【4・1両国大会】オカダ・カズチカV11! 右腕を犠牲にしてザックを撃破【SAKURA GENESIS 2018】

   

新日本プロレスが、またもあり得ないほど高い次元へと昇っていきました。

4・1両国国技館で行われた春のビッグマッチ「SAKURA GENESIS 2018」は、どの試合も神がかっていて、もはやお手上げ状態。

ベストバウトに次ぐベストバウトで、お腹いっぱいになりすぎて満腹中枢がイカレてしまったので、もうハンパな試合じゃ満足できないカラダになっちゃいそうです。

マジで、こんなに凄くていいのかよ新日本プロレス。

というわけで、とんでもない試合のオンパレードで語彙力も致命的に低下してしまった、いちファンによる今大会の稚拙な感想文をご覧くださいませ。

 

 

オカダVSザック、新日本の未来を広げた闘い

 

IWGPヘビー級選手権
オカダ・カズチカ VS ザック・セイバーJr.

 

ぶっちゃけ世間的には「オカダの勝ちで決まりでしょ」という雰囲気だったこのカード。

戦う前から、ザックさんの勝利など誰も信じていないし求めてもいないという状況です。

でも、俺は個人的には、ほんの少しだけ夢を見ていました。

 

ザックさんが勝ったら、おもしれえな。。。

 

とはいえ、まあ儚い夢ですよ。

オカダが勝利すれば、V11の最多防衛記録に並ぶし、そもそも新日本所属ではないスポット参戦のザックさんがIWGP王者を戴冠できるとは到底思えません。

 

結果だけ見ると、なんのサプライズも無くオカダの防衛。

しかし試合内容を見ると、たとえあらかじめ未来を知ることができる能力者でも「あれ?俺の能力、ハズレちゃう?」って疑心暗鬼になるほど、ザックさんの攻撃が地獄でした。

試合中に「まさかオカダ負けるかも?」と何度思ったことか!

ザックさんを応援していた俺ですら、ヤバイ!ザックさんが勝っちゃう!となぜか焦ってしまうほど、ザックさんの技には常に緊張感がつきまとい、その強さには異様な説得力がありました。

 

「NEW JAPAN CUP 2018」でのザックさんの試合を見てもわかるように、彼には独自のスタイルと勝利の方程式があり、それが見事にハマると一瞬でタップアウト(もしくはレフリーストップ)の憂き目に合います。

その独特な攻撃が恐ろしくもあり、関節技へ至る流れや極め方の鮮やかさに目が奪われてしまうことも多々ありました。

パワーではまるで劣っている相手に、技術と頭脳だけで勝ちあがるザックさんの戦い方は、プロレスの表現力のさらなる広がりを感じずにはいられなかった。

そして、その個性的かつ革新的なスタイルを、今の新日本プロレスのトップ戦線であるビッグマッチのメインのリングでも通用させてしまったところに大きな価値があるわけです。

 

オカダの最多防衛。

 

もちろんそれも価値がありますが、俺にとってはザックさんが「世界のオカダ」相手にここまで素晴らしい戦いを見せてくれたことに感動を隠せません。

 

この両国で魅せたオカダとザックさんの戦いは、まさに新日本プロレスの未来をさらに広げるような歴史に残る一戦であったと断言します。

 

ザックさん、TAKAみちのくさん、夢を、感動をありがとう。

 

 

そして、また棚橋さんがオカダの踏み台に・・・

 

ザックさんの攻撃により右腕が上がらないオカダさんは、今までの防衛戦では見せなかった満身創痍の状態。

まさに右腕を犠牲にして掴んだ栄光と言っても過言ではありません。

 

これでオカダさんは、棚橋弘至が持つIWGP王座の最多防衛記録タイ“V11”を達成しました。

 

おめれとー。

 

などと、ノンキに浮かれている場合ではありません。

 

次の挑戦者に名乗りを上げたのは、記録保持者当人である100年に一人の逸材であり、世界最高峰のノンキでお馴染み、エース棚橋弘至さん。

 

世界中探しても、次の挑戦者、俺しかいねぇじゃん。今度は逆だ。お前の防衛記録、俺が止めてやる

 

一見カッコイイマイクですが、大事なセリフを噛んで、腐女子に「かわいー」などと言われるほどのノンキ者。

膝を痛めているのに、いまだハイフライフローがフィニッシュなノンキ者。

 

おっしゃる通り、次の挑戦者は棚橋さん以外にはあり得ない。

最高のタイミングであり、誰もが見たいアツいカードであることは間違いないのですが、すみません。

 

俺には、棚橋さんが勝利する明るい未来が見えません!

 

ハイフライフローの自爆がきっかけで、オカダさんにド派手に“V12”という史上初の快挙を与えてしまうのではないか?

