プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【2.11大阪その①】ジェイ・ホワイト、阿修羅のごとく【THE NEW BEGINNING in OSAKA】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2.11エディオンアリーナ大阪で開催されたビッグマッチ『THE NEW BEGINNING in OSAKA』IWGPヘビー級王座戦において、ついに「俺たちのアイドル」、「グレーテスト・ハンサム」、「ヒール界のゴールデングローブ賞」、「ベスト・ブーイングマシーン」、「イスを欲しがる貴公子」、などさまざまな呼び名で知られるジェイ・ホワイトくんがエース棚橋さんを破り、新日本プロレスの頂点に立った。

 

あまりの劇的結末に、プロレスファンは阿鼻叫喚&業界震撼の大騒ぎ。

ジェイくん王座戴冠の衝撃に、死んだプロレス好きのおじいちゃんも思わず生き返ろうとしたのか、我が家のいたるところでラップ現象が発生するという事態にまで発展したのだ(実話)

 

もちろんシリーズの流れ的に、ジェイくんが獲りそうな雰囲気はあった。

俺もジェイくんの戴冠を予想してはいたけど、いざそれが現実となってしまうとやはり興奮のあまりウンコを漏らさずにはいられなかった。

 

ヤングライオン時代もまだ記憶に新しい、凱旋して間もない26歳の若き外国人がプロレスの至宝を手に入れたその姿を見て、感動しないほうがオカシイ。

しかも完全復活を遂げた新日本のエース棚橋さんを破っての頂点である。

これぞ新時代の到来、文句なしの「NEW ERA」の実現。

 

この歴史的瞬間に居合わせたエディオンアリーナ大阪のお客さんに俺はひとこと言いたい!

 

 

 

 

いいなあ。

 

 

 

 

完全無欠の新王者誕生!

 

IWGPヘビー級王座選手権試合
棚橋弘至 VS ジェイ・ホワイト

 

イキのいい挑戦者らしい破天荒かつ天真爛漫な攻撃と試合終盤でもまるで落ちないスピード、そして豊かな発想力から生み出される巧みな試合運び。

最初から最後まで試合を支配していたのはジェイくんであった。

 

ジェイくんがあまりにも強大な存在として迫ってくるので、棚橋さんは常に大ピンチのヒーロー状態。

まるで、ゼットンのパワーの前に成すすべ無しのウルトラマン、悪魔将軍のダイヤモンドボディに悩まされるキン肉マン、全能なドグラニオ様に挑む満身創痍のパトレンジャー。

ヒーローであれば、「正義は必ず勝つ」の法則によって最後は感動の大逆転勝利を掴むはず。

 

しかし、これは日曜朝のスーパーヒーロータイムではない。

 

残酷なる下剋上のセルリアンブルーのマットで、新時代を掲げるジェイくんの執拗なヒザ攻撃によって、その機動力をどんどん奪われていく棚橋さん。

 

 

 

 

終盤には、スピーディな大技の仕掛け合いがあったり、棚橋さんがテキサスクローバーで追い込むかといった場面もあった。

しかし、ジェイくんは反撃を許しながらもその不敵な表情を変えずに、隙あらばカウンターのブレードランナーを狙い目を光らせているのだ。

 

勝つためにはどんな手段も厭わない冷血さ、ハイテンションを維持しつつ冷静に物事を見定める視点、さらに、自身のダメージを利用してフラつくことで、相手の攻撃のタイミングをスカすなどの頭脳的な戦闘スタイル。

 

ジェイ・ホワイトの完璧なる勝利パターン。

 

 

ジェイくん
「26歳という若いこの俺が成功を成し遂げ、この立場に君臨することに対し、きっと多くのヤツらが嫉妬してるだろう。その嫉妬してる姿を、鏡を見て気づくがいい」

引用元:新日本プロレス公式HP

 

 

重要なのは「若さ」なのか?

いや、ジェイくんがなぜここまで一気に昇りつめることができたのか? その理由は、次の言葉に集約されているのではないだろうか。

 

「俺は言ったことをやって来た、やるべきことをやって来た」

 

これまで多くのブーイングを浴びながらも、目的遂行のためにすべての汚れ仕事をこなしてきた。

人間、チャレンジすべきときに何もしないことが何よりも罪である。

ジェイくんの言う「やるべきことをやってきた」というのは、まさに瞬発力の問題であり、必死に生きるあまり考えるよりも先に行動することを優先し続けた結果なのではないだろうか。

 

