プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【NEVER王座戦決定】後藤洋央紀、雲ゆえに自由を生きる男【WORLD TAG LEAGUE 2018】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

正直、NEVER無差別級王座に関しては、11.3『POWER STRUGGLE』にてタイチと後藤のリマッチが嫌々行われ、さらにあろうことか後藤がベルトを獲り返すという脱力必至な結末を迎えたことで、個人的に興味を無くしてしまっておりました。

 

【試合後のバックステージにて】

後藤
「見ただろ? 俺とNEVERは、相思相愛なんだよ。タイチ、お前のお望み通り、リマッチはこれで終わりだ。次、飯伏幸太、指名させてもらいますよ。NEVERにも、新しい刺激が必要だ。その点、彼は、一番適任かな? いい返事を待ってますよ」

 

もはや俺には、こいつが何を言おうが耳を傾けてやる気などないので、もう勝手にしてくれと。

 

 

その直後にはもう飯伏に却下されている後藤ですが、当然のように飯伏が受けようが却下しようがそれすらも興味がないので俺は無視していたわけです。

 

しかし、どういうわけかそんなイラっとするような後藤と飯伏のtwitter上のやりとりが、見たくもないのにタイムラインに流れてくるではありませんか。

 

おいおいおい、カンベンしてくれよ。

 

大好きなプロレスブログのひとつである『全てはプロレスである!』で、ブログ主のろけねおさんも言ってました。

 

世間の皆さんは、twitter上における後藤洋央紀選手と飯伏幸太選手のやりとりを楽しんでおられる方が多かったようですが、僕はぜんぜん面白くなかったので、ほぼほぼ追いかけてませんでした。そもそも2人をフォローしてないですから、僕のフォロワーの方がリツイートしたのを読むという感じで、ほんのりと流れを掴んでいるという感じでした。

 

そうそう。まったくこんな感じで、俺も誰か熱心なファンの方のリツイートを見てその茶番劇を知ったわけですが、何かがおかしい。

 

俺のフォロワーさんって、後藤のファンはそんなにいなかったはずなのに、なぜこんなに流れてくるんだろう。

 

 

いくらなんでも、飯伏とのやりとり以外のこんなバカみたいなつぶやきまで流れてくるなんて、まさか誰かの嫌がらせ?

 

巷では「プロレスファンの嫌いなブログナンバーワン」とも言われている俺へのサイバーテロなのかもしれないと戦慄して震えてみたりもしたんですが、よく考えたらずいぶん前に俺が自分で後藤をフォローしてたんだった。

 



後藤、飯伏を奇策で釣り上げる

 

さて、後藤はtwitter上で何度も飯伏を説得するも、頑なに却下されるわ、タイチにもバカにされ絡まれるわ、といった感じでそんなやり取りが数日のあいだ展開していました。

 

 

この2人に関しては、単に『北斗の拳』ごっこをしたかっただけではないか? という疑いもあり、さらに飯伏にはそこに乗っかるほどの『北斗の拳』の知識がなかったということも浮き彫りになっておりましたが、そんなこたあどうでもいいんです。

 

不毛と思えたツイート合戦が行われているさなかの『WORLD TAG LEAGUE 2018』11.18後楽園ホール大会。

この試合後のリング上で、まさかの大逆転劇がさく裂するわけです。

 

後藤「飯伏! 次の、NEVER無差別級タイトルマッチ・・・諦めるよ。却下ばっかされちまって、悪かったな」

 

飯伏「ちょ・・・ちょっと待って。ちょっと待って下さい。なんで、なんで諦めるんですか?! やりましょう!」

 

それまで却下却下と言い続けていた飯伏が、後藤の「諦める」発言に、いともたやすく撃沈されてしまうのでした。

 

【後藤(バックステージにて)】

「押してダメなら引いてみなって言葉があるけどね。こうも上手くいくとは思ってなかったですよ」

 

後藤の見事な作戦に、twitterでのやり取りを見ていたファンは狂喜乱舞しておりましたが、果たしてtwitterを見ていなかったファン(けっこういると思う)には、あのリング上での唐突なコントはどう映っていたのでしょうか。

いきなり即堕ちする飯伏の姿に、違和感を感じる人はいなかったのか?

 

というか、そもそも選手のtwitterまで追っていないとついていけないストーリー展開って、これから世界に羽ばたこうとしている新日本プロレスとしてどうなんだよ? といった疑問を誰ひとり投げかけていないのはなぜなんでしょうか。別にいいけど。

 

 

 

 

NEVER無差別級王座戦決定!

