プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【新日本プロレス】鈴木みのるは後藤洋央紀の挑発に乗るのか?【NEVER無差別級王座】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

『ワールドタッグリーグ 2017』(以下WTR)のシリーズが微妙に盛り上がっていない中で、俺の中での関心事と言えばNEVER無差別級王者鈴木みのるが、挑戦を名乗り出ている後藤洋央紀の挑発に果たして乗るのか?ということ。

11・5のパワーストラグル大阪大会のバックステージで、見事NEVER王座を防衛した鈴木みのるのコメントを遮ってまで次回挑戦表明をした後藤さん(以下:殿)

そのときは鈴木に軽くあしらわれておりましたが、殿いわく「絶対にやると言わせる!」ということで、WTRシリーズでの因縁が勃発したわけですが。。。



<スポンサーリンク>

 

鈴木みのる的にはけっこう迷惑そう

 

殿のNEVER挑戦表明をものすごく迷惑そうにしている鈴木みのる。

いつもなら、絡んできた奴をターゲットにして自分からタイトルマッチ挑戦を仕組む鈴木みのるですが、今回に関してはまるでノッてこない。

WTRでは開幕戦でカードが組まれ、殿自身が直接鈴木をフォールして勝利したわけですが、それでも鈴木にはじぇんじぇん効果なしという状況です。

タッグ戦とはいえ、公式戦で鈴木に土を付けた殿は、流れ的には挑戦可能なポジションにおります。

それでも鈴木が首を縦に振らないのには何かわけがあるに違いない。

ちなみに、鈴木への殿のコメントがなかなか素晴らしかったんですよね。

 

開幕戦勝利後の殿のバックステージコメント

鈴木みのる、改めてNEVERに宣戦布告だ。

俺もハンパな覚悟でNEVERの名前を口に出してないから。

鈴木みのるが強いのは誰でも知っているよ。

あんな反則しなくても、あんな介入なくても、鈴木みのるが強いのは知ってるよ。

いや、それが無いほうが逆にもっと強いかもしれない。

その最高に強い鈴木みのるを俺は倒したいんだ。

それによってNEVERの価値も上がるってもんだ。あいつから「やる」って言わせてやるから。

 

言いえて妙というか、介入なしでの鈴木VS殿は結構見てみたいかもしれない。

鈴木の強さを認めた上で、NEVERの価値を上げようという意識を見せる殿の発言にも好感が持てますね。

殿とのNEVER戦は新鮮味が欠けるなあなんて思っていましたが、何かちょっとした工夫をすればアツイカードになる可能性も見えてきました。

 

鈴木の次なる目的は一体?

 

殿の言動に対して鈴木は一切乗らないし逆に見下しまくっています。

タッグ対決で直接負けたにも関わらず、このコメント。

鈴木「オイ、後藤ごときが、俺に2回もチャンスもらって1度も勝てなかった後藤ごときが、俺の前に立つんじゃねぇ。オイ、オメェにかまってるヒマはねぇんだよ。後藤よ、あんなもの(11・18後楽園での勝利)で俺と対戦できると思うなよ。オイ、後藤よ、王様と面会したいなら、俺の前でひざまずけ。そして、願いを言え。頭、踏んづけてやる。ヘヘヘヘ」

出典:新日本プロレス公式ホームページ

殿に構っているヒマがないということは、鈴木は東京ドーム大会に向けて何か策を練っているということか。

11・19群馬大会での鈴木のバックステージコメントがなにやら意味深でした。

今からでも遅くねえぞ。

おい棚橋、俺の前に出て来いよ

そしてオカダ、ケニー、内藤、

どこに逃げてんだ? どこに隠れてんだよ?

決定してる東京ドーム、全部ブチ壊してやるよ!

 

いいね。

ぜひともブチ壊して欲しいですね。

何をどうブチ壊そうとしているのかは不明ですが、これを聞く限り鈴木のターゲットはあくまでトップ4選手ということになりますね。

そういう意味では、今回のWTR参加選手たちの中では一番向上心がある(笑)

そんな中で、今年それほど実績を残していない殿(テレビドラマ出演の実績はすごいけど)の挑戦を受けることに何のメリットがあるのか?

しかも今年は2度も戦っているので、カードが決定したとしても注目度も低く、東京ドームの集客アップにつながる要素も無いですよね。

 

そのギラついた視線の先には何が?

 

殿に今必要なのは変化かもしれない

 

鈴木みのるを挑発し続ける殿。

今回のWTRシリーズ中は、ほとんど殿のためと言っていいほど鈴木軍相手の対戦カードが組まれています。

これはもう殿にとってはチャンスなんですが、ただ突っかかっていくだけでは芸が無い気もします。

なにより、鈴木を本来の野望から目をそむけさせて、なおかつ東京ドームに客が呼べるほどの話題性を作らなければいけない。

すべては殿の仕掛け方次第であり、殿のストーリーテリングのセンスが問われる状況です。

俺が思うに、今までの殿ではこれ以上の発展はないです。

このままでは、ヨシハシの二の舞になってしまう。

何かアクションを起こして現状を変えなければ。

そのために鈴木を利用してNEVER挑戦をターニングポイントにしようとしているのならば、それを匂わせる何か壮大なアクションを期待します。

 

まとめ

 

そういえば、鈴木は矢野通に対してはめちゃめちゃ怒り狂っていたので、ひとつ手があるとすればアレですね。

最悪、ベルトを盗むしかないんじゃね?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2017 All Rights Reserved.