プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【鈴木みのる】王様が1.4東京ドームで狙う至宝はただひとつ【新日本プロレス】

2018/11/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ここ数か月、今年下半期(1.4に向けて)の鈴木みのるの動向をいろいろと考えていたんですが、しっくりくる予想が立てられませんでした。

ヨシハシ転倒事件、ジェイくん&外道CHAOS裏切り事件、棚橋さんとオカダとの歴史的握手など、数々の事件が勃発する新日本の中で、鈴木みのるは目立った動きをまったくしていません。

自らベルトに絡みにいくでもなく、主要ユニットに抗争をふっかけるでもなく、ただ目の前に現れた敵と激しくやりあうだけ。

ヒールらしいブーイングはバレクラOGが浴びているし、観客を湧かせるマイクパフォーマンスは手下であるタイチやデスペラードが請け負っている。

 

じゃあ鈴木みのるは?

 

まさかこのまま何も動き出さないまま1.4東京ドームを迎える気なのか?

 

そんな心配のあまり、食欲もないし、寝ようにもぜんぜん眠れない。

しょうがないから深夜のネットサーフィンとしゃれこんで、海外の陰惨な処刑動画なんかをむさぼり閲覧していると、残酷な現実を目の当たりにしたことで脳が活性化したのか、あるひとつの仮説が浮かびあがりました。

 

そうか! これだ! わかったぞ!

 

鈴木みのるが1.4東京ドームで、新たな至宝を手に入れて、再び新日本プロレスに君臨するストーリーがッ!

 

 

 

鈴木みのるの沈黙には意味がある

 

G1クライマックス後の鈴木みのるは、その王様ぶりをアピールしながらも結果がついてこないという状況でした。

 

9月『DESTRUCTION』 内藤との意味不明なスペシャルシングルマッチで普通に敗北

 

10月『KING OF PRO-WRESTLING』 CHAOSとの6人タッグで、ほとんどタイチとオスプレイによるNEVER王座の展開がメイン。

 

11月『POWER STRUGGLE』 石井さんとのブリティッシュヘビー級王座戦、イギリスで奪われたタイトルのリマッチも敗北

 

タイチやザック・セイバーJr.、そしてデスペ&金丸のタッグがその存在感を見せつけている中で、見事ボスだけ面白いように沈黙していますよね。

 

しかし、先日の大阪大会でのブリティッシュヘビー級王座戦を見ればわかるように、鈴木には観客を魅了する凄い戦いができるし、すぐにでもベルトに絡める実力も発言力もある。

 

あの試合は、何度目かのリマッチであり、新日本のタイトルマッチでもないにも関わらず、誰もが大阪大会のベストバウトに推すほどの名勝負でした。

 

鈴木「石井、テメェの、お前の持ってる“それ”はな、俺のものだ。石井、ベルト、この俺に、返せ。もう1度だ。石井、あれは俺のだ。俺に返せ。。。」

 

 

石井さんに頭から落とされた後遺症か、試合後になぜかカタコトで再戦をアピールする鈴木。

 

なるほど。

鈴木と石井の試合は何度観ても間違いなく楽しめるし、このバチバチのしばき合いを東京ドームでも見せてやろうということか。

 

新鮮味はないけど、この緊張感と迫力は東京ドーム大会でも十分通用するインパクト。

鈴木の1.4はブリティッシュヘビー級タイトルマッチか、まあちょっと寂しい気もするけどアリかな。

 

などと、一度はムリヤリ納得しかけたのも束の間。

 

 

 

 

11.9にイギリスで開催されたRPWと新日本プロレスの合同興行『アップライジング2018』で不穏な事件が起こりました。

 

石井さんがブリティッシュヘビー級の防衛戦を行い、挑戦者デビッド・スターを退けて防衛したのはいいんですが、試合後になんと鈴木軍が襲来

 

まさかのザック・セイバーJr.が1.4東京ドームでの王座挑戦を表明したそうなのです。

 

横に鈴木みのるもいるので、ザックが勝手に要求したわけではなく、間違いなくボス公認の挑戦表明ですよ。

 

「あれは俺のベルトだ」と、悪魔みたいな顔で石井さんにリマッチを要求していた鈴木が、まさに舌の根も乾かぬうちにザックに挑戦権を譲っている違和感。

 

これは一体なにを意味するのか?

