【BEST OF THE SUPER Jr.25】今年のジュニアの面白さはギネス級!【前半戦のまとめ】

   

5・18から始まったジュニアの祭典『BEST OF THE SUPER Jr.25』(以下BOSJ)も後半戦に突入しました。

公式戦のライブ配信がほとんど無いという、いまいち会社側の盛り上げ方が微妙な状況でも、各試合すこぶる熱く激しい戦いが行われ、ファンも全身全霊をかけて楽しんでおります。

もうね、公式戦やれ。ライブで。

実況もテレビカメラも各地に派遣しろ。

いや、大変なのはわかるけど、G1クライマックスでもやれることをBOSJでもやれやと。

なぜなら後日配信を後から観るの、凄く大変なんだもん。

というわけで、最近ぜんぜん感想書けていないのをいいことに、リーグ前半戦をまとめてひとつの記事にしてしまうという暴挙を敢行。

横着して本当にごめんなさい。



 

前半戦のベストバウトTOP3

 

激戦続きのBOSJを手っ取り早くまとめるなら、やっぱりベストバウトを選出してしまうのがイチバン。

本来なら全試合終わったあとにやるべきですが、もちろんシリーズ終了後にもやるので、今回は前半戦から3試合だけピックアップしました。

いや、もう3試合選ぶだけでもとても大変でしたが。

 

1位
Bブロック公式戦
髙橋ヒロム VS エル・デスペラード

 

最初から最後まで始終ゾワゾワする緊張感に包まれた一戦でした。

ずっと絡んできた因縁の2人の対決であり、別々の場所で成長をしてきた2人の対決でもあるというストーリー性の高さ。

そして、「陽」であるヒロムのパワフルな戦闘スタイルと「陰」であるデスペさんの戦略性のある戦い方との攻防の面白さが際立った試合でもありました。

真逆な道を歩んだ、真逆のスタイルを持つ者同士の対決は、先読み不可能なサスペンスと一瞬で勝負が分かれるスリルが常に漂うドラマチックな展開。

とにかくどちらにも勝つチャンスがあったし、絶妙な罠で勝利を掴んだデスペさんの執念に感動した一戦でした。

問答無用の100点満点です!

 

 

2位
Bブロック公式戦
ドラゴン・リー VS SHO

 

開幕戦の公式戦一戦目がこの試合でした。

まさかのオープニングマッチで、

(個人的に)大嫌いなSHOが、

壮絶で迫力満点な戦いを見せてしまった。

そこに戸惑いを隠せなかった俺。

あの、クソウザさ満点のロッポンギ3KのときのSHOとぜんぜん違うじゃん。

シングルのSHOは、タッグとはまるで違うSHOだったのでした。

巧みなグラウンドテクニック、隙あらば腕十字を狙い、ジャーマンを狙い、伝家の宝刀ショックアローを狙うSHO。

そのクールでストイックな戦い方は、チャラさばかり目立ったロッポンギ3Kの真逆をいくスタイルで、俺の中の好感度が急上昇してしまったのがこの試合だったのでした。

 

 

3位
Bブロック公式戦
SHO VS KUSHIDA

 

結局、SHOの試合を見逃せなくなってしまった俺。

SHOが見たい! と自然に思えるこの状況は、一か月前の俺には考えられないことです。

で、KUSHIDA戦はその中でも特別中の特別。

なぜなら、BOSJ開幕前の記者会見時にKUSHIDAがこんなコメントをしていたからです。

 

(記者からの「Bブロックでマークしている選手は?」という質問に)

KUSHIDA「いちばん楽しみなのはSHOです。SHOと戦うのが楽しみです」

 

そして、実際にKUSHIDA戦を終えたあとのSHOのバックステージコメントがまたアツい。

 

SHO「前日の会見で、あの人は「SHOとやるのが楽しみだ」と言ってくれて、ゾクッとしたよ正直」

 

 

クッシーのコメントにゾクッとしているSHOと眠そうなデスペさん

 

SHOのクシダへの憧れと、そんなSHOの成長を認めたクシダとの絆、今後ライバルになり得るほどの関係性に思わずグッときました。

 

SHO「世界中からSHOとクシダは“神カードだ”と言われるまで俺はのし上がってやる!」

 

 

 

Aブロック まとめ

 

今回選出した前半戦のベストバウトにAブロックの試合は入っていません。

1試合でも入れてバランスを取ろうとも思ったんですが、やっぱBブロックの面白さが突出しすぎているということで泣く泣くランク外。

とはいえ、Aブロックがつまらないというわけではなく、単純にワールドでのLIVE配信が少ないからなのかもしれないけど。

俺の優勝予想はウィル・オスプレイで、いまのところ予想を変えるつもりはないし、試合結果の予想は細かくハズれてはいますが狙いはハズしていないという状況です。

ブロック通しての予想外のことと言えば、タイガーマスクが好調だということぐらいでしょうか。

 

で、今後の注目はもちろんこの人。

 

 

石森「チキショー。鈴木軍、卑劣なヤツらだな。もう少し、清く正しく生まれ変わった方がいいよ。だから、俺が言いたいことはこれだ。スズキグン・イッツ・リボーン!

引用元:新日本プロレス公式HP

 

 

は?

 

 

なに言ってんの? この人。

 

ボンソル石森、コメント謎すぎるだろwwww

 

これは金丸との公式戦の前哨戦で、鈴木軍とのタッグマッチ後のバックステージコメントです。

 

「イッツ・リボーン」万能すぎる。

 

というよりも、もはや使い方が自由すぎて意味不明というね。

最初は違和感のあった石森のコメントが、最近は一周まわって面白くなってきたので、後半戦も石森のコメントは要注目です。

 



Bブロック まとめ

 

シリーズ開幕前からも言っていましたが、やはりBブロックは個性が集まりすぎています。

個性の強いメンツばっかでSHOは大丈夫なの? とか言っていたのに、ふたを開けたらそのSHOがイチバン良い個性を出しているのでもうお手上げ。

地味なのが欠点だと思っていたクリス・セイビンも確実にその実力の高さを見せつけているし、ドラリーは前半で連勝しまくったし、田口監督はKUSHIDA戦で爆発したし。

とにかくすべての試合が“記憶に鮮烈に残る”試合ばかりなのが凄いですね。

 

で、Bブロックはやっぱりこの人を推しまくりたい。

 

 

マーティ・スカルの指折りの恐ろしさを、「音」だけでなく「視覚」でも我々に知らしめたデスペさん。

このあと、悪態つきながら自身で指を治してしまうという壮絶な荒療法を行います。

 

デスペさん、あんた悪魔か。

 

ヒロムを倒したあとに2連敗しましたが、実はここまでの勝敗が俺の予想的中となっております。
※スカル、SHO、KUSHIDAに3敗するが決勝進出という予想

 

後半戦、またもデスペさんの快進撃がはじまると期待しています!

 

 

まとめ

 

以上、簡単にでしたがシリーズ前半戦のまとめでした。

新日本プロレスは、こんなに凄いBOSJを『G1クライマックス』並みのビッグイベントにするためにもっと努力すべき。

ジュニア戦士たちは全員そんな意気込みで頑張っているし、俺たちだってジュニアの価値の高さをちゃんと認めている。

会社が自ら盛り上げないでどうするよ!

こうなったら俺が、新日本プロレスに大事なひとことを言ってやるぜ。

 

新日本プロレス、イッツ・リボーン!(意味不明)

 

 

 - BEST OF THE SUPER Jr.25, 新日本プロレス ,