【4・27広島大会】タイチ登場! 安芸の国でNEVER三つ巴勃発!【Road to レスリングどんたく】

   

4・27に開催された新日本プロレスの広島大会『Road to レスリングどんたく2018~安芸の国 戦国絵巻~』

ビッグマッチでありながらカードがちょっと弱くね? などと心配ではありましたが、フタを開けて見ればなかなかスリルと興奮に満ちた大会になっておりました。

あの地味なNEVER無差別級ベルトが、なんか輝いて見えたというか、今後の発展を期待させる刺激的な出来事も多々あったので、そのへんの感想を適当に書きます。

 

 

殿は間違いなくこの大会の主役だった

 

セミファイナルのNEVER無差別級王座戦

唯一のタイトルマッチなのにメインではないところが、会社からの期待の薄さの現れですが、それでもしっかりと主役をアピールできるほど魅せてくれました。

なにより、入場時から本気モードの殿からは、この試合がメインではないことへの怒りが見て取れました。

 

ぜったいにメインよりも凄い試合をして見返してやる!

 

そんな意気込みがあったのは間違いありません。

 

殿「今日の試合順、セミファイナル……どういう意図でセミファイナルになったかわかんない。俺の力を見くびるなってこと。買いかぶってもらっちゃ困るけどね。見くびってもらっちゃ困る。以上!」
引用元:新日本プロレス公式HP

 

ですよね。

いくらなんでも、タイトルマッチよりも前哨戦をメインに組むって時点で、会社が自らベルトの価値を下げているってことですから、そこは選手自ら試合内容で抗議しなければいけません。

今回のタイトルマッチは、当然のように凄まじい死闘だったし、メインのタッグマッチよりも迫力も緊張感もありました。

この試合がメインで、最後に殿が大会を締めるなんてのも、新鮮だし俺は見たかったなあ。



とにかく俺はジュースが嫌い

 

殿のやるべきことは、NEVERの価値を上げることです。

そのためには、大会のベストバウトになり得る好試合をするのはもちろん、ワクワクするような物語も創り上げなければいけません。

で、今回の挑戦者はジュース・ロビンソンということで、はっきり言ってぜんぜんワクワクしない。

ジュースが昨年のNEVER初挑戦の頃より成長していることは認めますが、そもそも人間的にコイツが嫌い(個人的意見です)

なぜジュースが嫌いなのか?
その理由は以下です。

 

理由① うるさい

試合中に高い声でギャーギャーわめくのが耳ざわり。

 

理由② ウザい

観客へのアピールの仕方が目ざわり。

 

理由③ 得意技がナックルパート

得意技が反則って、もはや鈴木軍やないか。

 

 

今回もナックル祭りだったジュース

 

そんな反則技を連発するジュースに対して世間が許容しているの、なんなん?

 

ライガー「反則ですけどね、この際かまわない!」

 

なんだよその忖度。

かまえよ。

といった理由で大嫌いなんですが、会場は意外にもジュース応援の声が大きかったですね。

やっぱり新しい王者の誕生を求めているのかな?

 

 

 

そしてタイチが動く!

 

とは言いつつ、今後のNEVER戦線はちょっと楽しくなってきました。

見事ベルトを防衛した殿の前に現れたのはマイケル・エルガン

同じ本隊であるジュースの弔い合戦といったムードで挑戦表明したんだと思いますが、誰もが認める実力者でありながらなかなかベルトを巻けないエルガンの不遇さは誰もが同情するところ。

2016年にインターコンチを戴冠しましたが、あれ以降はチャンスがあってもことごとく逃していました。

殿とエルガンの王座戦、これはかなり期待のカード。

しかも、そこに、まさかのタイチ登場

 

とんでもない三つ巴! この3ショットだけで面白い

 

タイチ「オイオイオイ、テメー、勝手に名乗りあげてんな、このハゲ~!」

 

いいですね。

ヘビー転向後のタイチは、とにかくその言動でワクワクさせてくれます。

 

まだシングル戦でヤングライオンに勝利した程度の実績なのに、ベルト挑戦にまったく違和感が無いの凄くないですか?

 

ジュースのベルト挑戦には「まだ早えーよ、引っ込んでろ」としか思えないのに、タイチが挑戦表明したら「まだ早い」なんて思うどころか「待ってました!」って歓迎してしまう(笑)

これが聖帝さまのオーラってやつなのか?

 

 

広島大会の意味がここにあった

 

ロス・インゴベルナブレス・デハポンと鈴木軍の10人タッグマッチ。

内藤がカープ仕様のコスチュームでステージに登場したときに、やっと思い出しました。

 

ああ、ここは内藤のホームだった。

 

そしてすかさず姿を見せたパレハマスクの男。

これも、勘のいい人であればすぐに誰かを見抜いたはずです。

 

広島東洋カープ ジェイ・ジャクソン投手登場

 

目の前でアミーゴが襲われて複雑なジャクソン氏

 

そんなこんなで、いつもの混乱に満ちたユニット大暴れバトルが展開しますが、やはり今日はロスインゴが勝たなければいけない日なんで、しっかりと内藤が勝利。

 

内藤「王様、申し訳ありませんが、今日は俺の大事なアミーゴがオクパードの中わざわざ来てくださったんだ。王様、申し訳ありませんが、さっさとおかえりいただいてよろしいでしょうか?」

 

こんな屈辱的な挑発をされても、ちょっと怒ったそぶりを見せるだけで、何もせずに大人しく帰る鈴木みのるさん

性格の悪い男でありながら、意外とモノわかりがいいところがオチャメですな(笑)

 



オカダの防衛は99%確定か?

 

メインイベントはどんたくシリーズ最終日に行われるタイトルマッチの前哨戦。

オカダ&オスプレイのチャンピオンチームと棚橋&KUSHIDAのチャレンジャーチームによるスペシャルタッグマッチです。

正直、セミファイナルのNEVER王座戦ほどの緊張感はなかったし、これを無理やりメインにする必要性ってあったのかな?

ただ、この日は棚橋さんの動きがとても良かった。

他の3人は、基本的にいつもキレがありますが、棚橋さんは日によってコンディションに差があるのが気になります。

「これから全盛期がはじまる」などと言ってはいますが、俺には虚しく聞こえてしまう。。。

しかも、今回の前哨戦で勝利したことで、逆に本番での王座奪還に暗雲が立ち込めてしまったと思っているのは俺だけじゃないはず。

 

棚橋さん、オカダを完全KOするも、なんか不安

 

これといった明確な理由はありませんが、雰囲気的にオカダとオスプレイのそれぞれの王座は防衛するような予感がしますね。

 

あと、ラストのエアギターがクソ長え。

 

 

まとめ

 

NEVER無差別級王座の次回チャレンジャーがとても気になります。

行われるのは6月の大阪だとして、それまでにチャレンジャーの選定が行われる時間は十分あります。

エルガンとタイチによる、次期挑戦者決定戦があるのか?

それとも評判の悪い3WAYマッチとなるのか?

どちらにせよ、地味だったNEVER王座の注目度が高まるのは必至。

殿、よかったね!

 

 

 - レスリングどんたく, 公式戦の感想 , , ,