【10.8両国大会その③】燃えよ、龍の夢(ドラゴンズドリーム)【KING OF PRO-WRESTLING】

   

 

10.8両国大会『KING OF PRO-WRESTLING』で、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの新たなパレハがお披露目される!

 

新日本プロレス公式YouTubeチャンネルで公開された、カッコイイのかカッコ悪いのか判断に困る微妙なVTRで、内藤哲也によって衝撃の発表がありました。

 

舞台となるのは第5試合、CHAOS対ロスインゴの8人タッグマッチ。

ロスインゴチームのメンツは、内藤哲也&BUSHI&SANADA&「X」と表記され、つまりはその「X」こそが謎の新パレハなのです。

 

もちろん動画公開後は、瞬時にプロレスファンたちがその話題で大盛り上がり。

 

「X」はダレだ?

 

 

いや、ヨシハシに決まってんだろと。

 

俺なんかはもうヨシハシしか浮かばないわけです。

なぜなら、常日頃からヨシハシのことしか考えてないから。

ワンチャン俺は、ヨシハシ本人よりもヨシハシのことを考えているかもしれない(「ワンチャン」の使い方が雑)

 

とにかくそんな、まさにヨシハシ復活のためにお膳立てされたこのスペシャルなサプライズ

今回の両国大会を語る上では欠かせない出来事となったのでした。

 

 

 

混沌を極めた世間の新パレハ予想

 

内藤
「新しいパレハがいったい誰なのか? こいつなんじゃないか? いや、こいつなんじゃないか? そうやってみんなで考える時間こそ、プロレスファンにとって一番贅沢な時間であり、一番楽しい時間なんだよ」

 

 

いや、内藤よ、お前はわかっていない。

 

プロレスファンの妄想力の凄まじさを甘く見ている。

 

新パレハ発表を示唆するVTRが公開されてからの一週間で、どれだけ多くのファンがどれだけ多くの新パレハを予想したと思っているんだ。

 

国内&海外で活躍する期待の選手、内藤が手をまわしていそうな選手、怪しげな動きをした選手。

それだけならまだしも、日本相撲協会を退職した親方や辞任する野球監督にまで新パレハの疑いがかけられるという恐ろしい状況。

 

まるで中世の魔女狩りのように、疑わしい奴は証拠が無くてもすべて新パレハに仕立て上げられて、非公式の裁判で訴追されてしまうこともあったとか無かったとか(ねーよ)

SNS上では毎日のように、新パレハ予想が飽きることなく延々と行われ、混乱のあまり発狂寸前にまで追い詰められた者や自殺する者まで続出しました(当然未確認)

 

とにかく、プロレスファンたちが新パレハ予想に費やしたその労力は、北海道胆振地震で失った電力をすべて補填できるほどのエネルギーだったに違いありません(我ながらよくこんなデタラメな事を書けるなあと感心)

 

新パレハ予想、みなさん楽しみましたか?

俺はまーったく楽しくない。なぜならヨシハシ以外まったく予想できなかったから。

 

しかしながら、みなさんもうすでに結果をご存知だとは思いますが、新パレハはヨシハシなんかではありませんでした。

 

いや、じゃあ一体ヨシハシは何をしてんだよ。

これからヨシハシはどうするつもりなんだよ。

などと、ロスインゴ関係ないヨシハシをここで批判してもしょうがないので本題へ。

 



新パレハは、ザ・ドラゴン 鷹木信悟!

 

大会当日、新パレハとして会場に現れたのは、プロレス団体「ドラゴンゲート」を退団したばかりの鷹木信悟選手でした。

 

この結果に関しては、もう最初の段階で多くのファンが予想していた人物であり、ある意味新鮮な驚きはありませんでした。

 

つまり、ここでも内藤のたくらみが逆効果になっていることにお気づきでしょうか?

ファンに新パレハを予想しまくらせたことで、逆に当日の驚きが半減してしまう結果になっているのです。

要するに、登場までの期待&興奮が急激な右上がりで高まったぶん、顔を見せてしまったらそこである程度ファンの気持ちは下り坂になってしまう。

 

つまり、鷹木信悟は出オチ・・・

 

いや、そんなことはありません。嘘です。嘘。

しかし、新日本プロレスしか見ていないファンにとって、鷹木信悟というレスラーはまったく馴染みのない存在ゆえに、登場したとたんに「へー。鷹木さんって方なのね・・・」と冷静になってしまう人も多かったと思います。

 

ぶっちゃけ俺もドラゲーなんてこれっぽっちも観たことが無いので、ウワサで存在は知っていても、実際にプロレスを観たのは今回がはじめて。

ということで、新パレハ「鷹木信悟」に関する情報などは、他のブログとかウィキペディアなんかでぜひとも独自に調べていただけますでしょうかほんとすみません。

 

ただ、初めて試合を見た感想としましては、とてもパワフルなプロレスをする選手でしたとか、ありきたりかつ安直な表現を使ってしまい大変申し訳ないのですが、試合が短時間しか見られなかった(というか実況解説で人物紹介されており、そっちを真剣に聞いていたら試合があまり入って来なかった)ので、いずれしっかりと見て評価したいと思います。

 

ただSHOから3カウントを奪ったフィニッシュの「ラスト・オブ・ザ・ドラゴン」は、とんでもなく迫力のある技だったし、何より技名がイカしている。

 

 

新日本プロレスのリング、そしてロスインゴという超人気ユニットでの戦いは、果たしてドラゴン鷹木信悟にとって何をもたらすのか?