ケニーから持ち掛けられた当時のバレクラ入りを断り、CHAOS入りして悪行を繰り返し、オカダを裏切り、棚橋さんを痛めつけた。

すべてこれ以上ないほど絶好のタイミングで行動し、新日本プロレス新時代への道を自ら切り開いてきたのだ。

内藤が言った「一歩踏み出す勇気」など、ジェイくんにはまったく必要が無い。

ジェイくんには、到達すべき「目的」こそがすべてで、そこに向かうために必要なのは、もはや「一歩」などではなく、止まらずにダッシュで突き進む「覚悟」だけなのだ。

成功するために必要なことをすべてやってきたジェイくんが、頂点を獲ったのはまさに必然だったんだね。

 

 



元気のいいバレクラ、ヨシハシに敗れる

 

スペシャルシングルマッチ
オカダ・カズチカ VS バッドラック・ファレ

 

オカダが勝利したときのカタルシス。

会場も、ここ最近味わっていなかったオカダ勝利の歓喜に湧いていた。

 

しかしファレってなんであんなにデカいんですか?

誰か教えて。マジで最強じゃんアレ。

そもそも俺はTシャツを着て戦うプロレスラーは嫌いなんだけど、それが気にならないくらいファレはめちゃくちゃデカくて強いから尊敬している。

そんな巨漢超人のファレと正面からぶつかって、いつも納得の勝利を奪うオカダも当然尊敬に値する。

 

いつも無理に持ち上げようとして腰を痛める姿が非常にスリリングだ。

見てるこっちまでギックリ腰になりそうで困るが。

 

さて、試合中にチェーズ&裕二郎が介入してきてオカダを痛めつけていたわけだが、そこへ救出に現れたのがなんとヨシハシ

これ以上ないほど慎重に花道を走ってきたので、もはや誰もが「転ばないで」という気持ちになったのは言うまでもない。

 

「助けるのか? 裏切るのか?」といった不安は、転ばずにリングにたどり着いた先にあるのだ。

 

ヨチヨチ歩きの2歳児もびっくりの心配のされよう。

 

さて、なんとか無事にたどり着いたヨシハシはオカダを救出。

今回もヨシハシは俺たち ‟裏切り予想派” の期待を見事に裏切り、名実ともに「裏切りのプロ」の称号を欲しいままにしたのであった。

 

これはもしかしたら、飯塚さん引退記念興行にて、飯塚さんの心が甦ったタイミングで、その代償としてヨシハシの心が等々力渓谷に吸い込まれるというシステムなのかもしれない。

 

まだまだ油断はできんぞ(もうやめたい・・・)

 

 

 

ボンソル石森、過去を受け入れる

 

優れたアーティストは、過去の後悔や痛い経験を自分の中に残してそれを原動力にするものだ。

それはプロレスラーという表現者もまた同じなのかもしれない。

石森自身が黒歴史と口走った「セーラーボーイズ」を精神的攻撃として利用していた田口監督だが、石森はそんな過去と正面きって向き合うことを選択。

自らリング上で「キープオンジャーニー」を踊ることで、その精神的ハンデを克服したのだ。

などと、自分でも何言ってんのかわからないくらいバカバカしい内容の文章を打ち込んでいたら頭が痛くなってきた。

 

石森は、前哨戦やtwitterでの発信などでも、しっかりと田口のお笑い演出に対応していて素晴らしいと思った。

息子は田口監督を全面的に応援しており、今回の敗北の瞬間こう叫んだ。

 

「田口は、もっとやれる男のはずだ! 」

 

タグチジャパンの田口監督はまったく評価していないが、在りし日の強い田口のことを今でもずっと崇拝し続けている息子。

 

今回の王座戦では、ドロップキックをはじめ飛んだり跳ねたりと昔を彷彿とさせる動きを見せ、慣れない事をしたせいか中盤あたりで息が上がっていた印象。

これが田口の限界なのかもしれない。しかし、息子が諦めない限り、田口本人も諦めずにトップを目指して欲しい。

 

ちなみに石森の次の防衛戦でのライガー指名、お祭り感あっていいんじゃない?

 

 

 

タマ・トンガはグッドガイの夢を見るか?

 

グッドガイのときに溜まっていたストレスを放出させるタマちゃん。

結局、タマちゃんは無理してグッドガイを演じていたってことなのだろうか。

 

札幌大会で観戦しているとき、グッドガイのタマちゃんの動きひとつひとつが面白くてマジ最高だった。

カメラに写っていないところでも、他のメンバーと善と悪の葛藤コントを続けていて、試合内容がまったく頭に入って来なかったけど、とにかく笑わせてくれた。

 

あのグッドガイの面白タマちゃんがもう見られないのは淋しいけど、意味もなく怒り散らしている新生バッドボーイのタマちゃんも刺激的であった。

観客のハンドバックの中身をブチまけたり、カメラマンを花道から突き落としたり、なかなかシャレにならない暴君ぶりである。

ふり幅スゴイけど、中途半端にやるよりはずっとマシ。

これからのストーリーにどう絡むのかが期待だ。

 



まとめ

 

大阪大会ではまさかのバレクラ祭りであった。

ファレは負けてしまったが、全体的に見ればバレクラの待遇の良さが伺える結果で羨ましい。

ジェイくんのIWGP王者としての防衛ロードはどんな展開を見せるのだろうか?

