プロレスをこれ以上ないほど楽しむブログ

【NEVER無差別級王座】混乱のNEVER、混沌の荒武者の登場に困惑するファン【Road to POWER STRUGGLE】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

タイチとNEVER無差別級王座を争うはずだったウィル・ディスプレイが、海外の興行で負傷してしまい『Road to POWER STRUGGLE』シリーズを欠場。

さらに、本番までに完全回復が見込めないということで、11.3『POWER STRUGGLE』でのタイトルマッチも中止になってしまいました。

 

王者となった聖帝タイチの初防衛戦、しかも相手はジュニアトップクラスの選手ということで話題性抜群だったこの王座戦が無くなってしまい、巻き添え欠場でヒマなタイチは連日のように飲みに行ったり、ファイプロの中の人を恫喝したり、Netflixで『北斗の拳』を見たりとプライベートを満喫。

 

そこに突如現れたのが混沌の荒武者です。

 

10.27後楽園ホールにて

大阪でのNEVER無差別級タイトルマッチ。
中止にする必要は、、、ない!
タイチ、探したぞ?
もう一度、この俺と戦え。
俺の挑戦を受けるのか? 受けないのか?
どっちだ!

 

 

どっちもなにも、、、普通に考えて受けるわけないでしょうw

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

ド正論www

 

 

 



なぜ後藤が今さら挑戦するのか?

 

そもそもですよ。

そもそも、ディスプレイがダメだから「じゃあ後藤で」という流れが良くわからないです。

お前はディスプレイに譲ったんじゃないのかよと。

 

10.3両国大会のバックステージにて

後藤「任すよ! NEVERはオスプレイに任すよ!

 

ディスプレイが欠場ならば、復帰まで待つなり、もしくは後藤よりも先に名乗りを上げている選手もチラホラといるんだからそっちに目を向けてあげてもいいはず。

 

ヘナーレ、チェーズ・オーエンズ、あと田口監督なんかも「やりたいな」なんてボソっとつぶやいていたみたいですが、まあ結局twitterでつぶやく程度じゃあ本気さは伝わらないってことですね。

 

 

 

 

なにが「チャンスをください」だよお前、ツイートしている時点でヤル気ぜんぜんねえだろ。

 

そりゃあタイチに「誰だお前?」って言われるわ。

 

後藤なんか、散々いろんなとこ探し回って(桜木町とか)、10.27後楽園ホールのリング上でやっと見つけたんだから。

そしてあのマイク。もう本気度が違います。

 

ヘナーレもチェーズも、あの会場にいたんだから後藤がマイクで挑戦表明しているときに場をブチ壊すくらいの本気見せて欲しい

 

結局、口だけ(というかツイートだけ)

 

つまり、なぜまた後藤なのか? ってそれはつまり他の連中がチキンの集まりだからってことでいいですか?

 

 

 

NEVERリマッチ無間地獄について

 

「また後藤かよ」

 

言っておくけどこれは後藤を批判しているわけではありません。

単純に「また」だから「またかよ」と言っているだけです。

 

タイチ
「はぁ、またお前か。このNEVERのリマッチ地獄。もう全員、飽きてんだよ。なあ、そう思うだろ?」

 

後藤の挑戦表明に対してのタイチのこの返し。

これはもうタイチが“みんなの聖帝”としてファンの意見を代弁していると思ったわけですが、意外と会場は「後藤コール」が起きたりしていました。

 

あれ? 後藤の挑戦を「またか」と感じない人が思いのほかいるんですな。

 

俺なんかは、「もうカンベンしてくれ」という気持ちでいっぱいでしたが。

だって後藤なんか、もうさんざんNEVER王者を満喫したじゃん!

ビアシティ・ブルーザーと防衛戦やったりしたじゃん!

