プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【内藤の正論炸裂】ファンの気持ちをないがしろにしてることに無自覚な運営【WORLD TAG LEAGUE 2018】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

内藤
「今日、新日本プロレスの公式Twitterがこうつぶやいてたよ。『夢の合体まであと8日』って。オイオイオイ、それ、試合のある日につぶやくことなの? いま『WORLD TAG LEAGUE』中だよ。新発田大会に出場する選手、そして新発田大会のチケットを持ってるたくさんのお客様に対して、失礼だと思わないんですか? なにより、この『WORLD TAG LEAGUE』にエントリーしてる選手に失礼でしょ」

 

11.21新潟・新発田大会のバックステージにて、我らがファンの代弁者である内藤が口にしたコメントです。

 

今年は過去最高の業績を更新して、海外戦略を中心にチカラを入れてきたおかげで国内外でファンも増加、グッズ売上も順調、新社長のコスプレのバリエーションも豊富。

まさに乗りに乗っている状況の新日本プロレス様が、堂々と地方大会をないがしろにしているような煽りをして、さらに盛り上げるべき本シリーズ『WORLD TAG LEAGUE 2018』なんかオマケであるかのような態度を決め込む。

 

なんというデリカシーの無さでしょうか。

 

あの社長、自身のコラムでは「見どころ満載のワールドタッグリーグで私もワクワクしております」などと白々しいことを書いていますが、どこをどうワクワクしているのか具体的に説明してみろとツッコんだら、おそらく動揺して目を泳がせながら「あ、そう言えばスマブラの予約忘れてた、TSUTAYAに行かねば」などと言い放ってその場を逃げるように立ち去ることは明白。

 

それほどまでに会社の無関心さが際立つ今回のシリーズですが、参加選手のみなさんは当然のように盛り上げるために必死です。

公式戦の注目のカードはどれも面白く、地方大会は後日配信だから結果も知っているのにも関わらず、熱く激しい攻防を見ることができました。

 

選手とファンたちはとても熱いというのに、会社はその真逆で氷河期みたいに冷え切っている

あろうことか、こうして公式twitterで「オカダと棚橋のタッグもうすぐ見れるよー」などと、さらなる追い討ちで氷の塊をぶん投げてくるという血も涙もない冷酷さを見せてくるの、マジでどういうつもりなの?

 



超重量級対決なのにLIVE配信ナシ

 

LIVE配信されない公式戦の中には、定点カメラのVTRではもったいないと思えるほどワクワクする試合がたくさんありますよね。

たとえば11.20富山大会で行われた、KES VS マイケル・エルガン&ジェフ・コブ戦。

 

巨大な外国人同士によるパワーVSパワーの究極対決。

こういった規格外の人たちによる常識ハズレな戦いは、俺たちみたいな平凡な小市民にとってかけがえのない娯楽なのです。

 

コスプレ社長様のように、勤勉で、努力家で、ユーモラスで、愛嬌があって、周囲の人々に愛され、これまで多くの成功体験を重ねて生きてきたような方にはわからないかもしれませんね。

その証拠に、今回のリーグ戦でもっともヤバイチーム同士の対戦カードがLIVE配信ナシ。

所詮、庶民の我々とは価値観がまるで違うのです。

 

この試合は、もうまるで『アベンジャーズ』におけるハルクVSハルクバスター戦を彷彿とさせる超ド級の化け物対決で、ドタドタとリング上を右往左往するだけで地響きが聞こえてきそうなとんでもない重量感でした。

 

 

 

アーチャーがエルガンにとんでもないチョークスラムを!

 

 

アメリカンサイコと呼ばれるランス・アーチャーはどう見ても「あぶないやつ」ですが、こういう人は実はプライベートでは常識人であることがよくありますよね。

反対に、いつもニコニコしているデイビーボーイ・スミスJr.のほうが、なにげに2,3人殺害してそう(素手で)

 

そんなKESと対峙するエルガン&コブの、ゴムマリみたいな筋肉の塊が縦横無尽に暴れまわる姿も凄かったです。

ブレーンバスタ―で持ち上げたまま、コブとエルガンが替わりばんこに渡し合うという「やってる意味はよくわからんがとにかく凄いパワーだ」と全人類が例外なく口走りそうなパフォーマンスもあったりでもうノリノリ。

世間的に不仲だとウワサされていた2人ですが、実は「ビジネス不仲」であった可能性が高いですね。

 

とにかく新日本は、このような、観戦するだけでどんな天才でも知能指数がゼロ以下になってしまうようなカードをもっと大々的に見せる心の広さが必要です。

 

「スタイリッシュな試合やイケメン同士の試合のほうがプ女子も好きだし需要がある」などと思っているなら大間違いです。

 

プ女子ブロガーのらららさんも大絶賛の戦いであったこともここに証拠として提示しておきます。

『プ女子の、プ女子による、プ女子の為の!プロレスブログ』

 

 

 

地元で大人気対決なのにLIVE配信ナシ

 

11.21新潟大会は、新潟出身の選手同士による“どちらが地元で人気か対決”で大いに盛り上がりました。

 

