【新日本プロレス】夢を叶えた内藤哲也の冒険

   

34995人という動員数を記録し大成功に終わった今年の1・4東京ドーム大会。

新日本プロレスがいま実現可能な最高のカードが出そろった豪華なラインナップが話題になりましたが、中でもやっぱり誰もが悶絶したカードは、メインイベントであるオカダ・カズチカVS内藤哲也の一戦でしょう。

試合内容とか勝敗とか以前に、俺はこの2人のシングルマッチが新日本プロレス最高のカードであることに感動を隠せないんです。



<スポンサーリンク>

内藤のドラマ第一部完ッ!

オカダ
「内藤さん、東京ドームのメインイベント、どうだった?
最高に気持ちいいだろ?
そして、勝つとな、もっと気持ちいいぞコノヤロウ。
また、やろうぜ。
東京ドームのメインイベントで、もう一回やろうぜ」

内藤はこの笑顔

 

 

IWGPヘビー級王座選手権 オカダ・カズチカVS内藤哲也の試合終了後のシーンですが、ここだけ何度見返しても泣けてきます。

 

絶大な強さを誇るオカダと絶大な人気を誇る内藤、この2人のライバル関係があまりにも美しい。

オカダは東京ドーム大会のメインイベンターの常連、一方の内藤は初の1・4メイン。

2014年の1・4東京ドーム大会では、メインのはずだったのに余計な人気投票によりセミファイナルに降格してしまうという屈辱を味わった内藤。

しかし、今となってはそんな苦い経験も、サッカー日本代表におけるドーハの悲劇同様に「内藤にとって必要な試練」であったのではと考えずにはいられないのです。

だって内藤のドラマを語るうえで、この悲劇は絶対に避けて通れないエピソードですから。

この試合をターニングポイントに、内藤は自らの方向性を模索していくことになり、後のロス・インゴベルナブレス・デハポン誕生、IWGP戴冠といった内藤ムーブメントへと繋がるわけです。

それを踏まえて今回の1・4東京ドームでのメインを見れば、2014年の悲劇が必然にしか思えなくなりますよね。

 

内藤の夢は→to be continued

 

内藤はついに夢を叶えましたよ。

中学3年生のときに掲げた叶えるべき3つの夢。

 

新日本プロレス入団

IWGPヘビー級ベルト

1・4東京ドーム大会のメインイベント

 

 

内藤哲也の夢が叶った瞬間

 

「俺は、負けてなんかいねぇよ。勝つまで、何度でもやってやるよ・・・とか言うレスラーいるけどさぁ、俺はそういうの嫌いだから。今日はスリーカウント聞いたのは事実だからね。まぁ、勝った者が全部、素晴らしいんでしょう。勝った者が全て正しいんでしょう。いや、非常に悔しいですよ。オカダにも、そしてお客様にもかつて笑われましたよ。『東京ドームのメインが夢か』って。でもさぁ、これは俺が、中学3年生の時に立てた目標だから。これ、俺は大事にしてきたから。誰に笑われようと、大事にしてきた夢だから。まぁ、今日、俺は何か一つ、ゴールを迎えたっすかね!? まぁでもそれは、中学3年生の時に立てた目標のゴールであり、今日、ゴールを迎えた時点でまた新しい夢が見えてきましたよ。レスラー内藤哲也としての夢が、出てきましたよ。まぁ、また次の機会に発表しますよ。今、一つ言えることは、俺は必ず、またこの舞台に戻ってくるから。東京ドームでの大合唱、皆様、楽しみに待っててください。

引用元:新日本プロレス公式HP

この清々しいコメントがすべてを物語っておりますが、とにかく内藤は勝敗とか関係なく満足感に溢れていますよね。

中3の時の夢をついに叶えた。

これはつまり言い換えると、今までずっと中3の時の夢に縛られていた内藤が、やっとその呪いから解放されたということじゃないかなと。

そう考えると、先ほどのコメントにあった「今日、ゴールを迎えた時点でまた新しい夢が見えてきましたよ。レスラー内藤哲也としての夢が」というところにもの凄く期待してしまいますよね。

夢を叶えた内藤哲也が。思い描く次の夢。

今までは中3の夢でここまできた。次からやっとレスラー内藤の夢を追うことができるわけです。

きっと、とんでもない夢に違いない。

 

内藤VS世界(ザ・ワールド)

 

さて、1・4東京ドームの翌日、1・5後楽園ホール大会「NEW YEAR DASH !!」のメイン終了後。

ロスインゴが勝ち、いつものように内藤が「デ・ハポン!」の大合唱で締めた直後に乱入してきたのは、まさかのクリス・ジェリコでした。

 

いや、ジェリコさんは1・4大会でのケニー戦後に「明日もう帰る」発言をしていたはずでは?

 

ジェリコ「あれは、リップサービスだよ」(とは言ってません)

 

 

とにかくジェリコが内藤を標的にしたということで、まさに世界が内藤哲也を新日本プロレスの人気ナンバーワンレスラーと認めた証明ですよこれは。

 

オイオイ、どうしたんだよ、クリス・ジェリコさん! 何でそんなに熱くなってるんだよ!? 俺はよく知らないけどさぁ、彼は世界的に有名なレスラーなんでしょ? 俺のことが気になっちゃったのかなぁ。まぁ、熱くなってくれるのは構わないよ。でも、そんな彼には、あの言葉を贈りたいな。分かるだろ? そう、まさに、トランキーロ! あっせんなよ!

引用元:新日本プロレス公式HP

内藤に絡みたくなっちゃったジェリコ、それを軽くあしらって挑発する内藤。

もはや内藤の価値は世界レベルに上がっているわけです。

 

 

まとめ

 

内藤とジェリコの絡み、もっと見たいですよね。

そして、青春時代の夢から解放された内藤が、今後どんな大きな目標を掲げて突き抜けていくのかも見てみたい。

内藤がレベルアップしてオカダもレベルアップすることで、2人のライバル関係もさらに濃度を増すでしょう。

つまり、今年も内藤哲也から目が離せないってことっすよ。

 

最後に。

こんなのも目が離せないw

 

ではでは。

 

 

 

 - WRESTLE KINGDOM 12, 内藤哲也 ,