普通であれば、負け続けているオカダがここでリベンジに立ち上がるのが妥当だと思うが、果たして?

 

ではでは。

 

 


人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. たまご より:

    あなたは天才ですか?!
    毎回毎回面白くて、声に出して笑ってしまいます。
    大好きです!
    これからも更新を楽しみにしています。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 面白がっていただけて本当にうれしいです! いつも「これって面白いの?」とか自問自答しながら書いているので、ほんとありがたいw こちらこそよろしくお願い致します!

  2. リック より:

    ケニーやジェイの言う通り、棚橋の試合は「棚橋は負けたらレスラーとして終わるんじゃないか?」という祈りや不安と隣り合わせで見ていたような気がします。ジェイ戴冠は意外でしたが正直ホッとした気持ちも否めないんですよね。
    ジェイにはまだ早いという意見も多いですが、逆に言えばあの若さで重責を背負う覚悟があるということ。これからの防衛ロードが非常に楽しみです。

    棚橋はついにヒールターンをするのか、はたまたオカダとタッグ戦線に参入するのか。膝が厳しいとはいえ引退するようなことはないと思いますので、今の棚橋だからこそ見せることの出来る棚橋を見せて欲しいです。

    ヨシハシが裏切るのはデヴォンさんだったということか…
    もう…無理しなくて良いんですよ

    • devonyamaoka より:

      どうも! ジェイくんの昨年後半からの勢いと偉業の数々を考えると、今回の戴冠も納得なんですよね。負けても棚橋さんの輝きは色あせないと思うので、ヒールターンはまず無いと思いたい。というかヒールターンするタイミングはすでに逃している気もするんですよねえ。オカダがジェイにリベンジするまでは、友情タッグは続くと思っています。ヨシハシはもはや俺たちとは別次元を生きているという結論に至りましたw そのへん次のブログでくわしく書いていますw

  3. ジュン より:

    裏切る→裏切る
    裏切らない→(期待を)裏切る

    どちらに転んでも裏切りだから確かに「裏切りのプロ」ですね。
    飯塚さんが抜けた後の裏切り要因を埋めるのはYOSHI-HASHIさんだったとは

    • devonyamaoka より:

      どうも! 我々はヨシハシの仕掛けた裏切りのループに見事ハマってしまっていますねw 飯塚さんの引退もジェイくんの戴冠も、すべてヨシハシが裏で糸を引いている可能性ありますよw 

  4. デルピッポ より:

    ジェイが勝ったほうが面白いとは思ってましたが、いざ本当に勝っちゃった瞬間は少し言葉を失いました。ブレードランナーはカウンター一発で試合を決めれるいい技ですね。
    ケニーからIWGPを剥がすのは棚橋しか適任者がいなかったのでしょうがないと思いますが、やはり今シリーズの前哨戦を見てても棚橋の身体はすでに限界を超えてましたからねぇ…もう無理だ発言も出ちゃったのはショックですね。絶対に弱音を吐かない人ですから。
    こうなることを踏まえてのオカダの本隊合流路線だったのでしょう。しばらく休んだほうがいいと思いますが、休んでも治るわけじゃないでしょうし難しいところですね…

    個人的にはジュニア王座戦が単純な試合の面白さだと一番良かったと思いました。笑いどころや上手さ、熱さもあり時間もちょうどいい。こういう色んな要素が詰まった試合は結構好きです。
    ライガーのマイクがかっこよくて痺れました。やはりライガーに勝ってこその真のジュニアの王者ですからね。何回目のライガー最終章だよと思わなくもないですがw今後こそ最後の挑戦になりそうなので旗揚げ記念日は見逃せませんね。
    ライガーにも勝って防衛したら次は金丸戦が見たい。ノア時代から石森はシングルで金丸に勝ったことないらしいですし。

    • devonyamaoka より:

      どうも! そうですよね。あのエースが弱音をはいてしまったというのは確かにショックだ。オカダのリベンジは濃厚ではないでしょうか。非常に楽しみです。
      ジュニア王座戦はエンターテインメントとして完成されていましたねw 田口監督の演出力が凄いし、ボンソルの対応力も凄かったです。ライガーはあのマイクだけで貫禄を見せつけて、俺は「ズルいなあ」って思いましたよw 金丸の王座挑戦、ぜったい実現させて欲しいです!