 

この舞台に懸けるドラゴンの夢、理想、野望などは、そのうち彼の言葉や行動でジョジョに明らかになるはず。

期待して見守りましょう。

 

 

 

ロスインゴはどう変わる?

 

鷹木「内藤が言うように確かに俺は環境を変えるというリスクはあるかもしれないが、ハイリスク・ハイリターンだよ。リスクがなければ大きな成功はない。まあそういった利害が一致したということだ。ま、俺はこれからも必ず我が道を突き進むだけだから目を離すな」
引用元:新日本プロレス公式HP

 

さて、ドラゲーから新日本プロレスへの電撃移籍、しかもロスインゴの新メンバーという話題性に加え、内藤と同世代でキャリアもあり実績もある、つまり鷹木は実力的にも申し分ない選手です。

ドラゲー時代はタイトルに絡むのはもちろん、ユニットのリーダーを務めるほどの大物ですが、果たしてロスインゴという環境でどのような存在になるのか? ってのがいちばんの注目点ですよね。

 

正直、俺は多少不安もあります。

鷹木本人も言っている「環境を変えるというリスク」こそが、まさしく俺の不安。

 

今までの5人のロスインゴは、神がかり的にバランスが整っていましたよね。

思い返せば、2016年の11月に髙橋ヒロムが凱旋帰国しロスインゴ入りしたときも、不思議と「必然である」かのような奇妙なバランスの良さがあり、俺はそれほど不安を感じませんでした。

しかし、鷹木選手の加入はロスインゴの雰囲気がもうガラッと変わってしまったような違和感があります。

このへん、熱心なロスインゴファンがどんな気持ちなのか非常に気になる。

 

 

 

いや、そんなにしゃべってなかったんかーい!

 

打ち上げで「初めてこんなにしゃべった」とか言っている時点で驚きというか、内藤のことだからユニットの今後を考えて、鷹木とは綿密に打ち合わせをしているのかと思ってましたが、意外と突貫的な加入だったのかもしれない。

 

まあそれなりに共鳴する部分があるからこそロスインゴ入りしたのは間違いないんでしょうが、内藤は良くてもEVILやSANADAはどんな気持ちなのか? というユニット内の個々の意思も非常に気になりますが。

 

まあ、俺がそんなこと気にしてもしょうがねーか。

今後のロスインゴの動向、新パレハ加入後はさらに緊張感を持って注目しなければいけないでしょうね。

 

 

 

舞台はスーパージュニア・タッグリーグへ

 

次期シリーズの10.16から開催される、ジュニアタッグの最強決定戦『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』

なんとこのリーグ戦に、鷹木信悟はBUSHIと共にエントリーするとのことです。

 

ブシ「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、BUSHI&鷹木信悟、エントリーさせてもらおうか。言っておくけどヒロムの代わりじゃないから。ヒロムとは違う新しい刺激を与えてやるよ」

 

 

鷹木信悟、あんなにゴツいくせにジュニアを名乗る図々しさ。

 

全日のチャンピオンカーニバルにはヘビー面して参戦していたくせに、どのツラ下げてジュニアだと言い張るのでしょうか。

などと、加入早々に文句を浴びせてしまいましたが、そのへんどういうつもりなんだろうという率直な疑問です。

 

どう考えてもジュニア勢にとって鷹木の存在は脅威だから、必然的にタッグリーグで足手まといになるのはBUSHIとなりますが、そのへんはいつもと一緒か(軽くディスり)

 

参加タッグチームも発表され、まさにロスインゴの新生タッグは台風の目になること間違いなし。

この大会で、鷹木のポテンシャルをしっかりと見届けたいと思います。

 

 



まとめ

 

大会直前に大きな話題となって、すべての対戦カードを食ってしまったロスインゴの新パレハ登加入ニュース。

鷹木信悟の登場で、新日と一緒にドラゲーも楽しんでいるファンからは歓喜と興奮の声が上がりました。

こういう楽しみが味わえるという部分では、どんな団体もくまなく目を通しているファンは得だよなあと、多少羨ましさを感じますね。

 

だからと言って、新日本プロレス以外の団体を追うほどの余裕もなかなか作れないのでつらい。

機会があればドラゲーもDDTも大日本も全日本もノアも見てみたいっす。

そんな感じで、両国大会の感想その③でした。

 

もう一本、書かなきゃいけないネタありますよね。

 

ということで、次の感想で会いましょう。

ではでは。

 

10.8両国大会の感想その①

【10.8両国大会その①】チェンジ・ザ・ワールド【KING OF PRO-WRESTLING】

 

10.8両国大会の感想その②

【10.8両国大会その②】外道の世界【KING OF PRO-WRESTLING】

 

 - KING OF PRO-WRESTLING, ロス・インゴベルナブレス・デハポン, 内藤哲也 ,