【7.21後楽園ホール】闘犬VS荒武者、大いなる決闘【G1 CLIMAX 28】

   

7.21後楽園ホールで行われた『G1 CLIMAX 28』6日目。

この日のメインイベントは、不器用かつ愚直な2人の侍が激突するCHAOS対決。

さらに、アメリカ大会で勃発したバレットクラブの新たな抗争、ジ・エリートVSオリジンのイデオロギー対決も組まれていました。

リーグ戦における勝ち点の取り合いを超えた、意地とプライドをかけた激闘必至の戦い。

くせ者ぞろいで先読み不可能な、Bブロック3回戦の感想です。

 

 

後藤洋央紀 VS 石井智宏

カッコイイとは、こういうことさ

 

後藤が殴れば

 

 

石井が殴り返す

 

ユニットとかリーグ戦とか勝ち点とか関係なく、ただプロレスラーとして、目の前の相手と全力で戦うだけ。

そんな真っすぐで純粋な戦士たちが織りなす壮絶なる肉弾戦。

 

響く雄叫び、飛び散る汗、肉体と肉体がぶつかる痛々しくも生々しい衝撃音。

 

プロレスの発祥が、開拓時代の荒くれ者たちによる酒場のケンカだと言われているなら、まさにこの後藤VS石井の闘いは“プロレスの原点”そのものです。

殴り合って、ぶん投げ合って、どちらかが倒れるまで続く男と男の対決。

そんな無垢なるぶっ飛ばし合いが、観客を魅了し、そこに感動と興奮が生まれる。

史上最高のケンカを、このG1のメインイベントのリングで見事やってのけた2人の荒くれ者に拍手を。

 

勝利後、満身創痍の石井さんは、そのまま医務室へ直行ということで、この決闘の壮絶さを物語っております。

どうか今後の試合に影響がありませんように。

 

 

 

ケニー・オメガ VS タマ・トンガ

もはやレッドシューズとタマちゃんの因縁

 

おかしなことになってきました。

先日の試合で、レフリーであるレッドシューズ海野さんがジャッジする上で個人的感情をアピールしたと、ファンの間で賛否両論が起きました。

公式戦に介入し、棚橋さんをボコったタマ軍団に対して中指を立てたと。

で、海野レフリーはあくまで中立の存在であるべきなんだから、そこは感情的になっちゃダメでしょという意見もわかります。

しかし、一夜明けた今回の試合でも、そんな世間の声などお構いなしに、海野レフリーはその個人的感情を全面に出してパフォーマンスしておりました。

いや、そのアピール度はさらに強くなったような気もする。

またも軍団を介入させて試合をブチ壊したタマちゃんと口論し、あげくガンスタンまでくらってしまいます。

 

 

いやいやいや、目立ちすぎだろ海野さんよ

 

マジでこいつ(海野)、選手ヅラして声援を浴びたかってますな。

バレクラOGのケニーへの復讐のはずが、いつのまにかレッドシューズとの因縁になってて問題が退化してるじゃん。

 

そもそもこの試合は、バレットクラブを率いるリーダーのケニー・オメガと、それを良しとしないオリジナルメンバー代表のタマ・トンガとの直接対決だったはず。

ユニット抗争の中心人物同士の戦いであり、お互いの方向性やイデオロギーの相違、これまで溜まっていたうっぷんなどを公式の場で発散できる絶好のチャンスだというのに、タマちゃんは真面目に戦うことを拒否。

気に入らないケニーを仲間とボコボコにしても「何の解決にもならない」ことは、幼稚園児でも理解できます。

しかしタマちゃんは、戦わずにブチ壊すことを選んだ。

ここにバレットクラブOGのダサさというか、圧倒的小者感、絶望的な時代遅れ感を感じずにはいられません。

結果的に海野レフリーをKOしたことがいちばんのハイライトになってしまっている時点で、この抗争の仕方は大きく間違っているんですよね。

 

これ、両国でタマちゃんVSレッドシューズの直接対決あるで。

 



SANADA VS ザック・セイバーJr.