 

後藤の献身的(?)なNEVER挑戦者勧誘の甲斐あって、ついに王座戦が決定したわけですが、なんと舞台は『WORLD TAG LEAGUE 2018』優勝決定戦が行われる12.9岩手大会となりました。

 

てっきり東京ドームのカードになると思っていたので、こんなに早く行われることにびっくりしましたよね。

発表を聞いた俺は、あまりのショックで食べ物が喉を通らなくなるほど(お腹いっぱいだったというのもあるが)

 

他の選手たちのタイトルマッチは東京ドームで決まっているのに、なぜNEVERだけいきなりこのタイミングで?

 

 


「後藤と飯伏のNEVER王座戦、なんとまさかのワールドタッグリーグ決勝戦の12.9岩手大会で決まったみたいだよ」

 

カミサン
「そうなの? そもそも決勝戦が岩手でやること自体が初耳だわ。というより初夢ね。新春でもないけど」

 


「なぜ東京ドームではなく、わざわざ岩手なんかでやるんだろう。言っとくけど別に岩手を田舎だとバカにしているわけじゃないよ、ただとても不思議に思ってね」

 

カミサン
「別に。いいんじゃない? 岩手と言えば吉幾三のふるさとだし。あ、あれは青森か。というか、東京ドームではオスプレイと飯伏のカードが組まれるから、その前にベルトが飯伏に移動するんじゃない? 単純な理由よ

 

 

 

意味もなく無駄な小ボケを挟みながら言ったカミサンのクールなひとことに俺は驚愕しました。

 

東京ドームでオスプレイと飯伏のカードが組まれるから?

 

なぜそんなことがわかるんだ?

まさかカミサンは予知能力でも持っているのか?

 

自分の長年連れ添ったパートナーが、実はミュータントであるという疑いにさいなまれながらも、東京ドームでオスプレイと飯伏がNEVER王座戦をするなんて非現実的な予想をしている人は他にもいるのかどうかをネットで検索。

 

すると、意外にもプロレスファンの200%が、カミサンと同様の予想をしていたのでびっくり仰天。

あれ? そうなの?

 

とか思って俺もいろいろと今までの流れを思い返してみたんですが、というか思い返すまでもなく飯伏とオスプレイじゃんこれ。

 

つまり何が言いたいのかというと、みんなにバレてるよってことと、NEVERベルトを失った後藤の今後はどうなるの?ってことです。

 

 

 

 

2019年、後藤は間違いなくブレイクする

 

ところでみなさんは、後藤洋央紀の日記を読んだことありますか?

プロレスラーというのは意外と多才というか、いろんなことが器用にできる人が多くて、文章をしっかり書ける選手も少なくないです。

最近だとタイチ選手やKUSHIDA選手なんかは文才があるなと感じておりましたが、後藤もまた類まれなる文才の持ち主でした。

 

とにかく日記がバカバカしい。

何を言いたいのかよくわからないけど、なんかパワーだけはやたらある文章で、俺なんか読みながら声出して笑ってしまいました。

 

いちばん最近の日記は、例の飯伏を口説き落とした後楽園ホール大会の直後に書かれたものでした。

 

きっとNEVER王座戦についての意気込みでも書いてあるんだろうなと思って読んでみると、なんとほとんどアメリカ遠征から日本へ戻るフライトで眠れず気持ち悪かったという話でした。

すごくどーでもいい情報なのに、その文体がくだらなすぎて楽しく一気に読み切ってしまいました。

 

誰かの心を掴みたいという気持ちがゼロな文章と言いますか、裏表のない純粋なる等身大の言葉で綴られた素直な文章

 

後藤はレスラーとして向上心が足りないとか、温厚すぎるゆえに弾けられないとか、天然で不器用とかいろいろ言われていますが(というか俺がそう思っていた)、文章にもその真っすぐさが現れていて、でも同時にリングでは見せないユーモアがしっかりと出ているのが面白いなと。

 

もしかして後藤って、まだまだ伸びしろがある発展途上のレスラーなのかも。

 

現状で「強さ」は間違いなくて、キャリアもあって試合も面白い。

足りないのはストーリー作り&コメント力の技術のみですが、そこが向上する余地は十分あります。

 

これが満ち足りたとき、後藤洋央紀に死角は無くなります。

 

後楽園ホールでの飯伏とのやり取り、ならびに最近のtwitterを使いこなしている感、そしてこの日記の面白さ。

間違いなく後藤は、少しづつ進化しているように見受けられます。

多くの批判を浴びながらもNEVER無差別級ベルトを奪取し、絶賛の中で飯伏の挑戦を決めたまさかの大逆転劇。

 

これは、後藤が2019年にさらにトップへと躍進する大きな予兆なのかもしれません。

 

 



まとめ

 

新日本プロレスの雑な軌道修正のせいで、後藤は多くのブーイングを浴びて批判にさらされてきました。

しかし、それによって後藤さんの自由気ままなイメージといいますか、twitterでも寄せられた心無い批判リプライをどこ吹く風と受け流す姿がとても印象的に映りました。

 

 

 

後藤洋央紀、まるで空に漂う雲のように自由な男。

 

雲ゆえの気まぐれのリマッチ、雲ゆえの自由気ままなマイク、雲ゆえの掴みどころのない行動。

 

ついに動き出す、雲の荒武者による、ゆるやかなトップ戦線への道。

みなさん、NEVER後のの動き、大注目ですよ!

