【見どころ&予想】ロスインゴの新パレハへの興味がメインを食っちまってるぞ【KING OF PRO-WRESTLING】

   

先日、10.8両国大会『KING OF PRO-WRESTLING』の全対戦カードが発表されましたが、それはそうとロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに新たなメンバー(パレハ)が加入するらしいです。

メインイベントがIWGPヘビー級選手権としては4年半ぶりの3WAYマッチで、IWGPジュニア王座トーナメントの決勝戦が行われて、外道と組んだジェイ・ホワイトが棚橋さんと権利書を懸けて一騎打ちしたりしますが、みんな興味があるのはロスインゴの新パレハのことだけ。

もうロスインゴの新パレハお披露目マッチをメインにしたほうがいいんじゃないかってくらい、ファンのあいだでその話題が持ち切りになっております。

 

ロスインゴの新パレハはダレ?

 

「X」はダレ?

 

プロレスファンにそれを予想&想像させて楽しませてくれる、とても素敵な時間を与えてくださった内藤哲也に感謝。

 

ただ、両国大会のほかのカードが、この「新パレハ加入」という話題に完全に食われてしまっているという点では、多少切なさを消せやしないよね。

 

 

 

ロスインゴ、変化するってよ

 

「まだまだ上がる。まだまだ先がある。だから“変わらなきゃ”も変わらなきゃ」(日産CMコピー1996年)

 

「大切なのは、変わらないこと、変わっていけること」(谷村有美『愛する勇気』1992年)

 

「変わらないこと、あきらめないことはもちろん大事。でも、変わろうとする思い、変わろうとする覚悟、そして、一歩踏み出す勇気も同じぐらい大事なんじゃないかな」(内藤哲也 2018年)

 

年月を重ね、時代が変われば、人も、社会も変わっていきます。

そんな流れる時代の中で、変わらないこと、変えたくないこと、変わらなきゃいけないこと、いろいろあるけどさ。

 

「変わる」「変える」って勇気がいることですよね。

 

変わることで、得るモノもあれば、捨てなきゃならないモノも当然ある。

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也は、「変わる」難しさを身をもって経験してきた選手であり、思い切った「変化」によってブレイクスルーを果たした成功者です。

 

変わることの重要性を誰よりも知っている内藤が、そのタイミングを「今こそ」と判断したなら、間違いなく今がベストタイミングなんでしょう。

 

欠場中の髙橋ヒロムの帰りを「4人ではなく5人で待つ」

 

といったわけで、先日ロスインゴのみなさんが新日本プロレスの公式YouTubeチャンネルにて、こっぱずかしくなるほど気合いの入ったカッコつけ動画を公開し、「10.8両国大会にパレハを連れてくる」とメッセージを伝えました。

 

EVIL、BUSHI、SANADA、ヒロム、そして内藤の5人体制で2年近くやってきたロスインゴの姿が、ついに進化と言う名の変貌を遂げようとしています。

 

 

「変わるお」と言いながらバーで麦茶を飲む内藤さん

 

さて、新たに入るメンバーはダレか?

 

プロレス関連のブログやSNSなどで、ファンによる予想合戦がはじまり、俺なんかは当然のように出遅れまくっているわけですが。

 

 

というわけで、俺の新パレハ予想は当然 YOSHI-HASHI。

 

 



新パレハがYOSHI-HASHIである理由

 

ロスインゴのことだから、ぶっちゃけ誰が入っても驚きだし、どんな無名な奴だろうが注目度がグンと上がることは間違いない。

 

しかしですよ、このタイミングでこの超人気ユニットに加入するということは、つまり話題性というメリットと同時に大きすぎる期待を背負うというデメリットも生まれます

 

それなりの実力者であり、それなりのポテンシャルを秘めていないと、結局「荷が重い」という状況にもなり得る。

 

ここでヒントになるのが、内藤の「一歩踏み出す勇気」というキーワードです。

 

果たして「一歩踏み出す」とは何のことを言っているのか?

 

ロスインゴに新たな風を送り込むこと? それもあるでしょう。

 

しかし、先ほども言ったとおり、ロスインゴはすでに多くの観客の支持を得ている超人気ユニットです。

新パレハ加入のニュースだけで、ここまで注目されるほどの話題を振りまくユニットに、現時点での停滞はまずあり得ない。

 

つーことは、この「一歩踏み出す勇気」という言葉、もしかしたらパレハとして新加入する選手本人に向けられた言葉である可能性が微レ存

 

それを踏まえて、ヨシハシの最近の印象深いコメントを振り返ってみます。

 

「どんな形であれ、俺はもう1度、ベスト尽くすから。ホント、みんなが言う、プロレスって、すごく果てしないから。それはよくわかってる。でも、どういう時でも、ほかのヤツらはどう? 自分の思うように生きれてる? 俺は全然うまくいかないよ。でも、もがくんだよ。どんな時でも。この先、どんなきついことがあっても、もがくんだよ。俺はそれがポリシーだから」

