【新日本プロレス】ケニー・オメガの1・4ダブルメインイベント発言が物議を呼んでいる件

   

2018年1・4に開催される新日本プロレスの東京ドーム大会『WRESTLE KINGDOM 12』で対戦が決まった、ケニー・オメガVSクリス・ジェリコのUSヘビー級王座戦ですが、先日の東スポのインタビューでケニーがとんでもない発言をしました。

それは、IWGPヘビー級王座戦とUSヘビー級王座戦をダブルメインイベントにしませんかという提案。

ほう。

いや、気持ちはわかるけどそんなのありえねーじゃん。ははは。

記事を読むなり俺なんかはそう思って、まるで「見なかったこと」にするかのようにそっと記事ページを閉じたわけですが、世間のプロレスファンはしっかりと反応していましたね。

さっそくみなさんの間で物議を呼んでいるみたいなんで、俺もさすがに見なかったことにはできない(笑)

とりあえず自分の意見を記事にして、自分自身の気持ちを見つめなおしてみました。

 

 

「ダブルメイン」という言葉の便利さ

 

そもそもの話で申し訳ないんですが「ダブルメイン」って何すか?

メインイベントは、まさしく「メイン」の試合であり最後の大一番のことですよね。

相撲で言えば「結びの一番」として横綱が登場するし、紅白歌合戦だったら「トリ」とか「大トリ」とかで北島三郎なんかが『まつり』を披露する。

次の1・4東京ドームでは、当然のようにIWGPヘビー級選手権試合がメインイベントとして行われます。

 

オカダ・カズチカ  VS  内藤哲也
(IWGP王者=横綱)    (G1チャンピオン=北島三郎)

 

もうコレは誰もが納得のメインイベントのカードです。

これを超えるカードなど現状ではまったくあり得ない。

 

では、ケニーが提案する「ダブルメイン」とは何か?

 

これは完全に「ハク付け」に他ならないわけです。

つまり音楽アーティストにおける「ダブルA面シングル」と一緒。

カップリング曲と明記せずに「ダブルA面」とすることで、シングル曲が2曲入っている豪華な感じを醸し出すという、いわゆる雰囲気商売ですよね。

アルバムにも2曲とも入るから、シングル多く入っているように見えて売上にも繋がるみたいな。

こんな便利なシステムねーじゃん。

で、それをケニーは提案したということは、1・4東京ドームのベストアルバム感をさらにプレミアムなものにしようという商売根性のタマモノなのではないでしょうか。

ケニーは本意気で新日本プロレスを上場させるために、あらゆる手を尽くそうと頑張ってくれているのではないか?

そう考えずにはいられないわけです。



<スポンサーリンク>

 

ケニー VS ジェリコの価値とは?

 

USヘビー級王座戦「ケニー・オメガ VS クリス・ジェリコ」の価値ってどれほど高いんでしょうか?

WWEでもレジェンド級のクリス・ジェリコのほうからケニーに挑戦してきたという展開そのものが、もはや世界的な注目度の高さになっているのは間違いないです。

このカードが決定した直後の記事でも、俺はこの試合は1・4のセミファイナルで決定だと書きました。

そのへんはもう間違いないです。

インターコンチネンタル王者の棚橋弘至には申し訳ないけど、相手が現時点で未知数なジェイ・ホワイトということもあって、ケニーVSジェリコの豪華さにはかなわない。

豪華さという意味では、ジュニア王座戦の4WAYマッチのほうがライバルかもしれません。

しかしながらケニーとジェリコというスーパースター選手2人を持ってしても、「USヘビー王座」というベルトの価値をメインまで昇華させるまでには至っていないと思います。

なぜなら、ケニーが今まで防衛した相手が相手なんだもん。

 

VS ジュース・ロビンソン

VS YOSHI-HASHI

VS バレッタ

これはちょっと、もうぶっちゃけてしまうと弱いやつばっかじゃん。(ファンの人すみません)

 

 

2014年の悪夢再び? いや無いでしょ

 

「1・4東京ドームのダブルメインイベント」と聞いて誰もが思い出すのは、2014年の東京ドーム大会。

IWGPヘビー級王座戦「オカダ・カズチカ VS 内藤哲也」とインターコンチ王座戦「中邑真輔 VS 棚橋弘至」のどちらがメインイベントに相応しいか?をファン投票で決めたら、なんとインターコンチ戦がメインになってしまうという、まさに内藤にとっての「ドーハの悲劇」みたいな出来事。

このときも「ダブルメインイベント」という名目ではありましたが、実際の試合順はIWGP王座戦がセミだったんだからもうこれは「セミファイナル」だよね。

で、奇しくも今回の東京ドーム大会もメインイベントがオカダVS内藤のIWGP戦であるという因縁めいた状況。

にもかかわらず、誰もがここで「またひと波乱あるかも?」なんて思わないというか、内藤哲也の価値がこの3年間でベルトの価値すらも上回ってしまったわけですよね。

誰も心配していない(笑)

 

まとめ

 

以上を踏まえて、何が言いたいのかというと「ダブルメイン」なんて茶番はいらねーよということ。

余計な話題で「オカダVS内藤」の伝説の一戦が行われる興行を汚さないでいただきたい。

メインイベントはただひとつ。

ダブルメインもトリプルメインもオールメインもいらん。

おとなしくセミで頑張れケニー!

てなわけで
ではでは。

 

 - ケニー・オメガ, 大会の見どころ , , ,