【新日本プロレス】ザック・セイバーJr.さんの魅力を語らせてくれ【ニュージャパンカップ2018】

   

新日本プロレス春の最強トーナメント『NEW JAPAN CUP 2018』が、盛り上がりのボルテージをグングンと上げながらクライマックスへと突入しております。

 

チャンピオン不在、実績が疑わしい選手のエントリー、棚橋復帰早すぎ説。

 

開催前には、そんな不安&不満が盛り上がりに欠ける要素なんじゃないか? なんて偉そうなこと言っておりましたが、

 

すみません。

 

今年のNJCはそんな要素など関係なく、というかむしろその要素が「予測不可能な面白さ」に繋がっておりました。

 

実績の無かったタイチやチャッキー・T、そしてスポット参戦のザック・セイバーJr.さん。

今年の大会を盛り上げたのは、まさにそのダークホースたちの存在です。

 

中でも、もっとも度肝を抜かされたサプライズは、間違いなくザック・セイバーJr.さんの大躍進ではないでしょうか。



<スポンサーリンク>

ザックさん、もはや鈴木軍になくてはならない男

 

ザック・セイバーJr.さんが鈴木軍に加入してちょうど1年。

2017年3月、柴田勝頼さんに奪われたRPWブリティッシュヘビー級王座を奪還するために、新日本プロレスのリングで行うタイトルマッチに挑戦した「旗揚げ記念日」興行。

そのときのザックの印象は、サブミッションを基本としたランカシャースタイルを得意とした選手でありながら、体系は細身だしノッポだけど分厚さがまったくないという、そのヴィジュアルは一見「弱そう」。

迫力皆無だけどテクニックだけは異常にある選手ということで、うっすらとその存在を知ってはいましたが、まさかこのタイミングでいきなり鈴木軍に加入するなんて思ってもみませんでした(誰も予想してなかったと思うけど)

 

その柴田戦の試合後半に、イキナリ無関係な鈴木みのるが乱入し、ゴッチ式パイルドライバーで柴田さんをKO。そのままザックがPKでピンフォールをとるという最低最悪なタイトル奪取劇。

 

大ブーイングと共に、鈴木軍として新日本プロレスに参戦することになったザックさんですが、ハッキリ言って当時は俺も違和感がありました。

 

めっちゃピースしてるザックさんw
解説のミラノさんいわく「ザックは鈴木軍に似合わない」

 

正統派かつ技巧派のレスラーというイメージで、試合も面白いし海外の人気も高いしで評価としては申し分ないはずのザックさんにとって、鈴木軍加入はマイナスでしかないんじゃないか?って心配にもなりました。

 

ところが1年経ってみてどうですか!

鈴木軍であることがまったく違和感ないほど恐ろしい存在になってますよザックさん。

その容赦ないエグすぎる攻撃と、相手を苦しめてタップアウトさせるという仕留め方が、もはや恐怖でしかないという完全な「悪」

 

というか、もはやザックには鈴木軍しかないんじゃないかってくらいベストな立ち位置にいます。

鈴木の先見の明なのか、それともザック自身が悪のスタイルに馴染んでいくように努力したのかわかりませんが、いまや鈴木軍であることが当たり前になっているところが素晴らしいですね。

 

 

TAKAみちのくのサポートを経てウザさもアップ

 

毎回試合前に行うTAKAみちのくのマイクパフォーマンス。

これがむちゃくちゃウザいし、勝手に試合を仕切っているようでかなり感じが悪いわけですが、そのインパクトもありザックさんの存在感も際立っています。

 

「ニュージャパンカップ2018、みなさんが予想する優勝者はダレですかー?」

 

こんなことを問われたら、いくらウザくても会場のみなさんは「内藤~!」と答えずにはいられない。

少なくともザックではない!という意思表示をしたくなるのがファン心理ですからね。

そこを逆手にとってマイクをうまく成立させるTAKAみちのくのパフォーマンススキルの高さに感心してしまいます。

 

そしてさらに

「いつ、何時どんな態勢でも関節技、サブミッションホールドを決められるこの男! 無限のサブミッションホールドを持つこの男! he is サブミッションマスター !he is ZSJ! he is ザック・セイバーJr.! ザックの前に立つ奴は皆ジャスト・タップ・アウト! ギブアップあるのみ!」

この絶妙なダサさのセリフ回しがまた観客の印象に残りやすい。

最近では「ジャスト!タップ!アウト!」を一緒にコールする人も増えているので、間違いなく定着しています。

 

とにかく、ザックさんのサブミッションの恐ろしさをしっかりと刷り込んで、ザックさんが技を繰り出すたびに不安&恐怖が漂うように心理操作しているところも凄いです。

 

あとザックさんコメントも素敵

 

飯伏さんのムーンサルトに対する正論吐いてるww

 

 

ザックさんの関節技は派手すぎ

 

グラウンドの攻防というのは、基本地味であり、特に会場で観戦するぶんにはかなり見にくくて苦労します。

また、腕のどこを極めているのか? とか、足のヒザ? かかと? アキレス腱? いろいろ技を知っていないとなかなかわかりづらい。

そんな破壊力は誰もが認めながらも見た目が地味な「関節技」というテクニックも、ザックさんがやると派手に見えるから不思議です。

 

内藤哲也戦で見せた「オリエンテーリング・ウィズ・ナパームデス」なんかは、もう名前がクソ派手ですが、実際の技自体も痛さが伝わるような派手さでした。

 

飯伏幸太を下した「ジム・ブレイクス・アームバー」にしても、素人が見ても「ああ早く逃げないと腕が折れちゃう!」と思えるくらい説得力がハンパ無い。

 

つまり、ザックさんの技は、そのザックさんの身体の柔軟さ予測不可能な動き、切り返すタイミングの絶妙さなど、クオリティの高い複合要素が重なって、それが派手さに繋がっていると。

 

 

どーでもいいけどザックさんならこの技できそう

 

 

まとめ

 

NJC準決勝はもっともやっかいな相手とも言えるSANADA戦です。

ザックさんの躍進はまだまだ続くのか?

それとも勢いのあるSANADAにここで止められるのか?

どっちにしても、前哨戦を見る限りでは、100%面白い戦いになりそうなので楽しみです。

しかし今日のところはTAKAさん並にこのブログを締めさせていただきたい。

 

そう。彼の前に立ちふさがる者は、JUST! TAP! OUT!

ギブアップ、あるのみだ!

 

 - ニュージャパンカップ2018, 鈴木軍 ,