 

よし、わかった。

俺が、後藤リマッチをカンベンして欲しい理由を今から3つ挙げるので、ひとつでも共感した人は俺のtwitterをフォローするように。

 

 

後藤リマッチ地獄が嫌な理由① 新たな景色への期待感

タイチが王者になることで、NEVER無差別級を巡る新しい景色が見られることは確実でした。

その大きな要素が挑戦者の広がりです。

一旗揚げたいヘビーの選手や向上心あるジュニア選手、血気盛んなヤングライオンなど、タイチに絡んでうまく乗せることができれば挑戦が実現しそうな雰囲気があります。

 

タイチが王者ゆえに「ノリ至上主義」なNEVER政権が生まれたようなワクワク感。

 

実際に、田口監督がtwitterでノリで挑戦したいと言ったら、タイチは即座にOKしたし。

つまり、後藤がリマッチすることで、見れたはずの新鮮な景色が見られなくなってしまった感が凄い。

 

 

後藤リマッチ地獄が嫌な理由② ただのリマッチである

タイチが王者になった最初の防衛戦の相手がディスプレイであるというスペシャル感。

後藤ではどうしてもこのスペシャル感に太刀打ちできません。

 

ジュニアのトップ選手がNEVERに挑戦するとか、王者がタイチだからこそ実現した奇跡です。

 

NEVER本来の「無差別級」というスタイルへの回帰が、ついに果たされた!

 

そんな奇跡のようなタイトルマッチが見られるはずだったのに、その代わりに組まれたのがただのリマッチというのは、インパクト的にいかがなものかと。

 

 

 

後藤リマッチ地獄が嫌な理由③ 後藤、それでいいのか?

そもそも後藤はずっとNEVERでいいのか?と。

後藤のファンは、このNEVER挑戦を喜んでいるのかどうかが疑問です。

 

過去にNEVERベルトを持っていた選手たちは、皆それをステップアップとしてさらの上のベルトに絡んでいっています

 

ところが後藤は2年間もNEVER王座周辺をウロウロしている

そんな停滞っぷりを後藤ファンはどう見ているのか?

 

いつでも探しているよ、どこかに君(NEVER)の姿を。。。

明け方の街 桜木町で こんなとこに来るはずも無いのに。。。

 

後藤よ、お前、もはやNEVERの呪いに取り憑かれているぞ。

 

 

 

後藤、満場一致でお前じゃない

 

タイチ「お前にはワンモアタイムも、ワンモアチャンスもない」

 

 

タイチは、後藤の挑戦表明をその場で拒否しますが、後藤はまったくそれを意に介さない様子でひとこと。

 

「オーケー。オメェはそれでいいや。お前の意見なんて、どうでもいいんだよ」

 

猪木問答を思わせるセリフと共に、王者の意見などしったことかと捨て台詞を吐きます。

お前の意見はどうでもいい。

この挑戦者とは思えない傍若無人な態度はナニゴトでしょうか。

 

さすがのタイチは、すかさずアンケートを開始。このへんの瞬発力すごくないですか?

 

 



まとめ

 

結局、王者の意見も、ファンの意見も、なーんにも受け入れられないままタイトルマッチが決定してしまいました。

 

しかし、ここまで反発の多かった試合を組むということは、我々ファンが思わず「俺が間違っていました!」と謝罪してしまうほどの刺激的な展開が待っているはず。

 

ある意味、何かが起こる気配マンマン、事件のニオイしかしないタイトルマッチとして期待して見届けようではありませんか。

 

てなわけで、次回はちゃんとジュニアタッグリーグの感想を書きます。

ではでは。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. リック より:

    田口監督タッグリーグ忘れてるんじゃないでしょうか(笑)

    後藤はなんていうか状況に乗っかるだけ感が強いんですよね。
    おそらく無間地獄から1番脱したいのは後藤であるはず、ですが今回のマッチメイクとして都合が良いことも事実。

    「周りに助けられて奪ったベルトのくせに調子に乗ってんじゃねぇよ。お前はやはりチャンピオンに相応しくない!」
    くらいのコメントがあれば評価も変わったのかもしれませんが…タイチと後藤の超えられない壁はこういうところですよね。

    • devonyamaoka より:

      どうも! タッグリーグ忘れているというか、まったくもってテキトーに挑戦表明しているんでしょうねw
      後藤はもう自分の意志というものが無いんでしょうかね。NEVERそんなに欲しい?って疑問しかないですが、まあこんなに得にならないことを自らやるには大きな意味があると信じたいです。
      でも、タイチと比べるのは酷かもしれませんよ。タイチのコメント力はちょっとプロすぎて誰も太刀打ちできそうもないですよw

  2. えびお より:

    まさに、デヴォンさんが挙げられてる通りの理由です!特に3!NEVERで勝つより、ヘビー挑戦する後藤のほうが数百倍カッコいいし、来年はそれが見たいんです。プラス、しばらくはタイチに新しいNEVERの景色を見せてほしい。こんなワクワクしないNEVER、残念すぎます。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 後藤に個人攻撃する輩もいるらしくてなんか可哀想ですが、でもやっぱファンの気持ちは「挑戦して欲しくない」ってのが大部分ですよね。
      なぜステップアップしようとしないのか? そのへんを説明してくれれば少しは納得しやすいんですけどね。タイチに新たな希望を託したファンにとっては余計なリマッチでしかない。それを会社もわかっていると思うので、きっと何か事件が起こる試合になると思います(願望)

  3. J太郎 より:

    デヴォンさんこんにちは☆彡.。

    最初から最後までディスプレイで貫き通す所がさすがです(笑)
    個人的にはタイチvs監督見たかったので、
    後藤戦を防衛して次は監督とやって欲しいなァなんて思っています。

    • devonyamaoka より:

      どうも! 「名前間違ってますよ?」っていうマジな訂正コメント来たらどうしようと思いながらも、頑張ってディスプレイ表記で貫きましたw タイチ絡みのときは今後これでいきますw 監督、あまり本気じゃない気がしますが、11.3試合後にぜひ名乗り出て欲しいですね。

  4. デルピッポ より:

    仕組んだのか偶然かジュニア挑戦の流れが出来て、上手く扱えば本格的に無差別級ベルトとして面白く機能しそうになった矢先にこれですから正直ガックリしてます。
    自分後藤のことはすごく好きなんですよね。荒武者キャラでやっていこうとしてるけど、どうしても出てしまう天然ぶりが可愛いし、後藤の試合でつまらなかったなぁと思うことは少ないですし。
    しかし、NEVERはもういらんのですよ。IWGPに挑戦する後藤が見たいのです。

    ただ、この件で後藤のSNSに突撃してる連中は間違ってると思います。悪いのは後藤ではなくNEVERについて挑戦者はディスプ…じゃなくてオスプレイありき、代替案を用意してなかった新日本です。まぁ後藤がこういうときに手っ取り早く使えちゃう便利な選手というのが大きいのでしょうね…
    あとはオスプレイに任せるって言ってたぐらいだから本人的にももうNEVERは卒業って思ってたはずなんです。恐らくあの性格だから会社に文句とかも言わない人だと思うので、会社に良いように便利屋扱いされる運命なのでしょう。こういうことは今回だけにしてほしいものです。

    • devonyamaoka より:

      どうも! ここ最近はずーっとNEVERの後藤しか見てないんだから、後藤自身もいいかげん飽きろよって思いますよねw 
      でも文句言うにしても、エアリプで言うべきですよね。なんぜわざわざ本人に突するんでしょうねあの人たちは。
      まあ結局、後藤が説明不足&会社が配慮不足だからこそこんな批判が起こるわけですよ。まあこれで、11.3のタイトルマッチが逆に不穏になりましたよね。何か起こることを願って楽しみましょうw

  5. まだ見ぬ強豪 より:

    他のレスラーがアピール止めたのって普通に会社に止められたからじゃないんすかね?なんかヘナーレのことやる気ないとか言ってるけどそれは違うだろ

    • devonyamaoka より:

      どうも! マッチメイクは会社主体なのは間違いないですね。止められたかどうかは不明ですが、どちらにせよ会社に止められるとわかっていてtwitterでつぶやいたのであればそれはパフォーマンスでしかないし、それで会社を動かそうとしているならもっと徹底的にやるべきだなと思っただけです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デヴォン式パイルドライバー , 2018 All Rights Reserved.