  5. 7070 より:

    こんにちはー。ジェイ君IWGP取りましたねー。
    棚は好きですが、是非ジェイ君には新しい風をふきこんでほしい。
    そうそう、イッテンヨンのときは黒髪にグリーン系のカラーをいれて、全身白いコスチュームがかっこよかったですねー。風格もあって。。
    私の目の錯覚だとはおもうんだけど、
    イッテンヨンのジェイ君のボワイトのジャケットの背中の柄がなぜかファッションブランド
    「H/&M」のショッピング袋のがらに見えて仕方なかったです。笑
    だとしてもかっこいいんですけどね!!(^-^)

    • devonyamaoka より:

      どうも! ジェイくんついにやりました! 俺も棚橋さんは大好きなんですが、負けるならジェイくんが妥当かなと思っていました。やはり新たなスターを創るのであれば、棚橋さん越えしなければですよね。ジェイくんのファッション、そんなにしっかり見ていないので、全然気が付きませんでしたw よく見てますなw ハリウッド級のカッコ良さだから、実はどんな格好でも結局「気品」が出てしまうんでしょうけどw

  6. tana より:

    始めまして。
    YOSHI-HASHI検索でヒットしてこちらに辿りつき、いくつか記事を拝見しとても面白くてコメントせずにはいられませんでした。

    私は去年の12月に棚橋さんに突然恋をして、先日の2.9と2.11に初めてプロレス観戦をしてきました。
    前からアメトークとか見ていてかっこいいなぁとは思っていたのですが、ふとご本人のブログを拝見して知性とユーモアを感じ、インスタ見てどストライクだったので、恋に落ちた次第です。注)人妻です。
    ファンクラブ、スマホサイト、新日本プロレスワールドにも登録して、この2か月間動画を見まくり寝不足になり、各選手のヒストリーまで頭に入った状態での初観戦、とても楽しかったです。

    2.9の第2競技場では初めて見る生のぶつかり合いに悲鳴が我慢できませんでしたが、プロレスを身近に感じることができてとても楽しかったです。
    棚橋さんが最後怒ってジェイを追いかけて退場という演出が少し残念だったけど。。。
    (最後触れるかもという期待が大きすぎて)
    2.11は花道とビジョンがある豪華な開場で大いに盛り上がりました。一人で。
    結果は予想していたので、、、仕方ないなという感じです。GO ACE!

    こんな感じで棚橋さんに誘われてプロレスの沼に片足を突っ込んだわけなのですが、
    貴ブログは初心者の私にもわかりやすく人間模様を紹介してくださるので大変勉強になります。
    何より棚橋さんファンでいらっしゃるから読んでいて気持ちがいいーっ。
    YOSHI-HASHIショックの一連の記事オモシロすぎます!
    YOSHI-HASHI選手のバックステージコメントの動画で目線が定まらないのを見て「この人・・・弱いな」とは思ってだけど、
    そうかっ、心がないからかっ!と納得。
    選手もファンも優しいですね。
    ま、それも人間模様の一部ですね。

    来月は奈良へ行きます。
    NEW JAPAN CUP楽しみです~♡

    長文コメント大変失礼いたしましたー

    • devonyamaoka より:

      どうも! 棚橋さんファンなのに「ヨシハシ」で検索するあたり、もはやクロウトのプロレスファンですねw 選手から入ってプロレスファンになったなら、やはり棚橋さんの影響力&存在感は凄いんだなあ。大阪大会行かれてたんですね、ほんと羨ましいです。今度は家族も巻き込んで観戦してみてはいかがでしょうか。語れる相手が身近にいるとますます面白いと思います! ブログ読んでいただき感謝です。ヨシハシネタはヨシハシ愛あってこその文章ですので、みんなで彼を応援しましょうw
      くだらなすぎる内容のブログですが、今後ともよろしくお願い致します!

  7. 4484NOT FOUND より:

    棚橋のプロレスを受け継ぐのはジェイ・ホワイトだと思っています。
    なんでも出来るけどなんでもはやらず、最低限のクラシカルな技で組み立てて所作や表情でカバーするのは棚橋のプロレスとそっくりですよね。
    ただ、そういう「引き算のプロレス」を棚橋が意識し始めたのはレスラーとして経験を重ねてからと語っていたので、弱冠26歳でその境地に至るとは…
    なんとも恐ろしい男です。

    • devonyamaoka より:

      どうも! たしかにジェイくんのプロレスは、実はベースがしっかりしているんですよね。パフォーマンスでうまくアレンジしているってところも上手いっす。「引き算のプロレス」は鈴木もキャリアの途中で見つけていましたが、ほんとあの若さでやっているジェイくんは凄い。どんな大物に成長するのか楽しみです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2019 All Rights Reserved.