EVIL&SANADA VS 高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ

 

こういった、地元でヤンチャだった人間が、立派になって錦を飾るみたいな状況にはわけもなく感動してしまうたちなので、高橋裕二郎とSANADAとのマッチアップにおける観客の大声援には涙が止まりませんでした。

 

 

 

それぞれのコールが自然発生し、みんな彼らの地元での戦いを応援しているんだなってのが伝わる良い雰囲気。

二人の戦いはとてもエキサイティングでそれでいて清々しく、相方のハングマン・ペイジも躍動してて本当に素晴らしい試合で感動しました。

 

こんなことで泣いてしまうのは、俺が感傷的な性格だからでも、オッサンだから涙腺が緩くなったわけでもなく、単に「出世して故郷に錦を飾る」ことに俺自身が憧れているからかもしれません。

 

だってこんなに頑張って立派にやってるのに、いまだに地元に帰ると「見てごらんよ、山岡さんちのボンクラ息子が実家に帰って来てるよ、どうせ母ちゃんに金の無心にでも来たんだろう」などと近所のクソババアにウワサされる始末だからだよこんちくしょう! 見てろよ! 俺だって、どっかのコスプレ社長のようにいつかは「デヴォンの部屋」とかいうコラムを連載して、みんなからチヤホヤされてやるんだからな!

 



まとめ

 

開幕前は「主役不在すぎる」「ワクワクするチームがいない」といったマイナスの部分を指摘して不満をブチまけていましたが、いざ始まってみると、やはり楽しめておりますよ俺は。

 

鈴木軍3チームによる同門対決、前王者イビサナのチームとしての進化、エルガン&ジェフ・コブの迫力、若手チームの魂あふれる戦いっぷり。

 

会社が意図的に盛り下げようと必死ですが、俺たちファンはそんな横暴に負けずにこのタッグリーグを盛り上げていきましょう。

 

内藤
「まあ、棚橋・オカダ組を宣伝したい気持ちはわかるよ。でもそれさ、せめて試合のない日にやってくれるかな? まあ、棚橋・オカダ組、そんなに楽しみならさ、いっそのことシリーズ名変えた方がいいよ。そうだなあ……『Road to DREAM TAG』にでも、今すぐ変更しろよ、カブロン!」

 

 

あ、それいいかも名案。

 

ではでは。

 

 


人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ヨシムラ より:

    新発田大会、観戦してきました。前回より約1,5倍の入り。KESにTシャツにサインをしてもらい、ウキウキの母、異様な弾けっプリのなりきりマッチョマンとおじいちゃんみたいなのにサインしてもらい喜ぶ弟。会場は第一試合から盛り上がりましたよ。bossは田舎の会場でも殺気だしまくり。やはりプロです。すごい人気でしたね。ブーイングなどなしです。ヒール不在。何をしても沸いてます。
    メインははちきれんばかりの声援でした。9時になると勝負がきまる御約束。さかあがりで、ショウかヨウがしとめられました。オカダのドロップキックオフなし。
    年に一度の大会。みんなおまけのシリーズとわかっているのだか、いないのかは、わかりませんが、みんな楽しみにしていたのがよくわかりました。
    物足りなさを強く感じながら帰りました。

    来年は棚橋+メイ社長vsロスインゴによる政権争奪戦になるのではないかと。
    内藤選手が社長なるとか言い出して構想するアングルとか。

    今の新日本プロレス、まったく先が読めません。
    あと、ケニーさん、なんでここまで試合数を減らしているのかと疑問です。外国人枠だからいいのかしら?もう二年も生で見てないです。あっちに行ったら毎日痛み止め打ちながら試合しなきゃならないのに、行くのかなと年明けはいつも心配です。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 新発田大会、やはり盛り上がってたんですね。ワールドの配信で見たら本当に地元スターの2人への声援が感動的でした。おじいちゃんみたいな人のサインは、対象選手がけっこういすぎてもはや誰かわかりませんよw 逆上がりで仕留められたのが誰かも覚えていないとかww でもそう言って結構楽しんでいらしたみたいでなんか羨ましいですw
      体制VS反体制の構図でいくとしたら、もうメイ社長のやつが前に出てくること間違いなしですな。あいつ、やっぱりリングに上がるのが目的かw
      ケニーの今後に関しては、いろんなウワサ&情報が出ていますが、もう何かを予測して語るのが虚しいような気持ちです。ドーム大会間近になりましたら、考えをまとめて記事にしたいなと思っております。

  2. えびお より:

    チョークスラム画像、笑いましたwww。試合通して、こんな感じでしたね、まさに。こういう画像を思いつくとか、引き出し多いですねえ、デヴォンさん!
    KESはホントに立ってるだけでゴージャスでカッコいい。あの巨体の説得力があれば、技数たいして要らんなっていつも思います。ボティスラム、バーン、ロープから返ってきてバーンって、おおおーーってなりますもんね。で、相手がエルガン&コブ。えげつないことになるのが決まってるのにライブ配信なしですもんねえ…。まったくもって、デヴォンさんに同感です。

