【新日本プロレス】どうなる? NEVER無差別級王座戦【後藤洋央紀】

   

みんなでプロレスイッテンヨン!

などという勢いだけのキャッチコピーで盛り上げている新日本プロレスの1・4東京ドーム大会が迫ってきました。

前哨戦も残りわずかという中で、いまだ対戦カードが不明瞭というか、ひっぱりすぎて逆にどう転ぶのかわからなくなってきたのがNEVER無差別級タイトルマッチの行方ですよね。

 

NEVER無差別級ベルトの価値

 

現在のNEVER無差別級チャンピオンは、説明するまでもなく鈴木みのるです。

第4のベルトと言われ、比較的地味で華やかさもなく、「泥臭いタイトル」というイメージの強いこの王座ですが、鈴木が王者になってからはまた新たなイメージが付きましたよね。

そう、血なまぐさくバイオレントで危険なタイトルというイメージです。

そういう意味で、鈴木みのるはこのベルトに新たな価値を付け加えるという偉業を成し遂げました。

 

第4のベルトでありながら、ほかのベルトとの明確な差別化をすることに成功した。

いまだにインターコンチなんかは立ち位置がわからない状況なのに、鈴木はタイトルを獲って一発でベルトの方向性を自分のものにしてしまったわけで、これって実は凄いことなんじゃないかって思います。

以前も記事に書きましたが、とにかくNEVER無差別級は「無差別」であることこそが売りです。

それはウエイトだけのことではなく、自由な戦い方や決着の付け方なんかも含めてのNEVERだ、というのが鈴木の価値観。

完全に後付けであり、詭弁でしかないですが、このへんのムリヤリな辻褄の合わせ方も鈴木みのるのプロレス脳の素晴らしさですよね。

で、そんな鈴木の好き勝手な解釈とタイトルマッチにおける凶行の数々のおかげで、NEVER無差別級ベルトの価値はいまや爆発的に上がっております。

もちろんその価値は、鈴木からベルトを奪ったときにこそ発動する「価値」です。

さんざん暴虐の限りを尽くした暴君、鈴木みのるに勝った者が得られる栄光こそが「NEVER無差別級ベルトの価値」となるのです。




 

殿が鈴木を倒して栄光を掴むまでの道

 

今年の東京ドーム大会で柴田勝頼からタイトルを奪取した後藤洋央紀(以下:殿)ですが、その後まったくもってベルトを持て余してしまっており、ジュース・ロビンソン、パニッシャー・マルティネス、ザック・セイバーJr.と会社が勝手に組んでくれた相手から防衛したくらいの実績しか残せず、ついに鈴木みのるに奪われてしまいます。

ハッキリ言って、鈴木がNEVERを獲らなければ、今年のNEVER戦線はどうなっていたかと思うとゾッとします。

おそらく永遠に、よく知らない外国人レスラーや若手の成長株育成のためのタイトルになってしまっていたでしょう。

そういう意味でのNEVER。

まさに鈴木みのるの言う「決して差別が無い」という意味とは真逆のNEVERになってしまうところでした。

で、殿は年末のこのタイミングで鈴木にまた噛みつきます。

いままで大人しくしてたくせに「もう一度俺にやらせろ」と。

ここで、多くのプロレスファンは1・4東京ドームで殿の雪辱戦決定だな。これで殿が戴冠して一件落着だろうと予想しますよね。

 

しかし、いまだカードは確定していません。

 

11月の大阪大会から前シリーズ「ワールドタッグリーグ」にかけて、遺恨づくりすべく散々鈴木と殿のタッグマッチがラインナップされておりましたが、ぜんぜん決定しない。

挑戦表明する殿、あしらう鈴木。

殿「お前のほうからやらせろと言わせてやる!」

これ、へそ曲がりの鈴木は絶対言わないパターンですよね。

矢野通がベルトを盗んだときは、速攻で「ぶっ殺してやる!」ってなったのに、殿が何を言おうがまったく無視。

最初はあっさりカードが決まると思っていたファンも、何か様子が違うことを感じ取っています。

もしかしてこれ、土壇場で何かあるんじゃないか?

 

殿が賭けられるモノってそれだけ?

 

鈴木

なぜ俺に負けっぱなしの奴の願いを俺が叶えなきゃいけねえんだ? 俺はこのベルトを賭ける。そして、下のほうにいるてめえは、なぜ何も賭けない? (笑)まあ、お前には賭けれるようなモノ、ひとつも持ってねえだろうけどな

 

ワールドタッグリーグのシリーズ最終戦で鈴木が言い放ったセリフです。

ここまで大勢の前でバカにされた殿が、一体どんな反応をするのか?

これは鈴木が与えた、殿への大チャンスなわけですよ。

ここで会場を湧かせる提案をして、観客を味方につければ鈴木も首を縦に振らざるを得なくなるわけですから。

そこで飛び出したのがこのセリフ。

 

鈴木、ひとつだけあるぞ。この髪! 賭けてやってやる!

 

 

は?

 

この状況でのまさかのカベジェラ戦の要求に会場騒然(悪い意味で)

 

しかし、バックステージで鈴木さんが早々につっこんでくださってましたが。

 

「髪の毛? お前の髪の毛にどれだけ価値があるんだよ?」

というわけで、髪の毛を賭けるぐらいではまったく響かなかった様子(笑)

 

そりゃそうだろ。

 

鈴木は土下座しろとか、魂を賭けろとか言ってるのに、殿は「髪の毛」なんかを賭けると言ってきているんだから。




 

カベジェラ戦は殿にとって逆境では?

 

そもそも、殿が「髪の毛」を賭けるとどうなるのか?

そう。

誰も殿を応援しなくなりますよね。

 

なぜなら、みんな殿の丸坊主を観たいw

 

鳴かず飛ばずで停滞している殿の爆発を願っているファンからすると、NEVERを獲ってまた普通のチャンピオンとしてそこそこの活躍をする殿よりも、坊主になって立場的にも心境的にも崖っぷちになった殿が死にもの狂いで暴れ出す姿が見たいはず。

 

坊主、似合いそうだし

 

まとめ

 

さて、追い詰められた殿は、残りの大会にどんな方法で鈴木を挑発するのか?

カベジェラ戦だけはやめてあげて。

もし殿が勝ったら、東京ドームがあからさまにガッカリしそう。

とにかく今後の前哨戦、ますます楽しみです。

ではでは

 

 - WRESTLE KINGDOM 12, 鈴木みのる , , ,