 

 



鈴木の挑戦を待つもうひとつの至宝

 

ザックのブリティッシュ王座戦リベンジマッチが1.4東京ドーム大会で組まれてしまった場合、鈴木みのるの1.4はどうなるのだろうか?

 

ワールドタッグリーグが開幕するけど、鈴木は飯塚さんとのチームなので、優勝に絡むほどの勝ち点は望めない。

デスペ&金丸はジュニアタッグ王座、KESはおそらくタッグ王座戦に出場するでしょう(願望)。

 

じゃあタイチ、飯塚さんと組んでNEVER6人タッグ?

年末におこぼれで戴冠して、東京ドームで王座戦ガントレットマッチとか、マジでそんな哀しい鈴木みのるは見たくない。

 

今年の初めには棚橋さんを倒してインターコンチまで巻いた男が、たった1年で寄せ集め感満載のNEVER6人タッグ行きとは、神も仏もないとはまさにこのこと。

 

そんなんだったら出場しないほうがマシじゃん。。。。

 

いや、違いました。

 

もうひとつありました。鈴木が絡むことで新たな輝きを見せるベルトが。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルトを輝かせる唯一の男

 

さて、USヘビー級ベルト、いま持ってるのはダレですかー!

 

USヘビー級ベルトを持っているのは、いつ、何時どんな態勢でもオッパイとオシリが魅力的な嫁(ブランディさん)を持つこの男!

 

最高のカラダの嫁(しかも露出狂)を持つこの男!

 

ブランディさんの前に立つ男は皆、ジャスト・勃起・アウト! 前かがみあるのみ!

 

いや、途中からUSベルト関係なくなっちゃってるし。

 

下ネタだし、不謹慎な人のマイクだし、つまらないし、という三重苦を背負ったこの文章、みなさんはどうご覧になったでしょうか?

 

といったわけで(どういうわけなんだと聞かれても困りますが)、現在Codyが持っているUSヘビーは、今回のROH×新日本プロレス合同興行(11.11開催予定)にて、バレッタの挑戦が決まっています。

 

つまり、Cody VS バレッタの王座戦の勝者こそが、1.4東京ドームでの鈴木の相手となるわけです。

 

現在、USヘビー級王座のストーリーは俺の知る限り、それほど大きな展開は見せていません。

どちらが勝つにしろ、鈴木が絡みにいくスキは必ずありますし、逆に誰か大物が絡みにいかないと東京ドームでのタイトルマッチのインパクトが薄くなってしまう。

 

さらに、イギリス、アメリカなど、鈴木みのるはオカダや棚橋さんにも引けをとらないほどの人気者なので、USヘビー級を巻いてアメリカで戦っても十分盛り上がる存在です。

実力者であり、日本&海外両方で人気があり、ベルトの価値と緊張感を上げてくれる存在が鈴木みのる以外にいるでしょうか?

 

ジュース・ロビンソンが保持し、何の前触れもなくバレッタが挑戦できちゃうようなUSベルト、ケニーが持っていた頃にくらべてずいぶんと価値が下がったじゃねえか。

 

もうボスにやっちゃえよ。

 

NEVER、インターコンチ、ブリティッシュ、そしてUSヘビー巻いて、来年はG1獲ってIWGPヘビー級王座へと突き進んでくらさい。

ボスの主要ベルト全部獲り、みなさん見たくないですか?

