【新日本プロレス】ワールドタッグリーグの出場選手が決定するも、まさかの主役不在!

      2017/11/19

11・18からスタートする『WORLD TAG LEAGUE 2017』は、毎年この時期の新日本プロレスを盛り上げるアツいシリーズだったはずでしたが、今年はちょっと様子が違うみたいです。

というか、出場選手&チームが発表されて、今の俺には不満しかないです!

なんと今年のワールドタッグリーグ、現状で1・4東京ドーム大会の対戦カードが決まっている選手はエントリーしませんと。

 

は?

 

つーことは、オカダ・カズチカ、棚橋弘至、ケニー・オメガ、そして期待の内藤哲也は出場しないということ。

これはどういうことを意味するかわかりますか?

主役不在っす! 主役不在!

そのへんについて、今日は不満を中心にダラダラと意見をのたまってみたいと思います。

 

内藤の言ったことが現実になってしまった

 

昨年のこの時期に内藤哲也が言ったコメントを覚えているでしょうか。

 

「ワールドタッグリーグは、どうせ東京ドームでカード決まってる選手はみんな手を抜くんでしょ? そんなケガするリスクを犯してまで優勝目指さないでしょ? みんな思ってるんですよ。だから盛り上がらないんじゃないの?」

 

これね、凄く正論というか、みんなあえて言わなかったことを公の場で言ってしまっているわけですが(笑)

そこで内藤は自らのタッグパートナーを開幕戦当日まで伏せて、「X」として登場させたわけです。
これはもちろん、盛り上がりに欠けるWTRを少しでもワクワクさせるため。

実際、ファンは当日までいろいろと予想して楽しんだ。

俺も開幕戦はワールドで観戦しながら、「X」の登場を待ちわびたし、実際に本家ロス・インゴベルナブレスのルーシュが姿を現したときは興奮したものです。

内藤の仕掛けのおかげで、昨年のWTRはすこぶる面白かったですよね。

で、今年も内藤はタッグパートナーを「謎の人物」としてファンを煽っていたわけですが。

 

内藤、まさかのエントリー無し

 

この結果に、ファンはもちろん内藤本人もズッコケたかもしれない。

今年はルーシュの出場はないという情報だけは出ていたので、てっきりメキシコから新たな刺客がやってくるんだとばかり。
なんなら本家のラ・ソンブラなんかが来たらアツいぜなんて思っておりました。

つまり、今年はサプライズ無し。

内藤もオカダもケニーも出ない。

これで盛り上がるの?



<スポンサーリンク>

 

『WORLD TAG LEAGUE 2017』出場チーム

 

【Aブロック】

天山広吉&小島聡
永田裕志&中西学
ジュース・ロビンソン&サミ・キャラハン
後藤洋央紀&YOSHI-HASHI
バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ
ハングマン・ペイジ&高橋裕二郎
鈴木みのる&飯塚高史
SANADA&EVIL

 

【Bブロック】
真壁刀義&ヘナーレ(!)
マイケル・エルガン&ジェフ・コブ
デビッド・フィンレー&北村克哉
ハンソン&レイモンド・ロウ
石井智宏&矢野通
バレッタ&チャッキーT
タマ・トンガ&タンガ・ロア
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.

 

ふむ。

こうして見てみると、第一印象が「ヘナーレ復帰」という喜ばしい情報。

あと、北村は岡を捨ててフィンレーと組むんかーいというツッコミ。

それ以外の感想が出てきませんが、そんなんじゃ盛り上がるわけねーじゃん。

ここはひとつ、ここから自主的に盛り上がる要素を探さなければ!ってことで、もうとりあえず優勝予想しましょう。

とっとと優勝予想をして、あとはそのチームをひたすら応援するモードになって、少しでもこの主役不在のWTRを楽しもうと思います。

 

優勝はズバリ、永田裕志&中西学!

いやいやそれはないでしょ!って言われそうですが、これは俺の願望です(笑)

この2人の強さは、先日の東金大会のスペシャルシングルマッチで思う存分堪能しましたが、やっぱり強い2人をもっと見たいんです。

だからこそ、もう一度ベルト戦線に絡んでもらいたいなという希望を込めて。

 

もうひとつ、気になるチームがマイケル・エルガン&ジェフ・コブ。

ジェフ・コブって、むちゃくちゃパワーあって、それでいてムーンサルトなんかもできる身軽さもあるいい選手なんですよね。

エルガンとのパワーコンビで、リーグを荒らす台風の目になりそうな予感がします。

Aブロックに鈴木みのる、バッドラック・ファレ、ロスインゴといったクセのある連中が固まっているのも気になりますね。

逆にBブロックには現タッグチャンピオンと、つい最近までベルトを争っていたGODやウォーマシンが固まっている。

妙に偏ったブロック分けなので、これがどんな化学反応を起こすのかも見ものです。

 

まとめ

 

というわけで、それぞれのチームの特徴なんかを改めて見てみると意外と面白そうな今年のWTR。

楽しみ方は人それぞれ。
内藤にサプライズを提供されなくったって、俺たち独自で思いっきり楽しんでいこうよってことで。

開幕戦は11・18後楽園ホール。
この日はワールドの視聴も無料になるので見ない手はないです。

ではでは。

 

 - ワールドタッグリーグ2017, 大会の見どころ, 展開予想