【スターダム】紫雷イオがファースト写真集でヌードになったってホント!?

   

東スポWebの記事によると、女子プロレス団体「スターダム」のエースである紫雷イオちゃんがファースト写真集を出すと。

で、その写真集では初ヌードに挑戦しているとのニュースが。

紫雷イオ ファースト写真集で衝撃の初ヌード披露「全力で脱ぎました」

ヌードが見られるんなら100%買いだが

 

さて、このニュースを聞いて心と股間が震えない男などいないと断言しておきます。

紫雷イオと言えば、女子プロレス界のアイドルであり誰もが認める実力者。

そんな、可愛さとセクシーさと強さ、愛しさと切なさと心強さをも併せ持った、篠原涼子もびっくりの美しき女子レスラーがヌードに!

 

これ、つまりヌード写真集という認識でいいんでしょうか?

いやもう歯に衣着せずにぶっちゃけて言わせていただくと

 

チクビをしっかりと出してるんでしょうね?

 

ということですよね。
そのへんをハッキリしてもらわないとマジでモヤモヤします。

東スポの記事によると、凄く表現が曖昧というか確信が持てないというか。

 

【東スポ記事内のヌードに関する表現】

  • 天空の逸女が丸裸に
  • 一糸まとわぬ姿を披露
  • 裸で横たわるショットでは豊満なバストがハッキリと
  • 説明しようのないシーンがページをめくるごとに飛び出す

 

いかがでしょうか?

どこにもチクビに関する情報が書かれておりません。

唯一「豊満なバストがハッキリと」という表現があり、思わず鼻息も荒くなりますが、当然シーツや何らかのアイテムで肝心の部分がピンポイントで隠れている可能性もありますし、なんなら手ブラしているかもしれない。

どちらにしても、「ハッキリと写っている」=「チクビが写っている」と判断するにはあまりにも危険です。

そもそも「バスト」というワードは、解釈が幅広すぎます!

「バスト」は上半身を表す言葉でもありますし、もしチクビがハッキリ見えているなら「バストトップ」という表現を使うのが一般的なのではないでしょうか?!(興奮気味)

多少取り乱してしまいましたが、要はヌード写真集なら「買い」、セミヌード止まりなら「買い・・・いや、不要」ということになります。



<スポンサーリンク>

 

女子プロレスラーのヌードのガッカリ感

 

もうひとつの問題点というか、ものすごく初歩的で根本的な問題があります。

「ヌード」とは、すなわち想像が現実となってしまうという危険性をはらんだ行為であるということ。

それまで自分の中で想像していた女の子のカラダ。

でも、実際に見てみたらなんか思い描いていたのと違うということは良くあります。

特に、多くの女子プロレスラーがヌードになった過去を知っている者であれば、その状況は理解できるはず。

今まで、アイドル系レスラーやセクシー系レスラー、熟女レスラーなど、数々の女子プロレスラーがヌードを発表してきましたが、どれもがすこぶるガッカリな裸体で、なんなら「よくこのカラダで脱げたなオイ!」なんて人もいました。

それまでは「ヌード見たいな」なんて思っていたのに、実際に見たら「出さないほうがよかったのでは?」なんて、お前何様だよと言われようがそれがスケベ心というもの。

で、紫雷イオちゃんの話に戻りますと、そもそも彼女は、セクシーショットに定評があるというか、基本的にセクシー路線のグラビアを雑誌などで頻繁に発表しております。

過去にもセミヌードに近い姿は披露しているので、それを超えるにはもはや完全なるヌードにならなければ意味が無いわけです。

今回の写真集に関しては、いまだ見せぬ領域である「チクビ」を見せるか? 隠すか? という一点のみが大きなポイント。

そんな期待指数がバリ高い中でマンを持して見せた全裸が、もし想像と違った場合、つまりガッカリなハダカだった場合を考えるとちょっと怖くもあるというか。

結果的に、セミヌードのほうが想像が掻き立てられてエロかったということにもなりかねない。

それほどまでに、女子プロレスラーのヌードには大きなリスクがはらんでいるわけです。

 

紫雷イオがヌードになる必要性はない

 

別の視点で考えてみましょう。

紫雷イオちゃんは現役のスター選手です。

よーく考えると、ヌード写真集を出す必要性などまったくないということに気付きますよね。

「スターダム」においては、チャンピオンであるワールド・オブ・スターダム王座V14という防衛記録を打ち立てております。

6月に王座が奪われ、さらにケガの治療のため数か月欠場しましたが、復帰後の11月19日後楽園ホール大会ではワンダー・オブ・スターダム王座を奪取。

 

普通に看板スターだし、この人が女子プロレス界をひっぱっているのは間違いないわけで、そんな人がチクビなんかを気安く出すのはちょっとどうなの?という疑問が湧きます。

本人いわく「女子プロレスをもっと広めたい」という素晴らしい意識があるのはわかりますが、身を張りすぎなのではないでしょうか?

 

まとめ

 

というわけで、「写真集でヌード披露」という宣伝文句に思わず反応してしまいましたが、冷静になって考えるとこれは過剰表現の宣伝であり、実際はセミヌード止まりなのではないか?という結論に至りました。

「ヌード」と聞いてつい条件反射で予約してしまいそうになりましたが、そんなスケベ男子のみなさんもまずは冷静になってみてください。

断言します。

チクビは封印されていると。

だから慌てる必要なし!

とか言いながら、俺なんか発売日に購入してる可能性が微レ存ですが。

紫雷イオ ファースト写真集 『素顔』←清純派女優のAVデビュー作にありがちなタイトル
気になる発売日は12月16日、ワニブックスより発売!

ではでは。

 

 - 女子プロレス