テクニックと言う名のエンターテインメント

 

スピードと技のキレ、縦横無尽なレスリングテクニックが売りのザック・セイバーJr.を見事完封したSANADAの巧さ。

というか、やはり対戦相手に合わせて器用に戦い方を変化させるSANADAのこの柔軟さはタダゴトではありません。

 

ザックを完封することの凄さ。

 

ザックをあれほど悔しがらせることの偉大さ。

 

派手な飛び技や過激な投げ技もなく、危険な戦いや長時間の戦いでもないのに、テクニックだけで充分観客を楽しませてしまう。

 

こんなスマートでハイセンスなプロレスができる、SANADAとザックの天性のスタイリッシュ感に脱帽です。

そして、SANADAの覚醒はすぐそこまで迫っているのかもしれない。

 

 

 

内藤哲也 VS ジュース・ロビンソン

ジュースが勝てる可能性、ゼロ以下

 

G1におけるジュース・ロビンソンのコメントの情けなさ、みなさんはどうお考えでしょうか?

 

【7.19バックステージコメント】

今回の『G1 CLIMAX』に関して、Bブロックはナイトーが勝ち上がるんじゃないかと思う。最終日の公式戦では、ケニーvsイブシの勝者か、ナイトーがファイナルに行く。
引用元:新日本プロレス公式HP

 

いや、嘘でも「俺があと全勝して優勝してやる!」とか言えや。

応援しているファンのみなさん、ジュース本人は優勝する気まったくありませんよ! いいんですか?

G1に出場しているくせに、俺たちプロレスファンみたいに、まさに他人事で優勝予想しているジュース。

情けないにも程がある。

 

【7.20バックステージコメント】

『G1 CLIMAX』なんか大っ嫌いだよ! 試合に出るたびにこんなに痛めつけられて、何が何だか分かんない。
引用元:新日本プロレス公式HP

 

G1に出られないフィンレーの横で、平然とこんなことを口走るデリカシーの無さ。

とにかくジュースは、口を開けば泣き言ばかり。

 

今回の内藤戦は、ケガした手首を散々狙われていながらも、内藤相手によく耐えたし、もしかしたらと思わせる活躍もしました。

プロレスの内容だけ見たら、G1クライマックスに出場する資格は十分あるし、パフォーマンス能力も抜群です。

しかし、強くなったのは肉体だけで、心がまったく鍛えられていない。

 

プロレスファンは「結果」ではなく「プロセス」を楽しむ。

向上心や強い精神や、くじけぬ心を見て、そこから這い上がる選手を応援するものです。

ジュースはそこにまったく当てはまらない。

よって、向上心のカタマリである内藤には、逆立ちしても絶対に勝てないんです。

 

 

 

矢野通 VS 飯伏幸太

フェアプレー日大は幻でした(涙)

 

もう我慢できなくなった矢野さんは、あっさりとフェアプレー精神を遠くかなたへ葬り、いつもの大泥棒へと戻ったのでした。

テーピングで飯伏の両手を縛り、金的からの問答無用の悪質タックルで飯伏から3カウント。

日本中が震撼した日大アメフトタックル事件を見事に再現した、内田元監督もびっくりの不謹慎フィニッシュ

関西学院大学側からのクレームがこないことを祈りましょうw

 



まとめ

 

プロレスの迫力と美しさ、荘厳さを見せつけたメインイベントの衝撃。

 

人類よ、これがプロレスだ。

 

後世に残したいベストバウトともいうべき原点の闘いを堪能できました。

というわけで、後楽園3連戦が終わり、またも地方大会が始まります。

G1クライマックスはまだまだ前半戦。

Bブロック連勝のケニーを止めるのは誰なんでしょうか?

今年こそ、SANADAが止めるのかもしれないとか思うと、マジでワクワクしてきますね。

ではでは。

 

 

 - G1クライマックス2018, 公式戦の感想 , , , ,