 

今日のところはそんな感じ!

ではでは。

 

 


人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. えびお より:

    なんかもう、俺の周りでは、すべてはオスプレイがケガしたのが悪い、そのせいで後藤は批判にさらされ、タイチはリマッチでベルトを奪われ、飯伏は(ストーリーがなかったから)とりあえず却下しなきゃならなくなった、ってことになってます。オスプレイ、東京ドームまでにしっかり休んで治して、すごい試合見せてほしいです。後藤は、ヘビーに向かってストーリーを準備してくれー!NJC、楽しみにしてるから!

    • devonyamaoka より:

      どうも! まあ大事なストーリー展開に支障が出てしまっているんで、ケガは本当にしないでいただきたいというのは正直なところです。でも、新日本も選手のケガを想定して、複数のプランを仕込んでおくべきだとも思いますよね。オスプレイしかりコーディしかり、対応が雑なので軌道修正もままならないという対応の悪さをなんとかしていただきたい。後藤はこれを機にどんどん制御不能にシフトチェンジしてもらいたいですね!

  2. よしお より:

    後藤防衛からの柴田復帰&挑戦ってのはないですかねー?

    • devonyamaoka より:

      どうも! 十分考えられる展開とも思えます。それは本当にアツいっすw 柴田のリハビリがどこまで進んでいるのか、ドキュメントを見ても判断できないんですよね。いきなり挑戦は難しいかもしれませんが、復帰宣言くらいならあるかもしれないっす。

  3. リック より:

    後藤の評価は良い意味で下がり切ったんでしょうね。これからは上がるだけなので自由に色んなことをしてくれたら嬉しいです。

    NEVERの飯伏オスプレイは確定と思いますが、先日イギリスでタイチが試合したんですけど、そこにオスプレイが介入してるんですよね。
    流石に3wayは無いと思いますが…せっかくなのでオスプレイ戴冠からのタイチとタイトルマッチを期待したいです。

    SNSに関しては本当に詳しく知りたい人は自分から見るでしょうし、個人的にはあまり目くじら立てる必要は無いかなーと。
    ただ、公式の展開として扱うのであれば簡単にまとめて公式サイトに掲載するなどの配慮は欲しいですね。
    新日の公式サイトは更新されていない箇所が目立つので、世界向けを目指すのであればそういった所にも力を入れて欲しいです。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 「下がり切った」というのはあるかもしれないですね。現に俺も散々文句言って、もう逆に応援してやれってなったクチですからw 今こそ弾けるときですね後藤は。タイチがどう絡むか?ってとこが本当に謎ですよね。まさかの3WAYはちょっと安直すぎて嫌ですが。
      twitterはまあそうなんですが、なんか一般客(主に新規)を置いていってる感があってそれが違和感でした。新たなファンの獲得を目指しているんじゃなかったの?という矛盾ですよね。リックさんのおっしゃる通り、公式での説明、あるいは煽りVで分かりやすく見せるとかは必要な気がしますね。

  4. デルピッポ より:

    後藤は最近俳優活動もしてる経験が活きましたね。「俺分かったよ…」の分かった感は異常
    後藤の出てるドラマや映画では大体悪役なんですが、あれ見るとコメディ俳優もいけますね。ただ後ろ向いて悪い顔したときワールドのカメラに抜かれてなかったのは残念。まぁそういうところも後藤だなってw
    飯伏もケニーと一緒にいるときより楽しそうだったし、結果としてはお互い良かったんじゃないしょうか。
    元々今年の後藤はEVILへの悪霊発言とか結構頑張ってたのにどうもそれがイマイチ跳ねなかったんですが、それがようやく結果に繋がった感じですね。
    飯伏vsオスプレイを組みたいがために後藤に色々割を食わせたんだから、来年は念願のIWGP戴冠を期待したい。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 後藤って演技も上手いですよね。なんなら棚橋さんよりも上手い気がしますw そうそう。「俺、分かったよ」はマジで笑いましたw コメディ演技ぜったいいけますよ。最近の後藤は楽しそうで微笑ましい限り。あの観客の盛り上がりも気持ちよかったんじゃないですかね。これで味をしめてキャラ立ちしてくれたら面白いし、これきっかけにIWGP戦線に行ってくれたら盛り上がるはずです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2018 All Rights Reserved.