)

 

 



EVIL、地獄の洗礼

NJC2019第一回戦
EVIL VS ザック・セイバーJr.

 

ニュージャパンカップ2018年覇者のザックが一回戦で敗退するなどあり得ないと思いつつも、EVILのシングルプレイヤーとしての爆発が期待されるのであれば踏み台になってしまう可能性もあり得る。

2月の札幌大会でシングルマッチとしての決着はついたが、だからこそ今回は勝敗が絶妙に読めなかった。

 

しかしフタを開けると、やはりザックの綿密な蟻地獄にEVILは翻弄されてしまっていた。

序盤こそザックのスタイルに対応するなどの器用さを見せていたEVILであったが、ザックの怖さが光るのは相手のペースになってからの地獄のカウンターである。

 

ここであることに気付いて異様な興奮を覚える俺。

もし、MSGでジェイくんと対峙するのがザックだったら、こんな面白い組み合わせはないのではないか?

 

お互いに、相手を罠にハメて殺すスタイルじゃん。

 

そのためには、2回戦で飯伏、3回戦で棚橋さん、準決勝でボス、決勝でオカダ。

ザックの過酷すぎる2連覇への道、これはこれでドラマとしては完璧じゃないか。

 

 

 

 

内藤、インターコンチの呪い

NJC2019第一回戦
飯伏幸太 VS 内藤哲也

 

インターコンチ王者でありながらIWGPヘビー級王者となる、前人未踏の2冠を目指して、今回のNJCに挑んだ内藤。

新日本プロレスでの戦いを、今後も見せ続けることを宣言した飯伏。

どちらにも負けて欲しくないし、どちらも勝つべき存在である。

 

お互いにリミッターを外して戦える相手ゆえに、危険技も躊躇なく出せる関係性。

つまりハードな戦いになりがちな2人。

予想通りにムチャクチャやっていたが、勝敗を分けたタイミングはフィニッシュ前に飯伏が繰り出したボマイェであり、まさにインターコンチの呪いともいうべき状況であった。

 

内藤は、インターコンチを持ち続けている限りIWGP戦線に近づけないのかもしれない。

 

それもまた、いろんな意味でのインターコンチの呪いであろう。

 

つーか俺の予想は内藤が勝ち上がる事が前提だったので、かすかに暗雲が立ち込めてきた気もするが。

 

 

 

天山、飯塚さん召喚ならず

NJC2019第一回戦
天山広吉 VS 田口隆祐

 

デビッド・フィンレーの代役である田口が、正式出場の天山に勝ってしまうという哀しみ。

もちろん田口の闘いは素晴らしかったし、ラストの押さえ込みも鮮やかであった。

解説によるとキドクラッチだと言っていたが、キドクラッチってあんな技だっけ?

腕を極めてなくても成立するのかどうかは俺にはわからないが、とにかく田口が巧く逆転勝利を掴んだ。

 

しかし、個人的には飯塚さんとの引退マッチでその存在感を見せた天山の闘いをもっと見たかった。

 

試合後のほんわかした感じはわりと好きだが。

田口のダンスは脱力系で「こんなオッサンになりたい」と思わせる魅力十分である。

 



まとめ

 

棚橋さんの父性が光る、実写版『そして父になる』の様相を見せた尼崎大会。

このブロックのテーマは「父を超える」ということなのかもしれない。

飯伏、ザック、田口に課せられるのは、新日本プロレスのエース棚橋さんを超えて勝ち上がること。

 

しかしよくよく見てみると、棚橋さんって他の出場選手に比べてかなり易しいブロックにエントリーされているように感じる。

序盤戦が海野と田口とは。

あくまで素人目からの意見なので、実は試合の組み立て方としては難しいのかもしれないが。

 

とりあえず、内藤の敗戦は個人的にショックであった。

 

以上。

 

※毎日の更新、そろそろしんどい。。。

 


人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 最後の在校生 より:

    個人的には海野に勝ってほしかったです…
    海野を出場させるなら海野とヒクレオとかヘナーレとかを一回戦にして「一回戦突破」っていう感じにしてほしかったです。しかもハイフライで負けるんじゃなくてテキサスっていうのがねー。それじゃいつもの試合と一緒じゃないかと思ってしまいます。話変わりますが、
    僕は3.20静岡大会に行くんですがそこでうまくいけばオカダVSオスプレイ、タイチVS YOSHI-HASHIが見れそうです!(2個めは強い希望)

    • devonyamaoka より:

      どうも! 海野、頑張ってましたが、棚橋さんじゃあ負けるしかないですよね。ほかの相手に勝利して一回戦突破するのはサプライズとしては最高ですねw
      20日の静岡行かれるんですね! 羨ましい。タイチVSヨシハシは100%見られるはずw