7.30高知大会「G1クライマックス28」バックステージコメント

 

「G1 CLIMAXが終わって、これから本当の勝負の始まりだから。俺は2012年に新日本に帰ってきてからもう6年半ぐらい経ってる。さらなる高みに行かないといけない。俺はもっといろんな景色を見たいと思ったよ」

8.12両国大会「G1クライマックス28」バックステージコメント

 

ヨシハシは、2016年に「物事が変わるのは一瞬」、2017年に「俺のハートは砕けたか?」などの名言(というかギャグ)を残しておりますが、結局言わんとしていることは同じ。

 

要は「変わりたいけどなかなか変われない、でも折れずに必死でもがき続けて上のステージを目指す」ってことですよね。

 

ここで、改めて内藤の言ったコメントを。

 

『変わらないこと、あきらめないことは大事。でも、変わろうとする思い、変わろうとする覚悟、そして、一歩踏み出す勇気も同じぐらい大事』

 

これ、どう考えてもヨシハシに言っています。

というか、ヨシハシに言っているとしか思えないじゃん。

 

お前はハートが砕けないこと、もがき続けることを大事にしている。それはわかるけど、変わろうとする思い(物事が変わるのは一瞬)も同時に持っている。じゃあ、勇気をだして一歩踏み出してみれば?

 

ロスインゴで、物事を変えてみれば?

 

すでにガチの混沌と化しているCHAOSにいても、何も変わらないし、永遠に花道ズッコケをいじられることは間違いなし。

 

棚橋さんのいる本隊に入ったところで、ユニットは変わってもヨシハシ自身はそれほど変化せずにやっていけます。

 

もしロスインゴに入ったら?

神戸大会の花道ズッコケすらも忘れられるほどのインパクトがあり、ヨシハシ自身にも新たな世界が広がりますよね。

 

以上が俺の新パレハ予想です。

 

答えが出るのは第5試合の8人タッグマッチ。

 

内藤哲也、SANADA、BUSHI、そして「X」の4人が、オカダ率いるCHAOSと対戦します。

 

ヨシハシが現れてオカダと対峙するって、とんでもなく刺激的じゃありませんか?

 

 

 

おまけ① IWGPヘビー級王座3WAY戦はどうなる?

 

メインイベントはIWGPヘビー級王座戦、しかも新日本にしては珍しい3WAY戦だというのに、それほど期待値が上がらないのは唐突感がハンパ無いから。

 

ケニーと飯伏が王座戦をやるならわかりますよ。

だってG1で飯伏に一敗していますから、リベンジマッチとしても全然アリだし。

 

そこにCodyさんがいきなり飛び入りすることの違和感がハンパねえ。

 

なんでG1優勝した棚橋さんよりも先に挑戦できるんですか?

つまり3WAY戦という試合形式が不満というより、メンツが不満なんですよね。

 

さらに、ケニー VS 飯伏 VS Codyという仲間同士で争うところも解せない。

こじつけでもいいから、3人でタイトルマッチを行う理由を誰か教えてください。

 

結果予想:飯伏がCodyを仕留めてIWGP王座奪取

 

あっさりと凄く大胆な予想してみましたw

 

 

おまけ② 権利書がジェイくんに移る可能性100%

 

1.4東京ドームでのIWGPヘビー級王座挑戦権利証を賭けた一戦。

 

これはもちろん反則を重ねたジェイくんの勝利で、権利書をあっさりと棚橋さんから奪い超特大のブーイングを浴びるという結末を予想します。

 

 

Jr.ヘビー級王座決定トーナメント決勝戦
KUSHIDA VS マーティ・スカル

結果予想:KUSHIDAが勝利し、長期欠場中の髙橋ヒロムにエールを送るという感動的なエンディング。

そこへ現れたエル・デスペラードがまたもギターでKUSHIDAをKO。満を持しての挑戦表明(で勝つ)

 

EVIL VS ザック・セイバーJr.

結果予想:ロスインゴの日になりそうなのでEVILの勝利。

 



おまけ③ いろいろ言いたい事あるが

 

第1試合でジュニアタッグの王座戦が組まれるというのは、まあ100歩譲って納得できます。

 

冒頭からタイトルマッチなんてとんでもなく豪華な感じするし、何よりも第1試合から大きく盛り上がるし。

 

ただ、第2試合があまりにもショボくて落差が激しいので、結局プラマイゼロになりそう(※個人の意見です)

 

結果予想:デスペ&金丸組の防衛

 

眠たいので以上!

 

ロスインゴの重大発表Vはこちら

 

要チェックや!

 

 - KING OF PRO-WRESTLING, 大会の見どころ, 展開予想 , , ,