そんな不安しかないんですが、大丈夫でしょうか?

 

 

壮絶! 流血試合のオンパレード

 

IWGPジュニアヘビー級選手権
ウィル・オスプレイ VS マーティ・スカル

この30分超えの死闘は、解説席のKUSHIDAさんも言っていましたが、新日本プロレスの新たな次元突入を象徴するような試合でした。

オカダVSザック戦とはまたベクトルの違う次元へといざなうジュニアの戦い。

もはやプロレスは、パワーや身体能力だけでなく、並外れた想像力こそがモノを言う世界なのかもしれません。

 

特にこのテクニカルなイギリス人同士の攻防は、技も動きもとんでもなくエンタ―テインメントしていて、特別解説の蝶野さんが思わず本気で楽しんだり、素直に驚いて見ていたりするのが超ほっこりしました(笑)

 

オスプレイがエプロンに頭をぶつけて流血したあたりから、もうエンタメ感なくなって単なる殺し合いにしか見えなくなりましたがw

 

さらに、続くスペシャルタッグマッチ

ゴールデン☆ラヴァーズ VS Cody&ハングマン・ペイジ組の試合でも、「なにもそこまでしなくても」ってくらいの壮絶な痛めつけ合いが行われており、蝶野さんのお約束のセリフ

 

「これは(試合を)止めたほうがいいかもしれないですよ」

 

が聞けたことが何よりの収穫でしたね。

 

蝶野さんって本当に真面目だなあ。

 

両国大会で気になったこと

 

全試合について全部細かく書くともうキリがないので、ここからは各試合の感想などを箇条書きで。

 

バレットクラブの同門対決が多すぎ

ケニーとCodyがらみの抗争ならいいけど、その他のメンバーが同門対決する理由がわからないです。

第一試合でのヤングバックス VS 裕二郎&チェーズ組なんか、対立するほどの敵対関係にないじゃん。

新日本プロレスはバレットクラブの抗争をわざわざ拡大させようとしているのか?

 

タイチと飯塚さんのコンビ、意外とイケる

鈴木軍コンビとして、悪いことしかしないこの2人のチームはなかなか面白いなと思いました。

コラボ入場曲もスタイリッシュ。

今回はCHAOSの矢野&石井組との試合でしたが、かなり善戦しており、石井さんにパワー面でもまったく負けていないタイチが良かった。

 

NEVER無差別級6人タッグ王座戦、単なる前座試合すぎる説

タイトルマッチなのに第3試合という、もはや無価値すぎる王座。

挑戦者は、真壁&エルガン&田口という、最近ではマシなほうなメンツですが、やはり単なる寄せ集め感が漂っています。

個人的な見解として、NEVER6人タッグの価値を下げた戦犯はタグチジャパンだと思っているんですが、共感する人はブログランキングをクリックしてください(切実)

 

3WAYでやる限り鈴木軍が防衛しつづけるんじゃねーか

IWGPジュニアタッグ選手権3WAYマッチは、またも混沌な結果となりましたね。

後半はほとんどロスインゴとロッポンギ3Kがバトルをしていたので、まさかとは思いましたがそのまさかが起きてしまった。

リングサイドをウロウロして様子をうかがっていた金丸&デスペラードが、またもタイミング良くベルトを奪取してしまいました。

同じミスを何度すれば気が済むんでしょうかこの4人は。

特にロッポンギ3Kは、セコンドが付いているにもかかわらず仕留められてしまうというバカぷり。

他人をバカバカ言う前にオマエがしっかりアタマを使えよロッキー・ロメロ。

 

内藤さんと鈴木みのるは仲が良さそうで困る

鈴木軍VSロスインゴは、その不穏な空気にカモフラージュされてはいつつも、内藤さんの絶妙な挑発と鈴木のストレートな怒りのバランスがとても噛み合っていて、なぜか俺にはお互いに信頼関係があるように見えてしまいました。

明確な今後の展開はわかりませんが、IC王座戦が実現するとしたら、これまたアツいなあ。

 

 

まとめ

 

アメリカ大会のときも書きましたが、今年の新日本プロレスは本気を出し過ぎですね。

マジで一瞬たりとも目が離せない。

いまこの時代に新日本プロレスを追い続けることの幸福を噛みしめております。

両国大会は、30分前後の試合が多かったのに、ぜんぜん飽きないし体感時間があっという間。

なのに、試合内容は濃厚かつ刺激的。

毎大会、ベストバウトを更新していくとんでもないクオリティに興奮とロマンティックが止まりません。

誰か止めて。

いや止めないで。

 

 

 - オカダ・カズチカ, 公式戦の感想 , ,