  2. えびお より:

    海野、よかったですねえ。試合内容という意味では、前日の石井永田は推しということもあり、第三世代では一番好きな永田との対戦で気持ちよく興奮できましたが、海野棚橋は物語がホントによかった。棚橋をいつか超えていくであろう海野の序章なんだなあ…。あの棚橋の背中を追うような試合後のカメラアングルも素晴らしかったっすねえ。

    飯伏内藤。言うことなしでしたねw。観た後、風呂入ってビール飲んで、すっきりして寝れました。最高w。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 石井さんVS永田はほんと興奮しましたねw 新日本プロレスらしさ全開でした。しかも系統は違いますが、海野と棚橋さんの試合も、まさに新日本プロレスの真骨頂とも言うべきドラマだったんですよね。奥深いっすw
      内藤が負けたのは個人的にショックでしたが、今年のNJCはかなり面白いですねw 

  3. デルピッポ より:

    飯伏内藤は毎回すごいんですがその分心配になりますね。ボマイェ→タイガードライバー91→カミゴェとか内藤を殺す気かと。まぁ内藤は内藤で飯伏に危険技ガンガンやってましたけどw
    この組み合わせは年1回ぐらいでいいですね。でも飯伏がNJCで優勝できなかったら今回内藤に勝ったことでMSGかセンゴクロードかどんたくでIC戦組まれそうですけどね。
    EVILとザックは毎回噛み合った面白い試合をしますね。ザックは以前のようにネチネチ関節攻めてるうちに圧勝よりも相手の技受けて逆転勝ちするようになってから俄然好きになりました。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 内藤VS飯伏ヤバかったですねw タイガードライバー91は怖くて二度と見られないです。内藤もエグかったですけどね。ただ、心なしか内藤が元気なかったような気がしたので調子悪かったのかなとも思いました。個人的に残念でした。
      ザックのカウンター的に極める関節技がいいですよね。緊張感も説得力もあって面白かったです。

  4. リック より:

    デヴォンさん頑張って!ちゃんと毎日見てますから!

    海野素晴らしかったですね。試合としてもストーリーとしても今のところベストバウト候補じゃ無いでしょうか?
    ザックEVILもすっかり定番ですが観てて飽きないのが凄い、むしろお互いの手が合うようになってきて面白さが増してる気がします。
    飯伏内藤もまた鉄板ですけど、今回は内藤が攻める珍しい流れが観れたのが良かったです。最後のタイガードライバーはひやりとしましたが…

    今日はいよいよボスとスミスの試合、鈴木軍全員初戦突破で格の違いを見せつけて欲しいです!

    • devonyamaoka より:

      どうも! いつも見てくださりコメントまで頂けて本当にモチベーションになっております。感謝しかないです。海野の試合はドラマチックで最高でした。EVILとザックは毎回面白いですね。フィニッシュも違うし。内藤は残念でしたねー。ロスインゴはサナダが残っておりますが、ボスとの試合はヤバイっすねw

  5. tana より:

    棚橋VS海野 泣けました。
    同じリングの上にお父さんが2人もいる翔太くんは幸せですね。
    (実のお父さんちょっとアレだけど。先日のチェーズ戦思わず「んなっ!!」って声が漏れちゃった。)
    今後も応援したい。
    それよりも応援したいのが、デヴォンさん。
    このクオリティの記事を毎日書くのは大変でしょうが、ほら今日回復日だし♪♪♪
    明日からまた走り続けてくださーい。
    楽しみにしています!

    • devonyamaoka より:

      どうも! 温かいコメントありがとうございます! 回復日、俺もしっかりと休みました! 海野の成長物語はドラマチックで今後も楽しみですね。この試合がNJCで行われたことにも大きな意味があると思います。そして、2回戦もはじまってまた新たなドラマが生まれる予感。。。シリーズはまだまだ続くので、頑張って更新しまくりますのでぜひぜひよろしくお願い致します!

  6. いち飯塚さんファン より:

    毎日更新お疲れ様です。飯伏VS内藤最高でした。まさかのタイガードライバー’91に断崖式パイルドライバーその後の飯伏のツイートまで含めて最高でした。(危険な技は、内藤選手への信頼の証内藤哲也をなめるな)
    海野VS棚橋も海野の気迫が物凄い伝わってきて見てて最高に投げました。
    この日は公式戦だけでなく前哨戦も素晴らしかったです。辻陽太ナイスアタック!

    • devonyamaoka より:

      どうも! いつも読んでいただき感謝です。飯伏のツイートは内藤ファンを救うひとこともあって良かったですねー。NJCは出場選手が多いぶん、前哨戦も多彩で面白いっすw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.