【3・21優勝決定戦】ザック優勝を予想してた人! 何人いるか知らんがあんた天才だ!【ニュージャパンカップ2018】

   

今年の新日本プロレスの方向性がまったく読めません。

ストーリー展開があまりにも予測不能で、常識では考えられない出来事がどんどん起きてしまっています。

まあその「常識」というのは、単純に俺自身の経験則から導き出される「常識」に他ならないので、極めて個人的な基準にすぎないわけですが。

 

というわけで、3・21新潟大会『NEW JAPAN CUP 2018』優勝決定戦。

 

 

棚橋弘至 VS ザック・セイバーJr.

 

勝つのはダレですかーーーー?

 

などと言っている場合ではないのです。

 

新日本プロレスファンのおそらく90%以上が棚橋さんの勝利を願っていたであろうこの状況でも、悪魔のようなザックさんが悪夢のような結果をもたらしてしまいました。

 

この結果は、俺の「常識」を超えた大事件であり、もはや新日本プロレスにおけるいちファンの「展開予想」など無意味かつ不毛であるという現実を突き付けられた感じで非常にショックでした。

 

しかしそのショックというのはもちろん決してネガティブなものではなく、どちらかというと快感に近い刺激というか、要するにいま俺はザック優勝という結果にもんどりうってのたうち回るほど大興奮しております。

 

 

 

ナパームデスまたも炸裂! レジェンド撃沈

 

一回戦で内藤哲也を葬ったあの技「オリエンテーリング・ウィズ・ナパームデス」が、勝敗を決めました。

片足にニーロックを極め、足を押し広げてのレッグスプリット、さらにもう一方の足はマフラーホールドでとらえるという、ザックだからこそ可能な拷問みたいな複合サブミッション。

内藤戦でその破壊力を知らしめたヤバすぎるヒザ破壊技が、決勝戦での棚橋戦フィニッシュへの大きなフラグになっていたという地獄展開ですよ。

 

決着のゴングが鳴り響いた瞬間、会場はお通夜みたいな雰囲気で静まり返りました。

 

まさか。。。タナが負けた? みたいな。

 

これまでのザックの活躍を楽しんでいた俺ですら「え? これは夢?」と、思わずホッペをつねってみたりしたほど(嘘)

 

とにかく、新日本プロレス今年の前半戦の大一番で、極悪ヒールでありスポット参戦でもある外国人レスラーが勝利してしまった衝撃に困惑を隠せないファンのみなさん。

 

そんな中、まるで空気も読まずに始まるお約束のTAKAみちのくさんのマイク

 

ニュージャパンカップ2018、優勝したのはダレですかー?

 

優勝したのは、まぎれもなくあんただ、TAKAさん

 



ザックは新日ファンに認められるのか?

 

今大会で感じたのは、一部のファンたちのザックさんへの激しい拒絶反応です。

内藤、飯伏、SANADAと、ノリに乗っている選手たちを撃破しての決勝進出だというのに、ファンの間ではザックのスタイルに対しての賛否両論がずっと巻き起こっておりました。

 

「関節技ばかりで面白くない」とか「技を受けずに弱点ばかり攻める」だとかいう否定意見が多く、つまり内藤や飯伏のような派手なアクションだったり石井やエルガンのようなパワフルなぶつかり合いだったりに見慣れたファンたちにとって、ザックのこまごました戦い方は違和感があるようです。

 

しかし、ザックのスタイルというのは、一見特殊のように見えて実は純粋で正統派なプロレスの姿でもあります。

 

そして彼が体重差なんかをものともせずにトップ戦線を戦うことは、現在進行形で進化しつづける新日本プロレスにとって大きな刺激になると思うんです。

 

そういう意味で、俺はザックの大躍進が素直に喜ばしいし、その活躍がもたらす無限の可能性の広がりにも期待してしまいます。

 

 

 

“新しい棚橋弘至”の解禁はいつ?

 

惜しくも敗れはしましたが、準決勝までそのエースとしての貫禄を見せつけてくれた棚橋さん。

 

見事完全復活を遂げ、オカダ・カズチカの防衛記録を止めるのは棚橋しかいない!というタイミングでもあったことから、大方の予想では今年のNJCは棚橋復活シリーズだという認識だったと思います。

 

ところが、結果はまさかの敗退。

 

今回の決勝戦を見れば、やはり棚橋さんに必要なのは変化なのだなということが誰の目にも明らかですよね。

 

 

敗因はコレじゃね?

 

現状「ハイフライフロー」が、結果的に棚橋さんの自殺技になってしまっています。

 

そのフィニッシュとしての説得力&破壊力は認めますが、技を読まれたときのリスクがあまりにも高すぎる。

 

棚橋さんは、今回のNJC2018記者会見で、こんなコメントを残しています。

昔の棚橋に戻るのではなく、新しい棚橋を創っていくイメージ

 

このコメントの真意は、さまざまなケガで動きも悪くなっていく中で、全盛期の動きに戻すのではなく、できることを伸ばして新たな動きや戦い方を創造していくということだと思います。

 

じゃあ、今回のNJCでそれを見せたかというと、それほど変化は見えませんでした。

 

つまり棚橋さんがもう一度頂点を目指すためにやるべきは、やはり「ハイフライフロー」に変わるフィニッシュの開発。

 

ヒザに負担のない新技を考えろ! 話はそれからだ。



4・1両国大会のメインイベントが決定

 

というわけで、NJC2018優勝を見事成し遂げたザックさんが挑戦するのは、当然のようにIWGPヘビー級王座

 

4・1両国国技館で行われるビッグマッチ『SAKURA GENESIS 2018』のメインで、オカダ・カズチカとのタイトルマッチが決定しました。

 

この日もTAKAさんのマイクが見られると思うと胸アツっす。

 

外道さん VS TAKAさんのマイク対決とか最高かよ

 

オカダの連続防衛記録を止めるのは、まさかのザック?

 

いやいや、それは無いよね。

 

とか思いますが、ありえないことが起きるのが今年の新日本プロレス

 

「どうせオカダが防衛するんでしょ」なんてノンキに構えていられない、緊張感のあるカードになってしまいました。

 

 

まとめ

 

個人的には、ザックさんには鈴木のインターコンチに挑戦するみたいなサプライズを期待していましたが、そのお楽しみはまたの機会にとっておくということで。

 

とにかく、ザックさん優勝おめでとう!

 

 

 - ニュージャパンカップ2018, 公式戦の感想 ,