【新日本プロレス】スイッチブレード、CHAOS入りしたってよ

   

1・4東京ドーム大会で棚橋弘至のベルトに挑戦するも、多少の期待ハズレ感を残しつつ敗れてしまった、スイッチブレードことジェイ・ホワイトくん。

昨年の華々しい凱旋以降、いったい新日本プロレス内のどのユニットに所属するのか? が注目されてきましたが、先日の2夜明け会見にてあっさりと、CHAOS入りを発表。

しかし、さんざん引っ張ってそこかよ。というツッコミと共に、おそらくみなさんも湧き上がる不穏な違和感を感じたはず。

スイッチブレードよ、それでいいのか?

それとも何か良からぬことでも企んでいるのか?



<スポンサーリンク>

棚橋弘至の提案はなかったことに

 

まずは1・4東京ドーム大会に話を戻そう。

棚橋選手が、ジェイくんとのIWGPインターコンチ王座選手権試合に対し「メリットがない」と愚痴を言っていたことはみなさんも覚えていると思います。

で、自分自身の大きなリターンとして出た条件が「ジェイ・ホワイト、負けたら本隊入り」

つまり俺は負けたらベルトを失うけど、お前は何も失わないのはフェアじゃないからお前もリスクを負え。ってことで、まだ所属ユニットが決まっていないジェイくんに本隊入りの条件を付きだしたわけです。

 

棚橋
「俺が勝ったら俺の軍門に下れ。本隊に入れて俺がきっちり育て上げてやる」

引用:東スポWeb

 

これに対してジェイくんは 無視。

というよりも、棚橋は東スポの取材コメントとしてこれを発したあとにヒザをケガしてしまい、公にジェイくんを挑発するタイミングも失われてしまうんですね。

結局、棚橋の本隊入りの条件はジェイくんに伝わらなかった。

1・4東京ドーム大会で、ジェイくんは棚橋にあっさりと負けてしまいますが、勝った張本人の棚橋も試合後にそのことには一切触れていないことから本気じゃなかったんだなと(あるいはすっかり忘れていた?)。

ジェイくんが本隊入りするわけないのはわかっていたとはいえ、やはりここで棚橋が「負けたんだから本隊入れよ」としつこくジェイを挑発するくらいのことはして欲しかった。

このへんの中途半端感が今の棚橋の余裕の無さなんだなあ。

 

ジェイくん、バレットクラブ勧誘を蹴る

 

棚橋に敗北した翌日の1・5後楽園ホール大会で、ジェイくんはなんとケニー・オメガに誘われます。

ここでもかなりの優遇的な扱いですよね。

凱旋試合で負けたのに、バレットクラブのトップに直々にユニット入りを誘われるわけですから。

実はこの日のジェイくんの試合は、まさかの「北村克哉7番勝負」というヤングライオン企画のカードが組まれており、本人も観客もズッコケたはず。

東京ドームのタイトルマッチの翌日に前座でヤングライオン戦という、最近の新日本プロレス特有の上げて落とすスタイル

昨年だとバッドラック・ファレがニュージャパンカップの決勝戦の翌日にヤングライオンの岡とシングルマッチやらされてましたな(笑)

 

しかし、しっかりとジェイくんには見せ場が用意されていました。

第5試合終了後にで飯伏幸太とCodyが揉めているところへケニー・オメガが登場し、ケニーがCodyの暴挙から飯伏を助けるといった展開になり、女性客(主に腐女子)の嬉しい悲鳴が上がる会場。

飯伏がらみでバレットクラブ解体来るか?

と思わせておいて、意外とあっさりCodyが引きさがったかと思ったらマイクを持ったケニーがスイッチブレードをリングへと呼び込みました。

 

ケニー「ジェイ、俺はオマエの中に可能性を見出しているんだ。オマエの中には世界がある。まるで2015年のザ・クリーナーを見ているようだ。オマエの中にはコンプリートなパッケージが出来上がっている。だから、オマエをBULLET CLUBに迎えよう。BULLET CLUBのスイッチブレードだ」

引用元:新日本プロレス公式HP

なかなかの誉め言葉ですよこれは。

ジェイくんの可能性を見出して、最大限の賛辞を送っております。

で、さすがにジェイくんも悪い気をしていない様子で、受け取ったバレットクラブのTシャツを着用。

正直、個人的な希望としてはジェイくんのバレットクラブ入りは安直すぎて面白くないなあって思っておりましたので、あ、入っちゃうんだ。。。と多少の失望も入りまじる気持ちで見ていたところ。

 

ジェイくん豹変!

 

おおおおお!

 

やってくれたなジェイ!(歓喜)

 

なんと、ケニーにブレードランナーをブチかましてKO!

バレットクラブ入りを拒否するというアツい行動を見せてくれました。

これで、棚橋戦での不甲斐なさも帳消しになり、俺の中のスイッチブレード評も爆上がり。

「一筋縄ではいかない奴」って、キャラクターとしてなかなかクセがあって魅力的ですな。

 

 

それでなんでCHAOSなんだよ?

 

さらにその翌日の1・4東京ドーム2日明け会見にて、ひととおり記者の質問に応えたオカダ・カズチカ選手が自ら「紹介したい人がいます」などと言いだし、一部の女性ファンがまさか結婚相手を呼び込むのか?などと無駄すぎる期待をしている中で登場したのはまさかのジェイくん。

 

うそだろおい。

スイッチブレードがもっとも入らないであろうと予想していたユニットがCHAOSだったので、かなり驚きました。

 

だって、CHAOSってヒールとは程遠い集団じゃん。
YOSHI-HASHIが所属してるし(笑)

 

理由がケニー・オメガと対立してUSヘビー級ベルトを狙いたいからとのこと。

ものすごく納得できない理由、というか不自然だなと思いました。

そんな理由で、こんなにあっさりと所属ユニット決めちゃっていいの?

で、このシーンですよ。

ジェイくんがオカダにハグを要求するんですが、ここでオカダが一瞬嫌がるんです。

先日のケニーへの、一瞬仲間になったと思わせて攻撃したジェイくんの姿を思い起こしたんでしょうね。

なるほど。

ジェイくんは、すでに1・5後楽園ホールのケニーへの対応で、しっかりと「一筋縄ではいかない」イメージを残しているんだなと。

CHAOS入りをしたけど、これは一時的なものでしかないなと思わせる瞬間ですよね。

つまり、ジェイくんは目的に合わせて所属ユニットを渡り歩くスタイルの、アウトローキャラとして今後やっていくんではないでしょうか。

そうなると、なかなか緊張感があって面白いかもしれない。

というか、そんな奴はいままでいなかったので新鮮だし「スイッチブレード」というネーミング的にもキャラクターにあっているじゃないかと、かなり腑に落ちたわけです。

 

まとめ

 

早速1・28札幌大会『THE NEW BEGINNING in SAPPORO ~雪の札幌2連戦~』にて、ケニーとのUS王座戦が決定したスイッチブレード。

ちょっと待てよ?

いきなりタイトルマッチが決まるってずいぶんとスピード展開ですね。

つーことは、ここでスイッチさん勝つか負けるかしたとして、早くもCHAOSにいる意味なくなったりしたらウケますな。

いずれはIWGPヘビー級王座にも挑戦するだろうし、そうなったときにオカダとどんな対立方法を取るのかも見ものですが。

とにかく、スイッチブレードの今後の動きには注目していきたいなと思います。

ではでは。

 

 

 - 新日本プロレス , ,