【新日本プロレス】鈴木みのるの侵攻計画は順調に進行中でした

   

 

 

「おい棚橋よ、次の標的は、お前だ」

 

新日本プロレスのビッグマッチ1・4東京ドーム大会で敗北し、NEVER無差別級王座というタイトルを失い、またトレードマークの悪魔の実ヘアを刈る羽目になってしまった鈴木みのるさん。

しかし、翌日の後楽園ホール大会では、元気な姿で会場に現れ、大方の予想通りというか、満を持して新日本の中心へ攻撃を仕掛けてきました。

これはまさに、2018年最初の衝撃。

鈴木みのるの新日本侵攻計画は、何の狂いも無く順調に進行しているようですな。

 

試合に負けたくせに株を上げる男

 

1・4東京ドーム大会という、豪華絢爛なカードが目白押しな中でも、俺が個人的にもっとも期待&注目したカードが、第5試合のNEVER無差別級王座戦でした。

王者 鈴木みのる VS 挑戦者 後藤洋央紀

しかもノーセコンドの髪切りデスマッチということで、負ければ屈辱&権威喪失という崖っぷちの緊張感に満ちたこの一試合について、まずは語らせてください。

髪切りデスマッチは、負ければバリカンで髪を刈られるルールです。

つまり試合直後に、負けた選手は東京ドームのリング上で丸坊主にさせられるという、屈辱の極みを浴びせられるわけです。

まさに、今回の東京ドーム大会の中でもかなりスリルのあるタイトルマッチ。

賭けているのはベルトだけじゃなくて、つーかどっちかというとベルトなんかよりももっと大きなモノ(プライド)だったりしますから。

で、当然のように試合はもう壮絶というか、王者である鈴木みのるが後藤を圧倒しまくるバチバチの展開。

ケニーVSジェリコもバイオレント&デンジャラスな戦いでしたが、鈴木VS後藤も十分ヤバい試合でした。

開始早々、鈴木のスリーパーで後藤が失神してしまうという、観ているこっちがゾッとするハプニングもありました。

 

いつのまにかしっかり入っちゃってるスリーパーで

殿、思いっきり失神

鈴木、暴力でムリヤリ殿を復活させる

 

この流れ、鈴木の機転によって何事も無く試合が続行できましたが、観ていてかなりショッキングな場面で、解説の蝶野さんも「止めた方がいいのでは?」などと本気で言っておりました。

その後も鈴木はその強さ&怖さを見せつけましたが、ラストは後藤の雪崩式牛殺し→裏GTR→正調GTRという流れで決着。

後藤のリベンジがついに成功したわけです。

2017年、鈴木が防衛してきたNEVER無差別級ベルトがついに鈴木の手を離れるときがきました。

さらに今回は髪切りデスマッチですので、当然鈴木はベルト喪失と同時に屈辱も受けるわけです。

 

さて、どうなるのか?

 

こうなります

負けた鈴木は自ら髪をバリカンで剃り落とし、その潔い姿にファンが熱狂。

Twitter上でもそのほとんどが絶賛の声という騒ぎになり、負けてベルトを失って髪の毛も失ったくせに、実はいちばんカッコ良くオイシイという、さすがの自己演出を見せつけるのでした。

つまり、負けたくせに株を上げまくり。

とんでもない策士やでこいつ。

 



NEVERに大きく貢献した男の最期

 

鈴木みのるはNEVER無差別級王座のベルトの価値を大いに上げました。

もし、鈴木がNEVERを持っていなかったら、今回の豪華すぎるカードだらけの東京ドーム大会でこのタイトルマッチがこれほどの注目を浴びていたでしょうか?

鈴木が王座についてからのNEVER無差別級ベルトは、挑戦をアピールしようものならシリーズ中は鈴木軍にフクロ叩きにされ、タイトルマッチも凄惨なデスマッチという、シロウトがうかつに挑戦できないヤバいタイトルと化しました。

IC王座のように、誰もが挑戦表明できるような代物じゃない。

ベルト挑戦への緊張感がハンパないわけです。

東京ドームでの後藤戦も、ギリギリまで挑戦表明を無視したあげくに、「挑戦するならなんか賭けろ」と言い放ち、後藤は髪の毛を賭けると言ったことで試合がやっと決まりました。

しかも、最初は鈴木はベルト後藤は髪の毛と、お互いが大事なモノを賭けるといったニュアンスだったはずなのに、いつの間にか(つーか鈴木が勝手に)鈴木まで髪の毛を賭けることになっていました。

後藤が髪の毛を賭けて、鈴木は髪の毛とベルトの2つを賭けているという、完全に鈴木にとってワリに合わないクレイジーなデスマッチ。

なんじゃそりゃ。

といった素直な疑問が湧きますが、これは鈴木が自分で決めたルールです。

つまりこれ、最初から負けても自分がカッコよくなれるように仕組まれた、鈴木の戦略だったってことですね。

鈴木は、これ以上無いほどカッコよくNEVERのベルトを手放しました。

それはもちろん、次の計画にスムーズに移るための布石にほかならないわけです。

 

棚橋のファンは気が気でないだろうね

1・5後楽園ホール大会で、お目見えしたスキンヘッドの鈴木みのるは、もはや以前よりも恐怖度アップ&狂暴度アップ。

対戦カードが発表された時点で、ああついにエースの受難がきたかと思わざるを得ないというか、その次なる標的が明らかになりました。

鈴木みのるの標的になるということは、徹底的に壊されるということですので、棚橋ファンはもう気が気でないでしょうね。

ただでさえケガの多い棚橋が、このタイミングで、しかも思いっきり怖くなった鈴木のターゲットになっちゃった。

恨むのなら後藤を恨んでください(笑)

 

 

次はICベルトが鈴木色に染まるのか?

 

そして棚橋が持つIWGPインターコンチベルトですが、現在までビリー・ガン、ザック・セイバー、飯伏幸太、ジェイ・ホワイトと防衛を続けていて、なんとなくまだ世界観が見えてきていない感じなので、鈴木が持てば・・・・

って、もう鈴木がICベルトを奪取することを想像しちゃっていました。

 

まだタイトルマッチも決まっていないのに(たぶん札幌)

 

いや、この話は気が早すぎるのでまた今度。

ただ、2017年の1・5に帰還した鈴木みのるの新日本侵攻計画は、この1年でしっかり結果を残してさらに勢力を増して中心部を攻めてきているってことだけは確かです。

エース棚橋が、鈴木の攻撃&凶行をどう凌ぐのか?

新日本プロレスの今年前半のストーリー展開は、しょっぱなからもう目が離せません。



まとめ

 

IWGPタッグ戦線で恐ろしい強さを見せたKES、ジュニア戦線を盛り上げた鈴木軍ジュニア勢、G1でも大暴れしたザック・セイバーJr。

新日本プロレスの唯一無二の極悪ヒールとして、実力&パフォーマンス力申し分なしの鈴木軍は今年も盛り上げまくってくれるでしょう。

丸坊主になって一層凶悪さを増した鈴木の動向もますます気になる。

タイトルが無くなって自由を手に入れたプロレス界の王。

世界一性格の悪い男には、今年こそ世界を巻き込んで暴れていただきたい!

以上!

 

 

 - WRESTLE KINGDOM 12, 鈴木みのる , , ,