 

 

 

鈴木みのる最強ヒール時代

 

俺が思うに、2019年は鈴木みのる最強ヒール時代が来ます。

 

鈴木がすべてのベルトを巻いた男としてG1制覇し、IWGPヘビー級王座を奪取。

鈴木軍の天下が訪れるのです。

 

で、そこに対抗する勢力として、棚橋さんとオカダは手を組むことになるのです。

つまり、現在2人はバレクラOGとの共闘を組まれておりますが、これはまだまだプロローグにすぎない。

 

本当の敵は来年の鈴木軍。

 

今シリーズにおける棚橋さん&オカダの共闘は、そのための慣らし運転みたいなものです。

 

鈴木&ザック&タイチ&レクイエム(来年の夏にバレクラを裏切るヨシハシ)の鈴木軍死天王を倒すために、オカダ、棚橋さん、そして内藤と復帰した柴田が手を組んで、光VS闇の全面戦争「インフィニティ・ウォー」が始まる。

 

新日本プロレスの新たな世界、ケニーの言う「チェンジ・ザ・ワールド」はすでに動き出しているのです。

 



まとめ

 

 

鈴木軍、いちばーん!

 

(一体なにをまとめろと?)

 


人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ヨシムラ より:

    おはようございます。下ネタ完璧すぎてわらえました。○○~前かがみあるのみ。流行語大賞におしておきますw
    振り返ってみますと、今、新日本プロレスにあるシングルベルトは、ヘビー、インター、USもなくて。USはあってもなくても関係ないような。存在感なし。これは、鈴木色にしていただくしかありませんね。
    だれがベルトを持つかにより、客入が変わると思います。外道、🙏よ❗

    • devonyamaoka より:

      どうも! 朝方に書いていたので、下ネタもひどいw お褒めいただき光栄ですw USの存在感は、ちょっとやそっとでは大きくならないので、ここで鈴木にとってもらって、狙っている外国人レスラーたちが戦慄するようなタイトルにして欲しいですw

  2. リック より:

    codyと鈴木みのるの試合とか絶対面白いじゃないですか…
    鈴木みのるって試合よりもキャラが噛み合うかが重要なレスラーだと思っているので、codyはぴったりですね。
    タッグリーグでエリート組を倒して流れができることを期待したいです。

    • devonyamaoka より:

      どうも! そうなんです。Codyとの対戦は一度ROHで実現したんですが、そのときは結構淡々とした内容で燃えなかったんですが、今ならお互いにスタイルを知ったうえでの戦いなので面白くなりそうな気が。もちろん鈴木VSバレッタでもぜんぜん見てみたいですけどねw

  3. リィ より:

    Codyとみのるのマッチアップ…うわ凄いみたい!
    石井とのバチバチとは違うCodyが透かす所を捕まえてガチンとボスが喰らわす。
    エリートと鈴木軍入り乱れての場外乱闘からリング上で鈴木軍の連続攻撃。
    ボスUSヘビー戴冠。

    ボスにはUSヘビーの価値・地位向上に期待してます。
    ボス応援してます。

    • devonyamaoka より:

      どうも! USヘビーは海外のベルトですが、新日本らしさも絶対必要なので、初の日本人戴冠で、海外人気も高い鈴木ってのはアリだと思います! Codyさんとの王座戦はもしかしたら矢野戦みたいな緊張VSコミカルみたいな展開になるかもしれないので、それはそれで石井戦とはまた違った見ごたえがある気がしますw

  4. デルピッポ より:

    Codyvsみのる見たいですね。確かROHで1回やってるはずですが、ぜひ1.4の大舞台で見たい。と思ったんですが、Codyが膝怪我して明日行われる予定だったバレッタとのUSヘビー級王座戦が中止になったそうですね。
    その怪我の具合次第では1.4には出れないでしょうし、そうなるとやっぱりみのるはNEVER6人ということに…
    エリート勢は来年以降新日との関係がどうなるのか不透明ですから、何とかしてほしいところですが…

    • devonyamaoka より:

      どうも! そうROHでやっているんですが、そのときはまだお互いに噛み合っていなかった印象でした。今はもうCodyの戦い方も見慣れてきているので、面白い試合になりそうな予感。なんらかの応急措置で、US王座戦は組まれると思います。US不在で1.4などあり得ないと思いますし。NEVER6人はもうタグチジャパン連中でやってくださいって感じw

  5. ふうさん より:

    鈴木軍、いちばーん!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2018 All Rights Reserved.