    ウンコエッセイ、面白かったですw。笑いましたw。

    • devonyamaoka より:

      どうも! いろいろ褒めていただきありがとうございます! ウンコのやつはただの自己紹介文ですw あれを読めば俺がどんな人間か即座にわかるだろうと。
      KESとエルコブの迫力、もちろん現地で見るのがイチバンでしょうけど、ライブでやらなかったのは本当にもったいないと思いました。実況もあったらさらに盛り上がっただろうなと。いろいろコスト面で大変なんでしょうけど、タッグリーグを節約の対象にしないで欲しいですよね。

  3. リック より:

    メイ社長に変わったのが半年くらい前なので、今年度のブッキングには関わっていないような気がします。
    なので本当に手腕が試されるのは1.4以降でしょうかねぇ、それからもこの調子ならちょっと心配ですが。

    ライブ配信を増やして欲しいというより、固定カメラの廃止と収録でも良いので実況して欲しいです。諸事情は理解しますけど、手抜き感が強すぎるので…

    先日もコメントしましたが、新日はネットをもっと重視するべきでしょうね。内藤はおそらく細かくチェックしてる故に的確なコメントができるんでしょうし、会社も見習って欲しいです。

    • devonyamaoka より:

      どうも! まあそもそもメイ社長がどこまでブッキングに関わっているかもわからないんですけどねw 単に文句を言う対照として名指ししているだけですw
      来年のワールドがどう展開していくかは本当に見ものですね。ある程度、視聴者の意見も読み取るんじゃないかなとも思います。ネット会員は確実に増加しているので、改善は常にしていくだろうなと思います。今後に期待しましょう。

  4. デルピッポ より:

    まぁ棚橋オカダの共闘が楽しみなのは僕もそうだしみんなそうでしょうけど、会社は今現在WTLを戦ってる選手たちに失礼だとは思わなかったんですかね。
    そりゃ会社がそんな態度じゃ選手たちがどれだけ面白い試合しても盛り上がるわけないよねって話です。選手たちが可哀想ですよ、余り物扱いされて。

    新潟対決はホント良かったです。裕二郎も久々にマイアミシャイン出しちゃうぐらい頑張ってましたし。
    イビサナvsエルコブ見て密かにエルコブを応援し出したんですが、3連敗は残念です。イビサナとKESに負けるのはまだいいとしてまさか軽薄コンビに負けるとは思いませんでした…
    エルガンは例の件で海外人気が無いそうなので、海外戦略(笑)が大事な新日的に推せないのかもしれませんけど、それでもコブがジョバー扱いとか酷すぎませんかね。SJTLでのCMLLタッグの扱いの悪さも気になってたんですが、文句ばっかり垂れて試合は出ないどこぞのTシャツ屋さんを優遇してる暇があるならちゃんと巡業に参加して一生懸命やってくれてる外国人を大事にすべきじゃないでしょうか。

    • devonyamaoka より:

      どうも! オカダ棚橋が見たいのはみんなの総意であるとして、そこをどう扱うか?って部分で工夫が欲しいところですよね。純粋に楽しめない状況ってどうなんだろう。せっかくのドリームタッグなのに。
      エルコブは強いのになぜか勝てないという、またも不遇な目になってますね。ザ・軽薄にすら負けるとは。エルガン本当に凄いレスラーなのに報われな過ぎ。コブはちょっとデブすぎて俺は個人的にそれほど評価してませんがw どこぞのTシャツ屋さんへの批判も多くなってきてるみたいですが、これもすんなり立ち去るための作戦なのではないか?と勘ぐってしまいますw

  5. ふうさん より:

    どうも!
    富山大会観戦してきました。
    KESが立ってたので即Tシャツ購入してサイン貰って2人にグータッチしてもらいました。
    あの2人生で見るとスゲ〜デカい!
    筋肉ダルマ2人との試合も最高に面白かったです。
    キラーボムとチョークスラム見てたけどエルガン死んだんじゃね?みたいな感じでした。
    BOSSにもサイン貰ってにこやかに握手の手を差し出したらスゲ〜睨まれました笑
    いや〜最高だわ!何がファンサービスか分かってらっしゃる。

    メインはお決まりの逆上がりで田中がやられたような気がしたけど、「ブエナスノーチェス高岡〜!!」から「で、は、ぽん!」までの台詞が来場前から頭に浮かんでたので即帰ってきました。
    ストリーミング配信で台詞確認しようと思ってたらリーグ戦以外は配信無いんですねw

    鈴木軍のバスタオルも振り回してきたし結構楽しんで帰ってきました。
    来年は鈴木軍軍団着買おうかな?笑

    鈴木軍、いちばーん!

    • devonyamaoka より:

      どうも! KESとグータッチなんて最高の経験ですね! 羨ましい。。。鈴木軍デイだったんですねー。デハポンコールせずに帰るとかw なかなかのアウトローっぷりですなw さすがっす。鈴木軍いちばーん!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2018 All Rights Reserved.