【新日本プロレス】ワールドタッグリーグ開幕直前で本気の優勝予想

      2017/11/19

さて。ついに11・18後楽園ホール大会で開幕する『WORLD TAG LEAGUE 2017』。

年末の新日本プロレスにおけるビッグシリーズのはずだったのに、主力メンバーが誰も出ねえというクソ盛り上がらない展開になって、しかもシリーズ通しての大会日程が多いから、1大会における公式戦の数も減っているという何もかもがガッカリな逆風展開。

これ、どうすんの?

どうしてくれんの?

と、小一時間ほど新日本プロレス側に詰め寄りたい気持ちを抑えつつ、俺たちファンが楽しまなきゃどうするんだと自らを奮い立たせる意味で、本意気の優勝予想します!

覚悟はいいか? 新日本プロレスよ。

 

本気の優勝予想 その① 消去法

 

昨年の優勝チーム不在、オカダ・カズチカ不在、ケニー・オメガ不在、棚橋弘至不在、そして、内藤哲也が不在。

こんなんで盛り上がるのかよタッグリーグ!

などと心配になりつつも、ある意味この状況で盛り上がることができたなら、新日本の次世代レスラーたちの未来は明るいという証明にもなるわけで、これはまさに「試される次世代」という構造になっております。

さらに、主役不在のリーグ戦だからこそ、逆に予想しやすいというメリット(?)もある。

てなわけで、まずは本気予想の第一歩として、もっとも初歩的な「消去法」を行ってみましょう。

 

【絶対優勝できないチームの特徴一覧】

  1. ヤングライオンがいる
  2. 現IWGPタッグ王者チーム
  3. 東京ドームでほかのタイトルマッチにからむ可能性のある選手がいる
  4. いつも負け役の選手がいる
  5. 飯塚高史がいる

 

このへんを省けば、もうかなり絞られるんじゃないでしょうか(笑)

まず、東京ドーム大会での未決定カードを予測することで、別のタイトルマッチに絡みそうな選手がおのずと見えますよね。

たとえば、NEVER無差別級6人タッグ王座戦なんか超やりそうじゃないですか。

となると、現チャンピオンのロスインゴの2人は、タッグとしての実力はあるけど優勝できないんじゃないか?と推測できます。

もちろん、同じ理由で現IWGPタッグ王者のKESも優勝が無い可能性が高い(つーか100%無いw)

さらに「飯塚高史」という存在も特異すぎて、場を荒らすだけ荒らして反則負けしちゃう人なんで、この人とタッグ組むということは、=優勝する気が無い(笑)

さあ、これで相当チームが絞られましたね。



<スポンサーリンク>

 

 

本気の優勝予想 その② 初参戦レスラーの存在

 

昨年のタッグリーグで大活躍したのは、初参戦だった「ウォーマシン」です。

開幕戦に登場し、そのデカい図体から繰り出すパワフルな技と驚くほど身軽な動きが観客を魅了。

その後も新日本プロレスのリングに上がることになり、IWGPタッグベルトも巻きましたよね。

同じく初登場したリーランド・レイス&ブライアン・ブレイカーは、頑張ってはいましたがやはりそれほど爪痕を残せずその後の活躍に繋がらなかった。

ということは、間違いなく初参戦のレスラーにとってこのタッグリーグは自分をアピールする最大のチャンスであるということです。

Aブロックの「ジュース・ロビンソン&サミ・キャラハン」

Bブロックの「マイケル・エルガン&ジェフ・コブ」

この2チームは確実に台風の目になるということですね。
問答無用で優勝候補でしょう。

ジェフ・コブ、こいつは強そう。

 

さらに、気になるチームがこれ

 

真壁刀義&ヘナーレ

 

ケガで一年近く離脱しておりましたが、本来であればある程度活躍する場を与えられていたはずの存在。

復帰戦という名目の試合まで組まれているぐらいなので、謎の「凱旋扱い」で意外と活躍する可能性ありますね(優勝はねえだろうけど)

 

本気の優勝予想 その③ 実力診断&状況判断

 

個人的に「マジで優勝して欲しい」という願望(というか妄想)を抱いているチームが「永田裕志&中西学」のタッグ。

しかし、普通に考えてたぶんあり得ないんだろうなと本当はわかっています(泣)

テンコジなんかも今年は一度ベルトを巻いているので活躍して欲しいんだけど、結局若手レスラーの動きにはついていけ無さそう。

と言った感じで、心境的には第3世代を応援したいけど、本気の(当てる気の)予想となると、実力を直視して外さざるを得ないというのが悲しい。

 

また、バレットクラブの連中も現状から見ると優勝はないと予想します。

個人的に優勝に絡んで欲しいのは「バットラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ」
GODも優勝候補なんでしょうが、やはりここ最近のGODは負け続きで停滞感が拭えません。

最後にウォーマシンですが、優勝は十分あり得るでしょう。
ただ、これもファン心理なんですが、この人たちのタイトルマッチを今年やりすぎているというのがネックですよね。

1・4東京ドームを新鮮味のあるフレッシュなカードで揃えるのであれば、KES VS ウォーマシンはもう無いかなと。

 

 

まとめ

 

さて、いろいろ予想していきましたが、結局どのチームが優勝するのよ?と。

答えはズバリ「マイケル・エルガン&ジェフ・コブ」とさせていただきます。

理由はもちろん、マイケル・エルガンがあまり報われていないから(笑)

昨年、内藤からインターコンチを奪われて以降、あまりにもいいことが無い。

G1ではケニーに勝っているのに、USヘビーにも絡ませてもらえていないという泣ける状況。

ここは大活躍して、東京ドームのリングに上がってもらいたいです。

てなわけで、本気の予想といいながら、最終的にやっぱり願望がはいってしまったけどごめんなさい。

ではでは。

 

 

 - ワールドタッグリーグ2017, 大会の見どころ, 展開予想