【Jr.タッグトーナメント】ロッポンギ3Kの勢い止まらず決勝進出!【新日本プロレス】

   

10・30新日本プロレス後楽園ホール大会で行われたスーパーJr.タッグトーナメント準決勝にて、現チャンピオンであるロッポンギ3K(SHO&YOH)がBUSHI&ヒロムを倒して決勝進出を決めました。

ロスインゴ優勝予想をしていた俺にとっては、寝耳に水、ひょうたんからコマ、二度あることはサンダーライガー。

つまり「ありえないことが起きた」って状況で、試合中継を眺めながら放心状態。

バックステージでの出しゃばり監督ロッキー・ロメロのクソ長いコメントをすべて聞き終える気力もなく、パソコン画面をそっと閉じたのでした。

 

勝因はSHO&YOHならではの「元気の良さ」

 

Jr.タッグトーナメント準決勝
ロッポンギ3K(SHO&YOH)VS BUSHI&高橋ヒロム

立ち上がりから中盤まではずっとロスインゴのペースで、その強さは圧倒的でした。

どの攻撃も説得力があり、そのコンビネーションはタッグ屋のSHO&YOHよりも断然上のレベル。

どう見てもSHO&YOHが押されまくっており、BUSHI&ヒロムはもしかしてジュニアタッグ最強のチームなのでは?とワクワクが止まりませんでした。

だがしかし、どんなにやられてもSHO&YOHはひたすら「元気」

散々ボコボコにされながらも、強引にぶっこ抜きジャーマン3連発を決めるSHO、ヒロムのスーパーキックを喰らってもダウンせずにそのままロープの反動でキックをお返しするYOH。

試合時間20分過ぎてもSHO&YOHの動きがとんでもなく元気なのです。

この2人の強さはテクニックやパワーではなく、この元気にあるのだなと再確認しました。

そしてなによりも、会場のSHO&YOHへの声援の多さに驚愕。

少し前まで、ロスインゴの選手に飛んでいた黄色い声援が、いつのまにかSHO&YOHに移行している?

この準決勝は、強いタッグチームを決める戦いでありながら、人気のタッグチームを決める戦いでもあったのかもしれません。

つまり、いまのJr.タッグ戦線における人気では、ロスインゴよりもSHO&YOHのほうが上であるということ?

 

決勝戦は人気度の高いタッグチームが優勝する?

 

もうひとつの準決勝
田口隆祐&ACH VS 金丸義信&エル・デスペラード

これもまた、俺の勝敗予想をすっきりと裏切ってくれました。

なにより予想外だったのが、金丸がぜんぜん動けていないということ。

一回戦でも頑張っていたのはエル・デスペラードだけで、金丸はウイスキーを飲んでいただけでした。
今回の準決勝も、このウイスキー野郎がまったく仕事をしない。

脇腹にテーピングしている手負いのACHにすら勝てないとは。
マジで金丸にはガッカリです。

 

けが人なのにこの笑顔(笑)

 

てなわけで決勝戦のカードが決定しましたね。

 

ロッポンギ3K(SHO&YOH)VS 田口隆祐&ACH

 

いま思うと普通に順当で笑えますね。
単に俺の予想がアホすぎただけなのかもしれません(笑)

で、この2チームはやはり現在のJR.タッグ戦線の人気チームであることは明らかです。

人気急上昇中の新星SHO&YOHが、今年の新日本プロレスを盛り上げたロスインゴやタグチジャパンを倒すことには大きな意味があります。

そう。それはつまり現在の勢力図が、2018年仕様の新たな勢力図に塗り替えられるということ。

ロッポンギ3Kの優勝は、新日本プロレスの新たな時代の幕開けになるんです。

 

まとめ

JR.タッグトーナメントの決勝戦は11・5「POWER STRUGGLE」。

ここで、おそらく来年の運命を占う重大な何かが起こるでしょう。

そのひとつが、この決勝戦であることは間違いないわけで、これはもう気が狂わんばかりに楽しみです。

決勝進出チームに加えて、敗退した鈴木軍がこのまま黙っているのかどうか?

という部分も含めて期待したいと思います。

ではでは

 

 - ジュニアタッグ, 公式戦の感想 , ,