【ワールドタッグリーグ2017】決勝進出チームが決定したってよ

   

新日本プロレスの年末シリーズ『ワールドタッグリーグ 2017』(以下WTR)もついに終盤。

「主役不在」と言われた(というか俺が勝手に言っていた)今回のシリーズですが、フタを開けてみたらやっぱり主役不在。

俺なんかはシリーズ中盤くらいから普通に興味を失っており、このブログを読んでいる方ならご承知の通り、ここ最近はバックステージコメントの話題とか、棚橋弘至さんの話題とか、松井珠理奈さんの話題とか、ぜんぜんWTRシリーズと関係ない記事ばかり更新しておりました。

というのも、アクセス数と反響がぜんぜん違うというのが理由でありまして、要するにWTRのネタだと人を呼べない(泣)

つまり世間的に、というか宇宙の法則的に、WTRがじぇんじぇん盛り上がっていないというね。



<スポンサーリンク>

 

EVIL&SANADA組に優勝してもらわないとマジで困る

 

さて、決勝戦に進出したのはAブロックからはEVIL&SANADA組、Bブロックからはタマ・トンガ&タンガ・ロアのGODという結果となりました。

ということは、俺がシリーズ直前に予想した結果がまったくカスりもしていないというね。

まあ予想なんてものは単なる余興でしかないわけだし、AブロックのEVIL&SANADA組に関しては文句ないです。

ただ、Bブロックですよね。

これね、意外にEVIL&SANADA組が必殺技のマジックキラーをアピールしだしてから嫌な予感というのはありましたよ。

なんかバレットクラブを挑発してね? みたいな。

でもまあここまで見事にフラグ回収するなら、最終的にはEVILさんがバカのひとつ覚えみたいにずっと言っていた「史上最高のフィナーレ」を実現させていただきたいですね。

 

つまり優勝しろと。

 

トンガ野郎どもにこれ以上デカいツラをさせるなと。

 

【良かったシーン】

最終戦の試合後、タマがロスインゴを呼び込むとEVIL登場

この颯爽と登場してくる感じは闇の王感ゼロ(笑)

 

個人的に、東京ドーム大会でいつもの3チームによる3WAY戦だけは見たくないので、ぜひぜひぜひEVIL&SANADA組の勝利を願います。



順当すぎるリーグ戦の結果

 

今回のWTRのリーグ点数表を見ると、マジで「普通」すぎる結果だと思いませんか?

なんだかんだで、EVILさんがこれまた九官鳥(もちろん闇の世界の)のように繰り返していた「ノープロブレム、ノーサプライズだぁ」がそのまま全チームの結果になっております。

 

【Aブロックの結果】

タニタ食堂かってくらいバランスのとれた点数の散らばり具合です。

第三世代が固まったことで調整がしやすくなっている感じは、まさにトクホ食品的役割ですよね。

ロスインゴや鈴木軍、サミ・キャラハンなんかの脂っこいもので摂り過ぎた脂肪をうまく分解してくれています。

ここで、Aブロックの結果を通して、ファンのみなさんに「健康的な食生活、してますか?」というメッセージを送っていたことが明らかに。

 

【Bブロック結果】

 

シンプルに、極端に強いとこと極端に弱いとこを一緒にするという、問答無用の格差社会構造です。

貧困層であるフィンレー&北村は「筋肉」と言う名の生活保護を、真壁&ヘナーレ組は「ケガからの復帰」という生活保護をそれぞれ受けて頑張って生活しておりましたが、しょせんモノホンの富裕層には勝てないというか、貧富の差はそんなものでは埋められないと。

社会に見捨てられた貧乏人チームが、這い上がることもできずに結局裕福チームに星を献上しただけという結果になってしまいました。

こんな泣ける点数表があっていいのでしょうか?

 

まとめ

 

ちなみに今回のWTRの俺の優勝予想は、マイケル・エルガン&ジェフ・コブ、または永田&中西という、今考えるとクソみたいな予想でした。

いや、別に予想なんて個人の自由だからいいじゃん!

でもこの順当すぎる結果を見ると、こんなファンタジックな予想を真顔でしてしまった自分自身がちょっとハズカシイです。

EVILさんがしつこく言っていた「ノーサプライズ」の言葉が、ようやくここで生きてくるとは。

最終戦のマイクでもまったく同じこと言っていたんで、マジで優勝お願いします!

決勝戦は12・11福岡大会! めっちゃ楽しみ!

ではでは。

 

 - ワールドタッグリーグ2017 ,